ズッキーニ花料理

 猛暑つづきで夏野菜のズッキーニが大豊作だ。グリルにしたり、マリネにしたり、はてはぬか漬けにしたり、とあれこれ工夫して食べているけど、毎日5、6本も採れてしまうので完全に持てあまし気味。知り合いに送ったり、強制的プレゼントしたりするけど、いっそ花のうちに食べてしまえば「渉(はか)が行く」のではないか、とおもった。

 ズッキーニの花料理はいくつか聞いたことがある。天ぷらにしたり、詰め物をしてフリッターにするレシピがあるけど、なんだかコッテリ重そうだし、この暑さの最中に油で揚げるのもすこしばかりおっくう。

 うってつけの花料理がイタリア発のあるブログに掲載されていた。主宰者のお名前が母屋をセルフビルドしたときのOMソーラーと関わりあるようにおもえて(本当に関わりあるか不明だけど)前々から愛読していたブログで、文章と写真に醸し出されるユニークな視点と、日本人から見たイタリア生活が興味深い。

 たとえばソラマメを生で食べるのをはじめて知り、生食用ファーベの種を取り寄せて栽培するきっかけになったわけだが、つい先だっての記事で、大量のソラマメをむいた空の莢(さや)を鶏のエサにしようとしたら、「Noooo!!」と叫んだイタリア人夫君がひどくユニーク。莢を奪い返すと手早く料理して、素敵な一品に仕上げてしまうのだ。

 料理人にして木工家、加えて稀代の好奇心の持ち主で、石窯を手作りしたり、粉ひき水車小屋の復活には、水車タービンまで製作する多才ぶり。そうした田舎暮らしの達人の花レシピがいかにも美味しそうだし、いかつい指で仕上げる料理の繊細さには、いつもながらいたく感心する。

 さっそく達人レシピを真似てみる。あいにく雄花が少なかったので、隣に植えてあるバターナッツの花を2本加え、リコッタチーズの代わりに小さく切ったカマンベールチーズを花に詰める。かるく小麦粉を振り、卵をくぐらせてパン粉をまぶし、少量のオリーブオイルを振りかけて、200℃のオーブンで10分焼いた。

 色よく焼けたパン粉が食欲をそそり、サクサクとした食感ともっちりしたカマンベールチーズの味が絶妙だった。詰めたチーズが小さすぎたのがすこし残念。達人レシピにあるようにリコッタチーズとパルメザンチーズ詰めをぜひとも試したいものだ。

 ちなみに小さな実がついた雌花も食べられるが、めしべが苦いようなので取り除くほうがよい。ちょうど隣村で持ち寄りパーティーがあったので、卵をくぐらせパン粉をつけた状態で持ち込み、現地のオーブンで焼きあげた。
 軽い食感がなかなかに好評だった。

窓用エアコン・分解掃除

 当たってほしくない予想だったがドンピシャリになってしまった。関東地方がやたらと早い梅雨明けをむかえたあと、西日本を豪雨が襲い、甚大な水害被害をもたらした。
 そのあと尋常じゃない酷暑がやって来て、連日の体温越え……、命に関わる危険な暑さ……、命を守る対策を……と気象庁が声を枯らして呼びかけている。

 関東地方の梅雨明けが平年より20日も早いのには、大いにびっくり。毎年梅雨明け宣言(平年7月20日ごろ)を聞くと、家中すべての窓にすだれを架けまわすが、3年ほど前にアルミ製に取り替えた。
 格段に強い反射率が、差しこむ日射熱をかなり防いでくれるようで、測ったわけではないけど室内温度が3~4℃も低くなる。

 これで凌いできたが、年々の温暖化には対処できない。そこでエアコン設置を考えたけど、そのためには室外機専用コンセントが必要とのことだった。
 四半世紀前のセルフビルド当時の日光では、一流ホテルでさえエアコンを設置していなかったくらいだ。もちろん室外機の電源など考えもしなかったわけで、ブレーカーから直接のコンセントを設置する工事には、エアコン本体と同じくらいの費用がかかりそうだった。

