まずは皮むきから……。

 ログハウスに限らずログ(丸太)を使ってなにかをつくろうとしたら、まずは表皮をむかなくてはならない。そりゃまあ、皮をむいた磨き丸太もあるけれど、和風建築の床柱用だから、価格を聞けば眼が飛び出すだろう。いっそ製材して角材にしてもいいのだが、皮付き材のほうがずっと強いし、質朴(rustic)な感じが大好きなのだ。

 いろいろな方法で皮をむいた。母屋のときのように高圧洗浄機を使うのが手早くてきれいだが、機械がかなり高価だし、近くにレンタルもない。ドローナイフなどの手道具もあるが、私の場合、押して使う突きノミを多用し、とくに氷彫刻用の平ノミが気に入っている、と切り株椅子のときに書き触れた。

P1240757 たとえば5月はじめに伐採した杉なら、ほとんど力もいらず、女性でも軽々とむけてしまう。木が水を吸い上げはじめたからだで、表面の鬼皮をむくと、ピンクがかった柔らかな白い層ごとむけてくれ、その下にある固くて美しい木肌があらわれるのだ。

P1250087 ただし春伐りの木は虫がつきやすく、吸い上げた樹液を洗わないと、すぐに黒く変色する。じじつ先だって皮むきした切り株椅子は、こんなにも真っ黒、虫にも食われている。よほど美味しかったのだろう。

 雪解けの春、カエデの樹液をあつめて煮詰めたものがメープルシロップだが、たとえ杉でも樹液をなめてみればほのかに甘い。これが黒シミや虫食いの原因になるのだろう。高圧洗浄機での皮むきには、これを洗い落とす効果もあったのかもしれない。

 流通している杉材は、ほとんどが冬伐りだから、あらかた水分は抜けてしまい、やや皮がむきにくい。だからと言って鋭利な刃では、木肌に傷をつけてしまうので、平ノミの裏刃でむいてゆく。このほうが食い込みにくいのだ。
 のこった白い渋皮は、ていねいにするなら金属タワシでこすり取る。しかしデッキ材ならそこまでは必要ない、とディスクグラインダーにカップブラシをセットして磨いた。そのさい柔らかな真鍮ブラシのほうが木肌を傷つけずにすむ。


 流通材ではどうしても伐採時のダメージがあり、鬼皮の下に隠れた傷もある。こうした傷は曲面ガンナでないと補修できない。軽く削る程度でよく、デッキの柱なので、色の濃いウォルナットに塗ってしまうから、ほとんど目立たないはず、と目論んでいる。
 そう言えば、ひと月前に伐採した杉の木はどうなったのだろうか。

切り株椅子

0b5e2b4dd7945700eb92ed7b4b109c2d先日つくった切り株椅子は、もともと抜根できなかったための産物だ、電気や水道(ポンプアップした井戸水)の配管があるため、根を掘り起こすとなるとちょっとばかり面倒。それで椅子、ということにしたわけで、買い物帰りや草刈り途中でひと休みするとなかなかに快適だ。

あまりに快適すぎて立ち上がれない、というのはウソ……。

 

 

P1240795原因は、これ。杉のヤニだ。杉脂(さんし)と読むらしく、生薬として利用される。薬用アルコールに溶かして、ひび、あかぎれに塗り、また肩こりや筋肉痛にも効果があるようだが、煎じて飲用すると淋病に効くとある。試す機会は訪れるだろうか。

 

 

ちなみに杉は日本固有種。だとすると生薬として利用するのはわが国だけで、いわゆる漢方薬としては調合されないのかもしれない。いずれ調べてみるつもりだ。

弓道のギリ粉としても使用する。寡聞にして初めて聞いたが、弦をひくさい馬手(右手)にはめた皮手袋(ゆがけ)につける滑り止めの粉。引くときギリギリ音がするところからの命名のようで、的中粉と呼んだりする。

固まったヤニを熱して溶かし、火にかけ五分の一ほどになるまで煮詰め、冷やして固めたものを粉に砕いてつくるようで、松ヤニより上質な白いギリ粉になると書いてあった。

とにかく脂だから、座るたびにベタベタとひっついてしまう。よく見ると皮と辺材の境目から滲み出ているようで、ならば、とばかりに皮むきにとりかかった。

杉に限らず、樹木の皮は伐採直後のほうが、水分を含んでいて剥きやすい。根から水分を吸い上げる季節、つまり夏伐りの杉なら気持がいいほどに剥ぎ取とれ、屋根葺き材につかったりした。ただし材木としては乾燥に手間がかかるため、流通している材木は、水を吸い上げない冬伐り材がほとんどだ。

ログハウス建築は、何はともあれログの皮剥ぎ(ピーリング)作業からはじめる。回転ノズル付きの高圧洗浄機を使えば、皮の固い冬伐り材でもきれいに剥けるが、セルフビルドとなると手道具が普通だろうか。

両手持ちのドローナイフを引き剥ぐように使うのだが、腕力のない私は、突きノミを好んで使う。腕の力だけで引くより、体重をかけて押せるほうがずっと疲れが少ないからで、最近、手に入れた氷彫刻用の平ノミがかなり使える。

P1240880仕上がった切り株椅子の横で、さっそくの作業……。デッキの屋根架け工事にとりかかったのだが、丸太の皮を剥ぎ、ホゾを刻むといった進捗状況は随時お知らせする。