バッテリー交換

 軽トラックの中古車を購入した。たまたまのぞいたオークションに入札したのがきっかけで、型式は古いが走行距離が4万キロ弱とめっぽう少なく、おまけに隣町だったので陸送の手間なしというラッキー付だった。

 じつはこの二年ほど、車検なしの軽トラで間に合わせていた。雨天になるとエンジンが不調になるうえ、タイミングベルト交換時期でもあるので車検は断念した。なにしろ使用機会のほとんどが敷地内の薪運びだから、エンジンのご機嫌をうかがいながらの利用でもなんとかなる、と高をくくったのだ。

 しかし不便だった。乗用車があるので食糧の買い入れは問題ないが、入りきらない大物荷物となるとまるでお手上げ。とくに去年は、デッキ改修などの工事がつづいていたので、合板一枚買いに行けないのは不便このうえなく、ホームセンターのレンタルトラックを借り出したこともあった。

「やはり田舎暮らしには軽トラが必需品なのだ」
 と、思いをあらたにして2ヶ月前に購入とあいなったのだが、そのまま乗らずにいたらバッテリーが上がっていた。購入時にバッテリー弱りは聞かされていたし、充電で済みそうだったが、このさいだからと交換することにした。

 さすが田舎のホームセンターで、軽トラ用のバッテリーの在庫は豊富だ。初め2.5年5万キロ保証6,数00円を選んだが、よく見ると2年4万キロ保証品があり、しかも3,000円も安い。1万キロの違いで3,000円が安いか高いか分からないが、すくなくともこのバッテリーで4万キロを走ることは絶対ない、とこれに決定。

 交換作業はどうということもない。ナット数本をゆるめて新バッテリーと入れ替え、接点ターミナルをまちがいなく取り付ければ、約10分ほどで終了する。

 ちなみにこのバッテリーは、ホームセンター・ブランドだった。つまり不都合があればホームセンターが責任を持つということであろうから、保証書や販売証明書は、きっちり車検証入れに保管しておくことにする。

里芋の掘り出し

 梅がようやく開花した。と言ってもほんの2,3輪だから、あまりにしょぼくで写真に撮る気にもならないけど、春は確実に近づいているのだ。

 そろそろ農作業の準備にかかる時期でもある。例年、天気を見計らって畑の耕転からはじめるのだが、その前に今年は、里芋を掘り出しておかねばならない。

 里芋を畑に埋めて越冬させる方法がある。いつもは掘り起こした株から芋をほぐさず、新聞紙でくるんで地下室に保存していた。真冬でも7~8℃に保てるはずだったが、ときにはさらに冷えたらしく、かなりの芋が寒さにやられた。そこで去年は、収穫した半分を穴に埋めて貯蔵する方法を試してみた。

 70㎝ほどの深さの穴に、株を逆さにして埋めるとよいらしい。が、ネズミ被害もあるようなので、コンテナや土嚢袋に株を入れることにした。すこしはガード出来るのではないか、と期待したわけだ。上から土をかぶせ、さらに雨水がしみこまぬようブルーシートで覆っておいた。

 剣先シャベルで掘り出したが、腰が痛い、とすぐにやめてバックフォー使用に切替える。やたらに大仰な方法で、イワシを釣るのに軍艦を持ち出した気分。かなり慎重に作業したが、やはりコンテナを潰してしまった。

 芋の保存状態はわるくないようだった。ネズミ被害もまったくなく、一部はすぐに水洗いしてみたが、地下室貯蔵よりみずみずしい感じがある。このぶんなら穴貯蔵のなかから状態のよいものを選んで種イモとし、四月に入ったら芽出し作業することになるだろう。

サムゲタンと山人参

 三月に入ってもなかなか暖かくならない。いや、一度、日光でも雨が降ったが、そのあと寒さがぶり返した。そんなこんなで冷えたらしく、なにやら腹具合がよろしくない、と奥さんが言い出した。
 そこでお粥にしようか、どうせならサムゲタンかな、と発案したわけで、となれば当然、発案者が調理することになる。

1.もち米 1/2カップ
2.水 800㏄
3.骨付きの鶏もも肉 1本
4.銀杏、干しぶどう、クコの実、松の実
5,ネギ、ゴボウ、

 以上の材料を圧力鍋に入れ、約7分加熱。仕上げに塩で味付け、薬味ネギを散らす、というひどく簡単な調理法。まあまあ美味、それなりに満足したが、あくまでサムゲタンもどき。薬膳料理としての薬効はあまり期待できない。

 参鶏湯(サムゲタン)と書くように、参つまり人参が入っていなくてはならない。もちろん高麗(朝鮮)人参のことで、味がよく似たゴボウで代用したが、ゴボウはキク科、高麗人参はウコギ科の植物であるからまるで違う。