 ならば……とテスト済みの窓用エアコンを採用、これなら室内コンセントが使用でき、却下理由の足りない冷房能力は台数を増やせばよい、と3台の調達を計画、大雪に埋もれた2月末にオークション応札。
 この作戦が奏功したようで、使用期間1,2年ほどの中古機3台を、落札価格3~4,000円送料3,500円ほどで入手。当初予算の三分の一で済ませた窓用エアコンながら、いずれも順調に稼働して酷暑しのぎに役立っている……、というのは本筋に入る前の長い余談。

 去年テストした窓用エアコンは、かなり旧式だから廃棄処分するつもりだったが、いつもの「ねっケチ(根っからのケチ)」精神が頭をもたげてなかなか捨てられない。とりあえず分解掃除を試みて、その結果でどうするか決めることにした。

 ネット情報どおりに分解。春先に設置した3台も同様に分解掃除しているけど、それとは比較にならないくらい汚れている。中古購入以前から掃除していないようで、大きな運転音も無理ないと思わせた。
 風を送るシロッコ・ファンは、内側のねじで固定されている。外して洗剤を塗りつけて洗浄するが、ブラシではうまく洗えず、面倒ながら綿棒でひとつひとつ洗う方がずっと早かった。

 運転中のガラガラ音を防止しようと、シロッコ・ファンと軸受けにグリスを塗った。パソコン用のモリブデングリスを使ってみたけど、これでよいかは保証できない。
 冷却フィンの汚れはコンプレッサーで吹き飛ばしたあと、エアコン用泡洗剤を使うつもりだったが、電気配線部が濡れそうだったのでとりやめ、カビ取りにアルコールを吹き付ける予定だったが、ほとんど見えなかったので歯ブラシでていねいに掃除するだけにした。

 結果、運転音は格段に静かになり、廃棄処分は取りやめて、ほとんど使われていない客間に設置されている、

箱入り娘の箱

 出産祝いに木工で何かつくろうか、と聞いたら、
「木馬なんていいわね」
 と言われたけど、それはちょっと、と口を濁してすませてしまった。おもちゃながら木馬はむずかしそうで、それほどの技術もない。第一、壊れでもして怪我をさせたらエライことになる。なにしろ誕生したのは女の子なのだ。

 いろいろ考えたけど、おもちゃを整理する箱をつくることにした。夫婦ともにクリエーターなのでデザインには「一家言」ありそうだから、飽きのこない基本的な箱にしたわけで、言ってみれば「箱入り娘の箱」をつくるわけだ。

 例によってノートにスケッチしてみたが、ほんとうに変哲もない箱だ。多少かわっているのは、ダブテール接合だろうか。テスト加工したばかりだったのと、釘やネジなどの金属を使いたくなかったからだ。同じような意味で取っ手もでっぱらない穴方式にし、すべての角を丸くする。

 材料には、先だって引っ張り出した厚さ30mmの栗材を使い、取っ手穴をつくる側板は20mm、前後板は半分、底板は10mmほどにバンドソーで引き割りした。
 取っ手部から加工する。フォスナービットで穴を空け、ジグソーでつなぎ、ルーターテーブルで角を丸めるといった作業だが、組み上げてからではちょっと面倒。こまかな仕上げは後にして作業をすすめる。

 接合部はハーフ・ブラインド・ダブテールで、20mm厚の側板にダブ穴を刻むようにする。仕上げてから角を丸めるさい、ダブテール部分まで削らないよう余地をのこすためだ。作業台にダブテール・ジグを固定し、切削順序を間違わぬよう板をならべておいた。

 ダブテール切削を慎重にすすめる。テスト加工のヒノキ材より硬めの栗材だが、欠けや割れもなく、硬いだけに角がきっちり削れる。組みがやや窮屈だったが、ボンドを塗ったらスムーズに入った。ゴムハンマーを使い、念のため当て木をして叩き入れる。
 10mm厚の底板は5ミリの段付きにしたが、ボンドで接着せず差し込むだけ。ボンドのはみ出しをきれいに拭い取って一晩乾燥させた。

