ズッキーニ花料理

 猛暑つづきで夏野菜のズッキーニが大豊作だ。グリルにしたり、マリネにしたり、はてはぬか漬けにしたり、とあれこれ工夫して食べているけど、毎日5、6本も採れてしまうので完全に持てあまし気味。知り合いに送ったり、強制的プレゼントしたりするけど、いっそ花のうちに食べてしまえば「渉(はか)が行く」のではないか、とおもった。

 ズッキーニの花料理はいくつか聞いたことがある。天ぷらにしたり、詰め物をしてフリッターにするレシピがあるけど、なんだかコッテリ重そうだし、この暑さの最中に油で揚げるのもすこしばかりおっくう。

 うってつけの花料理がイタリア発のあるブログに掲載されていた。主宰者のお名前が母屋をセルフビルドしたときのOMソーラーと関わりあるようにおもえて(本当に関わりあるか不明だけど)前々から愛読していたブログで、文章と写真に醸し出されるユニークな視点と、日本人から見たイタリア生活が興味深い。

 たとえばソラマメを生で食べるのをはじめて知り、生食用ファーベの種を取り寄せて栽培するきっかけになったわけだが、つい先だっての記事で、大量のソラマメをむいた空の莢(さや)を鶏のエサにしようとしたら、「Noooo!!」と叫んだイタリア人夫君がひどくユニーク。莢を奪い返すと手早く料理して、素敵な一品に仕上げてしまうのだ。

 料理人にして木工家、加えて稀代の好奇心の持ち主で、石窯を手作りしたり、粉ひき水車小屋の復活には、水車タービンまで製作する多才ぶり。そうした田舎暮らしの達人の花レシピがいかにも美味しそうだし、いかつい指で仕上げる料理の繊細さには、いつもながらいたく感心する。

 さっそく達人レシピを真似てみる。あいにく雄花が少なかったので、隣に植えてあるバターナッツの花を2本加え、リコッタチーズの代わりに小さく切ったカマンベールチーズを花に詰める。かるく小麦粉を振り、卵をくぐらせてパン粉をまぶし、少量のオリーブオイルを振りかけて、200℃のオーブンで10分焼いた。

 色よく焼けたパン粉が食欲をそそり、サクサクとした食感ともっちりしたカマンベールチーズの味が絶妙だった。詰めたチーズが小さすぎたのがすこし残念。達人レシピにあるようにリコッタチーズとパルメザンチーズ詰めをぜひとも試したいものだ。

 ちなみに小さな実がついた雌花も食べられるが、めしべが苦いようなので取り除くほうがよい。ちょうど隣村で持ち寄りパーティーがあったので、卵をくぐらせパン粉をつけた状態で持ち込み、現地のオーブンで焼きあげた。
 軽い食感がなかなかに好評だった。

酷暑対策・冷風除湿機

 二階にある書斎は、吹き抜けに面しているため薪ストーブの熱気が溜まりやすく、マイナス10℃の厳冬期でも暖房はいらない。そのぶん夏の暑さには弱く、換気扇フル活動、加えて北側の窓全開でもおいつかず、そこで涼しい一階の和室に避難することにしている。

 セルフビルドしたわが家にはOMソーラーを導入(むろん自己工事)してあり、夏季モードには冷風機能がある。夜間の冷たい空気を取り入れて、床下の蓄熱コンクリートを冷やしておく。つまり冬季に、日射で暖まった空気を床下に送りこむのと逆の方法で、床下を冷やしてしまうわけで、一階リビングのフローリング床などは、日中ひんやりと感じられるのだ。

 ただし避難した和室は畳敷だし、床下は地下室なのでOMによる効果はない。その代わり床に開口部をつくり、地下室の涼しい空気を取り入れるよう工夫した。
 話は前後するが、わが家はメーターモジュールでつくった。そのため畳敷の和室に一部分フローリング仕上げがあり、そこを切り抜いて換気扇を取り付けたもので、たとえ真夏でも27,8度の空気を取り入れられるのでかなり涼しい。

 しかし地下室の空気だけにやや湿気がある。そこで除湿機を使用したいのだが、所有機はかなり発熱するので室温を高めてしまうので使えない。発熱しない除湿機を導入するか、あるいは窓用エアコンの除湿機能を利用するほうが手っとり早いか……。

 いろいろ調べた結果、海外にはこんなエアコンがあるようだ。小型でスタイリッシュだが、国内では販売していない。そこで見つけたのが冷風機能付き除湿機
 機能的には小さなエアコンと考えればいいのだろうか。冷媒によって空気を冷やし、同時に水分を結露させて取りのぞき、そのとき発生した熱は、本体の背後に取り付ける排気ダクトによって窓などの室外に逃がしてしまう方式。

 室温27℃の場合、10℃低い冷風が吹き出すそうだが、そこまでの機能があるかどうか。基本的には除湿機と考えたほうがいいようで、24時間で10Lの除湿能力があり、溜まった水はタンクを外して捨てることになるが、ホースを連結して自動排水することもできる。

