冬のデッキファーム

 一階居室の南面にしつらえたデッキは、外から見るとほとんど二階のように見える。建物自体が斜面に建てられているためで、さらに低い駐車場からだと5メートルもの高さになってしまい、玄関までの登りが少々しんどくなってきたけど、それとは別の話をしたい。

 これだけ高さがあると、眺めがよいのはもちろん、風が気持ちよく吹きぬける。そのせいか虫が寄り付かないので、大きめのポットをならべて植え付けたハーブや野菜は、まったくの無農薬で栽培できている。

 2年前に屋根を架けたので、デッキ床の張り替えや雪かきの必要がなくなったが、そのぶん水やりの手間が増えた。むろん陽ざしも入りにくくなるので夏野菜はミニトマト中心にしているが、低い冬陽になったいまは、朝食用のサンドイッチによく使うサニーレタスや、パセリやローズマリーのキッチンハーブを育てるにちょうどいい。

 種まきしたサニーレタスは、まだ芽吹いたばかりだが、あとひと月ほど後には食卓にのせたい。そのためには透明な育苗ドームで寒さ除けをしたほうがいいかもしれない。

 10月の末ごろだったか、ホームセンターで売れ残りの苗を買った。たしか一株20円だったので、ま、いいか、と思ったわけだが、そのスティックカリフラワーなんぞは、育てたことはもちろん食べたこともない。
「いやぁね、前に料理したことあるわよ」
 と奥さんに言われてしまったけどまるで覚えていない。

 だいたいカリフラワーやブロッコリーの、あのモソモソした食感が好みじゃないので、たぶん手を付けなかったのだろう。よしんば食べたとしても、わざわざ記憶にのこすほどのものではないのだ。

 そうした好みでもない苗を買ったのは、ひとえに安かったからで、いつものわるい癖が頭をもたげてしまったわけだ。売れ残りの枯れかかった苗だったが、大型ポットに自家製堆肥をほどこして植え付け、枯れない程度に水やりをつづけた。

 その甲斐あってか、害虫被害にもあわずによく育ち、葉の真ん中に花蕾(からい)らしきがふくらんできた。これを頂花蕾(ちょうからい)と呼ぶようで、大きく育てて茎ごと収穫すると添付ラベルに書いてある。採り遅れて蕾(つぼみ)がゆるんでしまうと、花が咲いて味がわるくなるらしい。

 かるく塩ゆでして海苔入りマヨネーズ・ソースで食した。花蕾のモソモソ感は多少のこっているが、茎部の歯ごたえはわるくなかった。しかし、まあ、どうしても栽培したい、と思うほどの味ではなかった。

おまけのトピックス

 こちらはどうあっても栽培したい「生食用そらまめ」。ポット苗の根も十分育ったので、アブラムシ除けのシルバーマルチに定植した。寒さ除けにトンネルをほどこしたら、すぐに初雪となった。
 このまま順調に育ち、鹿や猿どもに荒らされなければ、5月ごろ収穫予定だ。

薪づくり2018

 2018年の薪づくりをやっている。ご近所が伐採した栗の木を頂いてあるが、近いこともあって薪になりそうな直径10センチほどの枝まで運んであるので、まずはそのあたりから片付けはじめた。

 伐採が5月とあって季節もよくなかった。すでに水を吸いあげてやたら重く、運ぶのに苦労したし、いくら腐りにくい栗の木でも、白太(樹皮に近い若い木質)の多い枝部分は、早めに処理しておくに越したことはない。

 運動不足の冬に割ってやるか、と思っていたが、今年は雪が多そうな予感がしている。しかも酷暑の夏だっただけに、水分の多い樹皮にキノコが生えだしていた。そこで手をつけたわけだが、さいわい木質部に腐りはないので枝部分だけ処理し、残した太い幹部は来春に割る。

 薪づくりは、ストーブに入る長さ(36~37センチ)に切り揃える「玉切り」から始め、短くて薪棚に積めないコロ薪(端材)とを選り分けるが、枝部分は曲がりや別れが多いぶん手間がかかる。さらに今年の原木は短尺だったので、どうしてもコロ薪が多くなってけっこう時間がかかった。