 組み上げた箱ごと乗るようなルーターテーブルがあると、こうした作業はとても楽だ。すべての角を丸め、空研ぎペーパーやサンダーで仕上げる。小さなアイロン型のサンダーなら箱内部のスミまで作業できるので便利。
 フィニッシュオイルを塗り、サンダーで磨いたあと空拭きで仕上げる。

 栗材は、導管が太いため木目がよく目立つ。ややうるさくも感じるが、ダブテールの木口はオイル塗りで濃く見え、木目との組み合わせがおもしろくなった。

ダブテール・ジグ

 歴史的円高のころ、PORTER CABLE(ポーターケーブル)のルーターと一緒に購入したダブテール・ジグだが、いまだに一度も使用していない。とにかく使ってみなくちゃ話にならない、と英文のマニュアルを苦労して読むのだが、いま一つ理解できない。ついには作業台にパソコンを置いて、あれこれ視聴しながらテスト加工することになった。

 まずは解説したYouTubeを繰り返し視聴して、その原理と手順を頭に叩き込んだ。英文だけに理解できない細部があり、それは日本語ブログで補い、さらにはウェブサイトの英文マニュアルをGoogleの翻訳機能を利用して読む、といった方法で作業をすすめ、その忘備録としてまとめておいた。

①升状の箱にする4枚の板(板厚15mm)を用意。引き出しなどに多く利用するハーフ・ブラインド・ダブテールで加工する。

②まず板1をテンプレートの下に差し入れてセットする。これはテンプレートの高さを板厚に合わせるためで、2か所の黒いノブを締め付けてテンプレートを固定する。ちなみに幅が狭い板の場合、同じ厚さの板を添えて斜めにならないようにするとよい。

③つづいて板2を垂直部にセットする。このさいテンプレートの線に合うよう締め付けノブと黄銅ネジで位置を調節すること。
 またテンプレートの爪と左右の出が同じになるようにセットすること。

④オフセットガイドを垂直な板2にぴったりセットして、六角ボルトをしっかり締め付ける。そのためには前もって六角ボルトをゆるめて左側に寄せておく必要がある。

⑤固定されたオフセットガイドに、水平な板1をセットし直して位置を決定させる。同時に垂直板2の欠けを防ぐ当て板も添えてもよい。当て板なしでテスト加工したが、割れや欠けは見られなかった。

⑥ルーターにアリビットとリング状のガイドを取り付けたあと、テンプレート左側のビットガイドにあてて刃の深度(出し)を設定する。テンプレートに取り付けられたビットガイドの深さは、ぴったり組み合うよう調節されているので、たとえば板厚が変化しても動かす必要はない。

⑦ルーターをテンプレートに沿わせて動かして切削する。ちなみに参考にした英文YouTubeと日本語ブログでは動かす方向がちがっていたが、テスト加工では、英文YouTubeと同じく、画面奥から削り始めた。これはルーターの回転と切削方向が一致してコントロールし難い面もあるが、欠けや割れが生じにくいらしい。
 慣れないとルーターが勝手に動くような感じがあるが、テンプレートによって削り過ぎは心配ない。ゆっくりと削り残しがないよう作業する。

⑧一組の切削が終了した。上つまり水平にセットした板1にダブ穴が削られ、垂直セットの板2がダブ頭になる。あとは接続する方向を違えぬよう作業をくり返せばよい。

 仮組みする。組みのきつさはビットの出し具合で調節できる。たとえば刃を深く出せば、ダブ頭が大きく、ダブ穴が小さくなり、つまりきつい組みとなる。⑥で述べたように、ビットガイドはデフォルトで調節されているので、なるべく動かさないほうが無難だろう。
 またテンプレートの前後調節を奥にすると、切削が深くなる。ぴったりに越したことはないが、すこし深めのほうが削る面が少ないので手直しが簡単。

 また引き出しなどの底板を入れる溝は、ダブ頭の部分に入れれば、組み上げたとき見えることがない。

 初めての加工にしてはうまくいった。あとは板厚を変えてみたり、テストしたハーフ・ブラインド・ダブテールのほか、段付きになったラビット・ハーフ・ブラインド・ダブテール、両面にダブ接合がみえるスルー・ダブテールなどが出きるようなので、いずれ試してみたい。