フィトン・チッド

 梅雨明け以降の天候不順に閉口している。気候学的にはオホーツク海高気圧の張り出しが強いため、北方の冷たい空気が流れ込み、太平洋側に雲がひろがりやすくなったということらしい。
 この気圧配置になると、冷たい寒流(親潮)の上を吹き渡ってくる東風が「やませ」と呼ばれ、東北地方に低温と日照不足をもたらして稲の生育に大きく影響し、あるいは1993年のような東北冷害となるかもしれない。

 わが家がある谷間でも湿った東風が流れこみ、8月に入って雨の降らない日がないくらいで、日照時間は平年の20パーセントほどしかない。
「涼しくて過ごしやすい」
 などと喜んでいたのは最初のウチで、そのうち家中がカビ臭くなってきた。

 丸太づくりに漆喰壁のわが家は、かなり調湿機能にすぐれているはずだが、90パーセント近い湿度が一ヶ月以上つづくと、さすがに湿気ってしまう。あちらこちらの掃除に精出していた奥さんは、とうとうサイクロン掃除機を新調したほどだ。

 ふと「ひのき効果」を思い出した。樹木の香り成分に消臭・殺菌、さらには精神安定効果があることはよく知られている。いわゆるフィトン・チッドの効果によるものだが、とくに「ひのき」に多く含まれている。

 例えばえのき茸栽培の瓶に「ひのきのオガクズ」が混入すると、菌が死滅してキノコがまったく生えないらしい。また「ひのきの林」には鳥が食べる虫が生息しにくいためバードウォッチングにむかない。あるいは「ひのきの木片」をいれたビニール袋で食パンや餅を保存すればカビが生えにくいという話もある。

 そこでベッドのすのこ板を「ひのき材」に変えることにした。それまでのすのこ板はホールソーで穴をあけた合板で、いずれ交換を考えていたのだ。
 使用したのは厚さ1寸×幅4寸の間柱材。流通材だけに比較的安く、もちろん節があってもかまわないわけで、寸法に切断して自動盤を通すだけだから、加工というほどのこともない。

 デッキ下の作業場にある2機種は、いずれも母屋建築にも使った古い道具だ。とくに自動盤は、銘木店だった地主さんから貰った中古品だが、それから4半世紀も壊れずに使っている。

 交換後の使用感はすこぶるよろしい。かび臭さは一掃され、寝付きがよくて眠りが深いように思われるのは、まぎれもなく「ひのき効果」なのだろう。
 以来、毎夜の森林浴を楽しんでいるわけだが、年に一度ぐらいは自動盤で削り直せば、薄まった香りも復活するにちがいない、と考えながら、
「それにしてもこのベッド、母屋より古いぞ。そろそろ作り直しかな」
 などと思ったりもしている。

スターターロープ交換

 梅雨明け宣言があったはずだが、なぜか雨降りが多く、夏の盛りとは思えない涼しい日がつづいている。水分たっぷりだけに草の成長がはやいように思われ、仕方がないな、と刈払機をスタートさせた。

 刈払機やチェンソー、さらには薪割り機などのエンジン起動は、多くはリコイルスターターが使われる。ブーリーに巻きつけられたロープを引き、クランクに回転を与えることでエンジンを始動させるものだが、むかしからどうもこれを苦手にしている。

 腕力がないのが大きな原因なのだが、スキュバーダイビングに凝っていた20代前半のころ(なんと!50年前の話だ)、ゴムボート搭載の船外機がどうしても起動せず、プラグを外しては装着し、3時間ほどもスターターロープを引きつづけたことがある。その間に潮にながされ20キロ近くも漂流。
 たまたま陸に向かっての海風だったから助かったものの、逆の風ならはるか太平洋だったわけで、そのトラウマは今でも残っているのだ。

 ともあれエンジンは起動した。が、どうしたことか吹き上げが不調。回転をあげるとブスブスと停止してしまい、2度3度と起動しているうちに、プツンとロープが切れてしまった。
 かれこれ10年は使っている刈払機だからロープ交換も止む無し、とホームセンターに飛んで行き、ロープを購入して交換修理とあいなった。

 プーリーを外したあと、スプリングをほどかぬよう慎重にロープを通し、ストッパー代わりに結び目をつくるが、どうにもいけない。購入したのは3㎜φと一番細い交換ロープだったが、結び目が大きすぎて入りきらず、むろん出っ張ったままではセット出来ない。

 仕方がないのでライターでよくあぶり、繊維を溶かした塊を大きめにつくって溝に納めた。よく考えてみれば古いロープの残骸がなかった。つまり切れたわけではないので、この方法が正しいのかもしれない。

 ロープを通した取っ手がきちんと納まるようロープの長さを調節し、元通りに組み立ててロープ交換は終了。

 クリーナーカバーを開けて不織紙のエアクリーナーを生ガソリン(混合燃料を使って目詰まりさせたことがある)で洗い、スパークプラグを交換する。写真に撮り損ねたが、燃料タンクから針金を使って燃料フィルターを引き出し、同じくガソリンで洗浄する。

