枝ログのスツール

 地下室に大量にストックしてある枝ログを使ってしまおうと、ストーブ前に置く小さな椅子をつくってみたが、たいした量を消費できなかった。そこで枝ログを組み合わせたスツールを考えた。
 例によって拙いスケッチを描くが、この作業によって作品の全体像が把握できるので、けっこう気に入っている。プロの木工家は模型をつくるそうだが、一度やってみてもいいか。

 4本の脚部に、太さの3分の2の深さで穴を開けた。下にむかって広がるよう枝ログを固定する枕部分の高さを変えてある。2か所の穴を開けるのに枝ログを動かすと位置がずれてしまう。下に敷いた板ごと移動させるようにした。

 横桟になる枝に太さ1インチの丸ホゾをつくる。テノンカッターを使い、穴の深さに合うようホゾの長さを調節。それぞれ木工ボンドを塗って組み上げるが、後になってゆるむようならピンを打ちこめばいいだろう。

 はしご状の脚部を上下2本のつなぎ桟で固定する。横桟の内側に穴を開けるのがすこし面倒だったが、手で固定しただけでもうまくいった。
 組み上げてみたら案外がっしりしている。座板を乗せてからでは刷毛が届かない部分があるので、この状態でオイルを塗ったほう簡単か。

 座板に通し穴をあける。脚部を逆さにして現物あわせに円を描いておくが、位置が変わると入らない。より正確にするには、円の中心にガイド穴を開けたほうがよいかもしれない。また固定するための穴ではないため、すこし大きめにし、半円にしても面白いデザインになるだろう。

 座板の穴はカドをなめらかに仕上げ、オイルを塗ってしまう。見えない裏からつなぎ桟とビス止めするが、座板に突き出た脚部をダボ切りノコで切断、カドをまるめるなどの仕上げをしてから止めた。

 座板が水平になるよう脚部にクサビをおき、ぐらつきを調節する。木片を台にしてぐるりに印をつけ、狂わぬようノコで切断。きっちり固定するほうが安全だが、今回は脚部がひろいのでそのまま切断した。

 脚部の枝ログに曲がりがあるため、いくらか不安定な感じになるが、座ってみると思いの外がっしりしている。枝ログの太さにもっと変化をつけたほうが面白いかもしれない。座板の木目と、大きく開けた穴があんがい印象的に仕上がり、気に入っている

子供用椅子?

 テスト加工した丸ホゾで何かつくろうと、こんな小さな椅子を考えた。子供用にも見えるが、いやいや、立派な大人が使うことになるだろう。
 ストーブ前に置くものだが、田舎暮らしを好む連中ときたら、焚き火やら薪ストーブとなると目の色を変えるほどご執心する。オモチャを欲しがる子供とすこしも変わらないから、子供用と言ってもたいして違いはない。

 栗の根元を挽いた板(30ミリ厚)を座板に使う。大まかな形をチョークで描き、バンドソーCB65Fで曲線切りした。
 使用した刃は16ミリ幅だが、挽き割り用の65ミリ幅から交換するのが少し厄介。刃を入れ替えたときには、ぶれ止めとなる「セリ」4カ所の向きを変えなくちゃならず、この作業に1時間ほども費やしたが、切るのはたった3分もかからない。

 1インチの座ぐりビットで穴を開ける。スケッチにあったように脚に角度をつけるため座板は斜めに保持した。下に段つけ用の板を差し入れての手持ち作業だったが、もちろんクランプで固定するほうが失敗はすくない。

 脚4カ所の穴開けをすませたところで座板削りをした。本来ならお尻にあわせて深めに削りたいところだが、板厚の関係で形だけの彫りですませる。またデザインが決まっていない背もたれ用の穴は後の作業とした。