 例によってオークション入手。窓用エアコンと同程度の価格になってしまったが、定格消費電力は220Wと窓用エアコンの三分の一程度だから、電気料もさほど気にせずに使えるのがいい。

 当初、台に乗せて窓ぎわに置くつもりだったが、畳とフローリング床の境になるため不安定になってしまう。そこで窓枠に乗せる台をセットするよう計画変更した。
 窓にはめ込んだ木枠には、本体を乗せたとき排気ダクトが収まるような大きな穴をあけ、窓枠に張った隙間テープの一番下から排水ホースを通すようにした。
 目論み通りの機能を発揮してくれれば、たとえ暑い夏でも執筆に専念出来るだろう。書けるかどうかは別にして。

 言い忘れていたが、使わないときは写真のようにすべて取り外しておく。ついでに窓下の丸太と畳に挟まれたフローリング部に、地下室からの換気口が見えている。白いLANコードが出ているが、いずれきちんと処理するつもり……で10年そのままになっている。

合間のジャガイモ

 梅雨の合間に……、いや、正しくは屋根架け工事の合間をぬってジャガイモを収穫した。購入した種イモ(メイクイーン)と発芽した食べ残しイモを植え込んだのは、たしか4月ごろだったはずだが、黒マルチもせず、その後の忙しさにかまけて草取りも土寄せもせずに放置しておいた。

 花が咲いているのは見てはいたが、気がつくと雑草にすっかり埋もれてしまっている。
「こいつは駄目かもしれん」
 と落胆しつつ試しに掘ってみると、ちゃんとイモが育っている。
「いやいや、健気なものだ」
 とやたらと感心しながら収穫した。

 雑草をかき分け、枯れたイモの茎を探していると、奇妙なものを発見。
「これはなんだ。おいおい、トマトか」

 調べみると、どうやらジャガイモの実のようだ。結実したのは食べ残しイモのほうで、種類はわからない。どうも男爵イモではなかったように記憶しているが、ネット情報では「ホッカイコガネ」「キタアカリ」などによく実がつくらしい。

竹の子掘り

川岸の竹林に竹の子が顔を出しているのをみつけた。例年だったら連休明けのころなのだが、すこし早い。やはり今年は暖冬だったようで、早速にも、裏山の竹林を点検せねばならない。

わが集落で採れる竹の子は、土質のせいか、気候が関係するのか、エグミがほとんどなく、とてもやわらかい。移住したての20数年前の頂戴もので、その美味しさにおどろいたものだが、現物を見てさらにびっくりした。

土間にごろんと転がった竹の子は、長さ50~60センチもあり、その先端には青々とした竹の葉まで生えている。皮をむいた中身も青みを帯びていて、ほとんど青竹状態。それを大釜で茹でただけで(アク取りの糠も使わずに)やわらかになる、というのだからちょっと信じられなかった。

ふつう竹の子掘りと言えば、地面のひび割れを見つけ、そこから顔を見せたか見せないかのころ、折らぬよう周囲を慎重に掘りすすめて採るものだ。ところが土地では、大きく成長させたあと、根元のあたりをバッサリ切ったり、あるいは蹴っ飛ばして折ったりする。「竹の子掘り」ならぬ「竹の子折り」だが、それでも十分美味しいのだから問題はない。

そうした美味しさを山に棲む彼らが放っておくわけがない。入れ替わり立ち替わりして竹の子掘りに精を出すようで、遅くに収穫する人間さまはそのおこぼれを頂く、といった案配になり、年によっては収穫ゼロにもなりかねない。

 

さて今年はどうか、と竹林に登ってみる。とんがり帽子があちらこちらに顔を出しているが、よく調べると、それと同数ほどの竹の子が食べられてしまっている。しかし、今年の出来はわるくない。暖冬のせいで育ちが早かったの幸いしているようだった。

P1240776大きくほじくり返しているのは、たぶん猪だろう。まだ土から顔を出していない竹の子を、するどい嗅覚で探りあて、鼻先で土を掘り起こすらしい。

 

 

 

P1240784一方、先端が囓り折られているのは猿の仕業だ。一番やわらかで甘みの強い先端部をひと囓りして、ポイと捨てるのが彼らのテーブールマナー。

 

 

 

つづいて人間さまの番だが、竹の子掘り用の鍬(ばち鍬)などは持ち合わせていないので、剣先スコップを利用して掘り起こす。やわらかそうなものを選び、根元のあたりに差し込んで、グイとこじればすぐ採れ、5,6本もあれば十分だ。

P1240825世間よりかなり遅い春の恵みだが、お定まりの竹の子ご飯、煮物、あるいは中華風にしたりと、独特の甘みと歯ごたえを連日のように楽しむ。今日のお昼には、炒めてラーメンの具として利用したが、そろそろ飽きてきた。冷凍できるとネットに書いてあるので、要研究か。