 この高麗人参、日光に自生するとのうわさがある。江戸時代・吉宗将軍のころ、朝鮮渡りの人参栽培に手をつけ、日光御薬園で成功したとの記録があり、明治のころまで日光地方の山地で栽培されていたらしい。その名残の人参が山に自生しているというのだ。

 ネット検索した写真をみると、どこかで見かけたような感じがある。薄暗い杉林を歩いたとき、あざやかな赤い実に気づいた記憶があるわけで、それが高麗人参かは定かではないが、あるいは土地で言う“山人参”だったのかもしれない。

 え? ひょっとして地下室にある、あれか?

 地下室にある“山人参”の焼酎漬けは、自宅ログハウスをセルフビルドしたとき、いろいろお手伝いねがった建築家に頂いたものだ。山歩きが趣味で、昨年秋には、みごとなマイタケを頂戴している。おそらくこの“山人参”も自掘りしたものだろう。つまり20年以上も地下室で眠っていた逸品なのである。

 写真で見る高麗人参とはすこし違う。あるいは“竹節(チクセツ)人参”ではないかとも思えるが、いずれにしろゆっくりと調べてみることにする。試みに漬け液をなめてみると、たしかにゴボウのような味がした。

チーズとたくわん

 何だか判じ物のようなタイトルだが、先日のハム作りのさい、この二つを一緒に燻製にしてみた。と言っても市販の製品を利用しているのだから、味付けも熟成もなし。ただ煙をかけただけのものでしかない。

 したがってコツなどもないわけだが、要は煙が付着しやすくなればいい。チーズは冷えているとスモーカーで温められて結露する。それでは煙がつかないので、外装をとりのぞいた状態で常温にもどしておく。
 同じくたくわんも、漬け汁を洗い流し、水分をよく拭き取って一時間ほど風乾した。

 今回のハム作りは、すこし強めに燻煙するつもりでいた。最後にボイルするせいかスモーク味が薄く感じたからで、そのぶんチーズやたくわんには丁度いいかもしれない。樽スモーカーのなかにハムとたくわんを吊るし、その上に置いた網にチーズをならべた。

 ハムとたくわんを隣り合わせで燻煙するため、もしや匂いが移ったりしないかを心配した。たくわん臭いハムなんてあまりゾッとしないが、6時間の燻煙作業だったが、まったく問題はなかった。

 使ったチーズは、プロ食材市場で一番安価なプロセスチーズだが、スモーク味が加わって、ひと味アップ。色合いもわるくなかった。
 比べてたくわんは、もともとの色と笑っちゃうぐらい差がなく、味はそれなりに付いているが、漬け物味とスモーク味がぶつかり合って、ぼけたような印象しかない。
 かくて見事な失敗作で、秋田名物の「燻りがっこ」と比べるのが恥ずかしい味、とだけ報告しておこう。

コラージュを作る

ウェブサイトの記事には写真が多用されている。当ブログも例外ではないが、複数の写真をコラージュして掲載することが多い。カメラマンだったころ、ルポルタージュの仕事が多かった名残りなのかもしれない。

決定的瞬間を写し撮るのは写真の醍醐味のひとつだが、何枚かの写真を組み合わせる“組み写真”が好みで、そうした仕事を選んでいたようだ。いま改めて考えてみると、組み写真と小説はどこか似ているような気がする。

厳密にいうと組み写真とコラージュは違う。コラージュはフランス語で糊付けの意味であるように、複数の写真を固定して一枚の写真として扱われる。たとえばブログなどで容量制限のある場合に有効だし、電子書籍のリフロー型に使えばレイアウトの崩れを生じない、などの利点があるわけだ。

フェブ上に無料で使えるコラージュソフトがいくつもある。Fotojet、Fotor、 PhotoPadの三つをよく使い、とくにオンラインで使えるFotojetは、インストールの必要がないので気楽に使える。

Fotojetを起動させる。
→メールとパスワードを登録する。
→クラッシックコラージュを指定する。、

 

 

①の設定をクリック→言語→日本語を指定する。

レイアウトを指定する→パソコンから写真を追加する→好みの場所にドラッグ&ドロップ

写真枠の太さ・丸みが変えられる。

保存をクリック→名前・品質・サイズを指定→保存。

そのほかテキスト入れなども出来るようだが使ったことはなく、Fotorや、 PhotoPadにもいろいろな機能があるので試すとよい。

ちなみに配信済みの『山羊と提督』では、コラージュ写真をこんなふうに使ってみた。レイアウト崩れなしに5枚の写真がきれいにおさまっている。