 脚用の枝にテノンカッターで丸ホゾを削り、仮装着してみる。枝の曲がりが外向きになるようセットするが、ほんの少しの曲がりでも安定感がずんと違ってくる。

 クサビを入れる向きを書いておき、裏側にも枝の曲がりが狂わぬよう印をつけておいた。
 のこ目を入れてからボンドで接着。クサビは黒檀の端材でつくり、ボンドを塗って叩き込んでおく。このときには背もたれ用の穴も開けてある。
 よく乾かしてからアサリのないダボ切りノコで切断する。ちなみに普通のノコギリは、刃の動きに抵抗がないよう刃を左右に押しひろげてアサリをつくる。そのため板面に押し当てると傷がつきやすく、それを防ぐため古葉書を敷いて切ったりした。

 座面が水平になるよう脚元にクサビを入れ、ガイドの板に沿ってぐるりに線をひく。4本の脚すべてに印をしてから切断。この作業は面倒でもクランプで固定したほうがいい。少しのガタつきも座り心地に影響する。
 背もたれの固定も脚と同じだが、最上部の横木の接続は、はじめにクサビをセットしてから横木をかぶせて叩き入れる。いったん入れたら絶対に抜けない「地獄ホゾ」だ。

 白木のままでもよかったのだが、欲をだして柿渋で塗ったのがよくなかった。ありふれた民芸家具みたいで安っぽく、貴重な黒檀を使ったクサビが全然見えない。失敗した。

丸ホゾ加工

 もともと整理整頓は苦手な方だが、地下作業場の一角を占領している枝の自然木はどうにも片づかない。
 杉丸太の皮むきに高圧洗浄機をレンタルしたのは、もう15年ぐらい前のはずだが、そのときに広葉樹の細枝の皮をむいて白木に仕上げ、乾燥させるつもりで地下室に放置したままになっていたのだ。

 多くは薪用に仕入れたケヤキやナラ、サクラのはずだが、皮をむいてしまったので見分けがつかなくなってしまったし、ときおりドアや窓、引き出しなどの取っ手に使用しただけでほとんど減っていない。

 そうした自然木の枝を片づけがてら何かに組み上げてみようと思い、となれば丸ホゾが必要になろうから、といくつかの方法を試してみた。

 このテノンカッターは、自然木で柵をつくるつもりで購入したが、設計変更で使わずじまいになっていた道具だ。
 たしか『手づくり木工事典』の著者・芝地正履(しばち まさぶみ)さんが代表を務めていたTAMA CRAFTで購入したものだが、もう何年も前に販売は停止してしまったらしい。いまはオフ・コーポレーションで買えるようだが、すこし価格が高くなったような気がする。

 言わば大きな鉛筆削りのようなもので、カッターをドリルにセットし、万力に固定した枝に押し当てて削る。いくつかサイズがあり、一番大きな1インチを使ってテストしてみた。

 刃の調整・固定ネジをしっかり締め、水準器をみながら水平に注意する。また太い枝は、あらかじめテーパーに削っておく必要がある。
 アルミ製のカッターが重く、回転時にかなり振動するが、傾かないよう保持して一気に削るほうがうまく削れた

 前述のオフ・コーポレーションに「埋め木カッター」を利用した丸ホゾづくりが掲載されているが、やや高価なのが欠点。そこで「のほほん木工房」さんが紹介する激安ホールソーでの丸ホゾ加工を試してみた。

 激安だけに切削力に劣るので、硬いケヤキの枝は無理かと思ったが、案外スムースに削れた。周囲を切り落とせば丸ホゾが完成する。テノンカッターと違い、胴付きなので組み上げたとき丈夫になるはずだ。
 すこしばかり木肌が荒れてしまうが、ホゾ穴に組み込んでしまえば問題はない。中央に大きなガイド穴が空いてしまうのが最大の欠点か。

 また「のほほん」さんは、こうした加工をドリルを逆さに固定した「逆ドリル」で行っていた。曲がった自然木を固定するのはいささか面倒なので、あんがい効果的な方法かもしれない。いずれ試してみるつもりだ。