煙道システム交換

 わが家の薪ストーブでは煙道採熱方式を利用していた。煙突から外に逃がしていた煙りの熱を、二重煙突とファンを使って回収するシステムで、もともとはOMソーラーシステムに組み入れられる方式だった。ここにわかりやすく説明されています。

 石油ストーブ用に開発された方式を薪ストーブに接続する、というひどく冒険的な利用だったわけで、そもそも煙道の排熱を利用することは、煙道を冷やすことでもある。つまり煙道内に煤がたまりやすく、タール状に固まれば煙道火災の原因にもなる。
 そこで煤分の少ない広葉樹しか使わず、しかも2年ちかく乾燥させて燃やすようにしていた。それでも1シーズンに2~3回の煙突掃除が必要だったし、一度だけ、煙突接合部の煤が取り切れずに発火、ごく軽い煙道火災を起こしたことがあった。

 20数年間に一度の事故だったが、経年変化による劣化も考えられ、なにより安全が第一だろう、と薪ストーブ専用の煙突に交換することにした。新しい煙突では、排熱利用は不可能になったが、断熱によって煤がたまりにくく設計され、太さも150㎜(旧システムは105㎜)もあるので、煙突掃除は年一度程度でよくなるらしい。

a
 旧システムの煙突塔を外すと、断熱のロックウールにつつまれた煙道に異常はなかったが、その下の接合部分にはかなりのタールがたまっていた。さらに多くなれば発火ということも十分考えられただろう。やはり交換して正解だったわけだ。

 ところが煙突塔の位置があわない。細い旧煙突ならともかく、このままでは太い新煙突は設置できないことが判明。結局、煙突塔から作り直すことになり、屋根鈑金をはがすという工事になってしまった。
 新煙突はかなり重く、保持金具も頑丈なものを使用している。室内に入れた煙突とストーブの接続は、部品が足らずに翌週に工事することになった。

 それにしても20数年前のセルフビルドでは、煙突塔の位置違いを、煙突を曲げて接続することでごまかしていたわけで、よくぞ事故にならなかったものだ、と大いに反省している。
 

昔年の施工ミス

 いずれやらねば、と思っていた懸案にやっと手をつけた。ひどい風雨のときだけだった下屋の妻壁からの雨漏りが、このところ頻繁におこるようになった。外壁に丸太部分が露出したため、妻壁側との防水が完全ではなかったらしい。
 あきらかに20数年前のセルフビルドに原因がある。それと知りながら修理を後のばしにしてきたのだが、デッキ屋根架け用の足場があるうちに工事することになった。

 カネ勾配屋根に切り目を入れ、雨除けを立ち上げて新しい壁をつくる。といった工事になるわけだが、屋根材のステンレス板切断という鈑金工事はもちろん、外壁のサイディング工事などの経験はまったくない。すべては専門家におまかせするしかない。下手に手をだして昔年の失敗に上塗り、というのでは笑い話にもならない。

fotojet-collage-a

 ……じつは先週、新しいデジタル本『山羊と提督』を配信しました。この紹介を忘れるというのは、このサイトの目的からは本末転倒。ちょっとミスった、と笑ってすませちゃいけないはずだが、さらなるミステイクが発覚、という話が次回につづきます。

コロ薪小屋

 カレンダーをめくって、さて、という気分になってきた。暑さのピークが過ぎて涼しくなったが、やれやれ、と思う間もなく寒さがやってくる。そうした日光地方に25年も住んでいると、冬支度というには早過ぎるが、なんとなくそわそわしてくる9月なのだ。

 屋根を架けたデッキ西側が薪置きスペースになったので、敷地の隅に積んである薪を移動させた。この仮設の薪小屋は、プラスチック・パレットにインゴ(材木の隠語…一寸五分角)を差して薪止めとしたもので、最下部に空間があるので湿気を呼ばずに保管できるところが気に入っている。

FotoJet Collage-A
 薪を移動して積みあげるのは、なかなか大変な作業、と前に書いたことがある。薪を積みあげたデッキや軒下には、距離にして6~70メートル、勾配6メートルほどの坂道を運ばなくてはならない。そのため車検なしの軽トラが大活躍する。
 軽トラに放り込んだ薪は、手押し車に積み替えて運び、たかだかと積みあげる。そうして1年間以上乾燥させてから焚くことにしている。

 コラージュ写真の中央に、揃えて切った薪と不揃いの薪が映っている。原木をストーブサイズに切ると、かならず端切れができる。曲がりや節で割れない部分もあるが、薪として燃えないわけではなく、コロ薪と呼んでけっこう重宝して使っている。

 軽トラ2台分ほどのコロ薪を、北面軒下に近い小屋に運び入れた。14,5年も使っている小屋で、そろそろ床が抜けかかっていた。どうやら来年には、このコロ薪小屋の建て直しになりそうな気配だ。