 栗の樹皮は厚く、しかも枝には量が多い。冬伐りなら樹皮がかたく締まり、そのまま乾燥させることもあるが、今年のように水分を多く含んでいると、乾燥中に剥がれだし、当然のことに虫も入りやすい。
 いずれは燃やすため室内に持込むわけだが、ボロボロ崩れたり、虫が這い出してくるのには閉口する。「きれいに剥がしておいてね」と奥さんにも言われている。

 薪割り機にかけると大部分の樹皮は自然に剥がれてくれるが、節などに固着した部分は、斧などで取り除いてやらねばならない。この作業がちょっと面倒だし、量が半端ではない。結局、軽トラに3台分ほどの量を処理する羽目になった。

 割ったあとは積みあげ作業だ。今年は玄関わきのコンクリート基礎に沿って積みあげるが、斜面下の作業場で軽トラックに積み込み、ほんの30メートルほど移動させては積みあげてゆく。
 もちろん手作業になり、薪1本で2キロ近い重さがある。それを一本ずつ運び、積むのだが、全体で何キロの重量になるのだろうか。積んだ本数を数えてみるか、と毎年のように思ったりするが、試したことはない。

 玄関わきには軽トラ5台分が積み上がった。これで3ヶ月分、いや2ヶ月半ぐらいで燃やしてしまうだろう。小屋に運び入れたコロ薪が約1ヶ月分、残りの幹部で2ヶ月分ほどの薪になるだろうか。こんなふうにして毎年の薪づくりが行われるのだ。

 見やすいところに年号を書き入れておいたが、ちなみに今年は、15年に割った残りと16年物を燃やす。18年と書き入れた今年の薪は、2020年の東京オリンピックが終了した冬に焚くことになるだろう。

秋ジャガイモの栽培③・収穫

 今年初めて試した秋ジャガイモを収穫した。葉が黄色く枯れてからと決めていたが、何度か霜が降りて霜害の心配があるので作業を早めた。8月上旬に種イモ(でじま)の芽出し作業をはじめてから112日が経過していた。

 この秋ジャガイモ栽培では、地下室で発芽させた挿し芽と芽を残した種イモを、それぞれ猿害対策として考えた袋栽培をするという多目的テストなので、あまり収穫には期待してはいなかった。
 じっさい土寄せと追肥の状況を掲載した9月22日の記事には、ちょっと弱気になって「挿し芽の成長が捗々しくなく、収穫にはたどりつけないかもしれない」などと書いている。

 その後、弱々しかった挿し芽も順調に成長し、やがて種イモ組と変わりないほど葉を茂らせた。そうした折にふと気づいて挿し芽組みの一部を、日当たりのよい石垣のそばに移してみたりした。こんなことができるのは袋栽培ならではだろうけど、太陽熱を蓄熱した石垣の暖かさを利用する「石垣イチゴ」を真似てみたわけだ。

 結果、すこし枯れはじめたものに比べ、石垣ジャガはまだ青々と葉を茂らせているから、ある程度の効果はあったのだろう。収穫作業は、袋をひっくり返すだけだからじつに簡単だし、クワやシャベルでイモを傷つける心配がないのもいい。

 挿し芽組には、いずれも2個のイモが付いていた。「でじま」は大きく育つ種類のようで、かなり立派なイモに育っていたが、石垣ジャガのほうが2個目の肥り具合がよかったかもしれない。さすが種イモ組は育ちがよく、どれも3個の収穫があり、小さな4つ目つきのものもある。そして種イモが腐らずに残っているのは、涼しい地下室での芽出しが効果的だったのかもしれない。

 種イモ6個からこの程度の収穫は多いのか少ないのか。それはわからないものの、ふつうは抜き取って無駄になってしまう脇芽からも収穫できたのは、大成功と言っていいだろう。雑誌「現代農業」と考案者坂本堅志氏にお礼を申し上げよう。

 ひと苗あたりのイモ数が少ないようだが、猿害対策(夏以降、猿どもは一度も現れなかった)の袋栽培ゆえの影響があったとも考えられる。イモ類にむいたカリ肥料などを研究すれば、いますこし収穫量が増えるかもしれない。

 収穫したイモの一つがこんなふうに裂けていた。病気かと心配して調べたところ「裂開(クラッキング)」と呼ぶ現象のようで、高温などで成長が止まったあと、雨ふりがつづいたりしたときの二次成長により裂けてしまうらしい。
 イモそのものに異常があるわけではなく、食べてもまったく問題はないようだが、このまま保存し、来春の挿し芽採りの種イモにするつもりでいる。