 ほとんどの場合、ここまですればエンジンの調子は回復するが、ときには燃料調節スクリューの調整が必要。取扱説明書に記載があるはずだが、スクリューを動かすときには、左右に何回転したかを覚えておくとよい。とにかく始動しやすく、アクセルに応じて回転数があがるように調節するのだが、要はエンジン音の調子でわかるように慣れることが一番だろう。

 ちなみにキャブレター分解は、自信がないのでほとんどしない。燃料の混合比を25:1から50:1(ハスクバーナのチェンソー用を使用)に替えたせいか、キャブやマフラーの汚れは感じなくなった。

 それにしてもこの涼しさはちょっと異常ではないか。気象庁もようやく騒ぎはじめたようだが、宮沢賢治が「オロオロ歩いた夏」とはこのことかと思い当たる。

段差舗装

 母屋の裏手にまわる道は、玄関の下から登り坂になっている。坂道そのものはコンクリート舗装してあるが、下の敷地は砂利敷きなので境目にどうしても段差が生じる。わが家の所有車はいずれも四駆だから問題なく登坂するが、灯油やプロパンの配送トラックなどが引っかかってタイヤを空回りさせてしまい、梅雨時からの軟弱路面のせいもあって段差がますます深くなってしまった。
 何度か砂利を入れたがくり返しなので、なんとかして段差を埋めなくてはならない。

 行きつけのホームセンターで簡易舗装用のアスファルトを購入した。ずっしりと重い20㎏入りだが、量としたらさほどでもない。これで約2000円は安くない値段だし、段差を埋めきれるか心許ないが、とりあえず工事してみることにした。

 まず生えている雑草を処理する。舗装を突き上げて生えてこないよう根っこごと引き抜いたあと、地面をハンマーで叩いておいた。あるいは砂利を入れて転圧すべきかもしれないが、湿った下地でも工事可能と説明書きにある。

 指の先ほどの小砂利にアスファルトと添加剤がまぶしてあり、その添加剤が蒸発するときに固まるらしい。段差をゆるやかな斜面になるよう敷きつめるが、最低でも1センチほどの厚さが必要のようで、そのあたりの加減さえ注意すれば問題はない。

 敷きつめたあとはスコップの背で叩くように締め固める。そのさい1センチほど目減りするので余分に盛るときれいに仕上がる。車のタイヤで転圧するのも効果的、とも書いてあったが、面倒なので靴で踏んづけただけで終了させた。

 すぐに車を通行させても支障はなく、翌日には十分固まっていた。あとはどれほどの耐久性があるかが問題で、たぶん真冬の霜で浮き上がってしまうだろうことは覚悟ずみだ。

ルーターテーブル自作③

 引き出しの側板には3/4インチ幅・深さ7ミリで溝を彫ってある。対する横板に細長い木片をビス留めし、いわゆる引き出しレール代わりとした。レール代わりの細木は、溝のなかでスムーズに動く寸法に加工し、なるべく堅い木(ケヤキ、ナラなど)のほうが滑りがよい。

 ちなみに側板には手持ち材を使ったので色が違ったりしている。白っぽいのはヒノキ、下はたぶんベイマツだろう。
 引き出しのひとつにビットを収納する。13ミリと7ミリの穴をあけた2×4材を入れておけば整理しやすい。

 プラスチック段ボール入りの扉はスライド蝶番で開閉する。じつは取り付ける段になって横板側のスペースが足らないことに気づき、あわてて木をつけ足したりした。
 扉の奥にはルーターが格納され、集じん機で吸い取れなかった切りくずが貯まるようになっており、引き出し部に散乱しないよう、周囲を合板やプラスチック段ボールで囲った。

 フェンスは残ったタモ集成板で組み上げた。ビットが入る穴をあけ、部材をビス止めで組み上げる。手持ちの鉄製のアングル材を利用しているが、とにかく直角に仕上げることが肝心。

 表側にはフェザーボード用のTスロットトラックを取り付けた。さらにフェンス固定のため、天板に短いトラックを2本埋め込み、裏側からTスロットで締め付ける。

 その裏側中央には、ビット穴を覆うケースを作り、切りくずの吸い込み口を取り付けた。吸い込みアタッチメントは、古い掃除機から切り取ったものだからホースとの接続にまったく問題はない。吸い込みテストも上々だった。

 一応の完成まで2週間ほどだった。足下に丸いフットスイッチが見えている。右横板に取り付ける予定だったが、試運転してみると、やはり足で操作した方が安全のように思った。

 また汚れ防止にオイル仕上げにする計画だったが、古い塗装の天板と白木の引き出し部などのコントラストがなかなかいい。あるいはこのまま使用、ということになるかも知れない。