 ちなみに薪スペースや軒下に積みあげた薪は、ブロックごとに分けて年号が書いてあり、今度の冬は、’14年に割った薪の残りと’15年薪を焚くことになる。それをふくめて2年半分の薪ストックがあるが、この冬に薪の原木が手に入るかどうか心配している。

フッ素樹脂再加工

フッ素樹脂再加工

 わが家にはV社の鍋がいくつかある。ステンレス製の何種類かは、把手が熱で変形したり、壊れたりしたが、部品をとりよせて交換したことが何回かあり、そこを気に入って、もう20年以上も使っている。
 そうしたV社ならと、数年前にフッ素樹脂加工のフライパンを購入してみた。油が少なくても焦げ付かないというのは、じつに気分のいいもので、一度使ってしまうともう戻れず、耐久性のなさを承知で、何度か買い換えたおぼえがある。多少高額だがV社なら、と期待しての購入だったが、やはり数年しか持たなかった。

「値段を考えたら、安い物を頻繁に買い換えたほうがいいかも……」
 と思ったりしたが、フッ素樹脂を再加工する方法があるのを知り、一度試してみるのもわるくないと考えた。なんでも試してみないと気がすまない、というわるい癖が頭をもたげたのだ。

 樹脂を焼き付けるため把手を外さねばならない。加工メーカーで外してくれるが、もちろん加工費がかかる。ビスで把手を止めてあるV社製品なら簡単な作業で外せ、鍋の部分だけをここに送ればよい。
 

FotoJet Collage
 やや高額だったV社製品も最近はかなり安く売られている。送料を使い、料金を払って再加工するのと大して変わらないだろうが、少なくとも使えないフライパンがゴミになるのを防げるだろう。
 そうした古いフライパンが作業場の片隅に転がっているのは、わたしの〝もらったり拾ったり癖〟のせいなのだが、精神衛生上あまり気分がよくない。
 再加工して3ヶ月ほど経過したが、使い心地は新品とかわらない。何年使えるか楽しみにしている。

ガルバリウム設置

 ようやくガルバリウム鋼板が設置された。山間部とあって天候がかわりやすく、晴れ間をぬっての作業になるので屋根屋さんも苦労が多い。使用する鋼板は、部材ごとにあらかじめ裁断・加工されていて、現場での加工は数えるほどしかない。

 工法は、立ひら葺きという一般的なもので、部材を順番どおりに敷き、固定しては次を設置する。その無駄のない動きとすばやさは、さすが専門職で見ていて気持がいい。
FotoJet Collage-1  既存屋根との接合は、縦ハゼ葺きという工法を使う。軒につくられた雨だれ除けの縦ハゼに、新しい鋼板を差し入れて雨仕舞いとする。そのため新設屋根は五〇ミリほど下げて造作しておかねばならないが、どうやら問題なく納まったようだ。

 奇妙な道具があるなと思っていたら、鋼板のつなぎ目にセットしてグイグイと押し始めた。すると鋼板の重なり部分(リブ?)が直角に折り曲がり、二度行なってさらに折り曲げれば、完全な防水構造になるという寸法だ。
 以前よくみられた瓦棒葺きにくらべ、格段に作業が早くなったらしい。あとは破風と鼻隠しを鋼板でカバーし、さらには既存屋根との境目に、積雪がとまらないような工事するが、その予定はまだ決まっていない。
FotoJet Collage-2

そろそろ終了

 かかりっきりだったデッキ屋根架けもそろそろ工事終了となるが、冬の間に計画され、春の訪れとともに開始する、というのはいつも通りのパターンだった。

 マイナス10℃の寒さに閉じ込められ、何もかもが停滞する季節に、ただ一つ〝妄想〟だけが活発に動きまわる。多くの小説はそうして書きはじめられるが、ときとして身の丈をこえたプロジェクトに発展し、主屋建築のように数年がかりという場合もあったりする。三か月ほどで終了するなら、ごくごく順調だったのだ。

 順調といいながら、低い足場で油断したのだろうか。うっかり足をすべらせ、パイプで胸を強打してしまった。どうやら肋骨にヒビを入れたらしく、以来寝返りも打てないほど痛むのをのぞいて、おおむね作業をエンジョイし、仕上がりも計画(つまり妄想した)通りで、周囲の評判もわるくないようだ。

FotoJet Collage
 あとは屋根屋さんのガルバリウム鋼板工事のほか、南側にズラリとならべたプランターの植栽、さらには西側に薪を積み上げる作業をすすめることになるが、ちょっとめんどうなのが解体残材の始末だろうか。さらには広くなったスペースに、小洒落たテーブルや椅子でも作ってみるのも楽しい……。

 そうした気配を感じたらしい奥さんが、カウンターチェアをネットで早々と購入する。当然のようにやや不満であるが、
「すぐ作ります」
 と宣言したはずの食器棚や靴箱の完成が,主屋建築の15年後になった前科があるので、まったく反論できないでいる。

デッキ屋根架け⑥

 南面の柵を作る前に古い土台部分の掃除と塗料塗りをおこなった。なにしろ20数年前につくった土台だから、青く苔むしている。丸太に防腐材を特別に注入したもので、まだ腐っていなかったのが、今回の屋根架け工事を強行するきっかけになっているわけで、苔を丁寧にそぎ落として塗料をたっぷり塗り、雨に濡れないよう庇でカバーすることにした。

 もちろんセルフビルドする。当初のデザインでは、フランス製の波板(オンデュリン)を使うつもりだったが、宇都宮のホームセンターで実物を見たところ、さほどピタッと感じない。ならば、とB案を採用することになった。

P1250359 田舎暮らしの方ならご存じだろう。使用材は、田んぼの畦の水漏れ防止用の「あぜ楽ガード」だ。リサイクルプラスチック製のエコ商品で、格段に安価なのに加えて10~15年の保証付というのもたのもしい。じつは数年前から薪棚の雨除けに使用していたもので、本格屋根はともかく庇程度なら十分仕える、と前々から考えていたのだ。

南面の庇
 40センチの「あぜ楽ガード」を二段に張りつける。木造下地にはステンビスで留め、オンデュリンのネイルカバーを使えば、ちょっとスタイリッシュになったように思うが、
「まさか屋根に……」
 と製造メーカーもびっくりしているかもしれない。

 工事の合間をかいくぐって『二河白道』をやっとこさっとこ配信にこぎつけた。なにしろ400字詰め2400枚超のやたらの長編なので、読み返すのも一苦労。そこで「読み人知らず」ならぬ、「読み人おらず」の声しきりの作品です。

デッキ屋根架け⑤

 南面にはプランターをならべて野菜を栽培する。古いプランター付デッキがなかなか使い勝手がよく、キッチンファームとして十分に機能した。しかし屋根を架けるとなると、同じように野菜栽培ができるか心配にもなる。しかも屋根の出を長くしたため日差しが入りにくくなったように思われ、プランターを直接床に置くよう変更した。
 つまり半割丸太で作る予定だった低い棚は無しにしたのだが、すでにポストには半割丸太を差しこむよう刻みが入っている。このままというわけにはいかないのだが……。

 柵そのもののデザインはかわらない。古いデッキに使っていた小枝を流用して組み上げてみると、東西のカウンター付との統一感があるので、まあまあの出来上がり。
「なるほと、カウンターと関連したデザインならいけるかもしれん……」
 とにわかに思いついた。

南面の柵 FotoJet Collage
 そこで一段高い小棚にしてみた。作った本人にしてみると、なにやら苦し紛れにも感じてしまうが、「あら、かわいい」と評判はわるくない。プランターをならべてみると、すこし立体的になったようでもあるので、これでよし、とすることにした。

 それにしても、こんなにプランターをならべてしまうと、毎日の水やりが大変だ。

デッキ屋根架け④

 屋根架け工事も躯体部分はほぼ終了。柵や庇などの周辺工事に入った。こうした部分は明確にデザインが決まっているわけではなく、行き当たりばったりの出たとこ勝負。つまりはセルフビルドの柔軟性が試されている。

010 (500x375) 西側の柵には半割丸太をはめ込んだ。コーヒーカップでもおけるようにとカウンターのようにしたわけだが、となれば当然、足許には足乗せ棒が必要だろう。それを小丸太でつくり、小枝をあしらって柵状にデザインした。
「あら、Yの字になってるのね」
「え?」
 そこで初めて気がついた。たまたま二股になった小枝をはめ込んだだけなんだが……。
「ああ、そうか、雄平の頭文字ね」
「…………」
「それじゃ、反対側の山羊小屋がみえる東は、Kでなくちゃね」
 というわけで奥さん「KAORI」の頭文字が入ることになり、それぞれのK’s BARとY’s BARと命名された模様。

東西カウンターE

 ついでながら二枚目の構成写真は、フリーソフトを使ってコラージュした。組み合わせた数枚の写真が一枚写真として認識され、使用容量の節約に役立つかもしれない。使い方はいずれくわしく解説しよう。

デッキ屋根架け③

 なおもつづいている屋根架け工事……。南側の野地板をすべて貼り終わり、屋根屋さんがアスファルト・シングルを敷いた。あとのガリバ鉄板工事がいつになるかは未定。

 薪置き場とする西側は、ポリカボネート屋根になるため、すべてをセルフビルド。伐採した杉板二枚を組み合わせた桁に、120×50の垂木を乗せ、横桟を入れてポリカの波板を張った。
 それにしても組み上げてからの塗装は大変だ。養生をした上に足場に乗っての作業はかなりきつい。やはりこれは、塗装してから工事すべきだった、と後悔してもはじまらない。

 そう言えば屋根工事の最中に吹飛ばされる、という事例を聞いたことがある。気を取り直してひねり金具を取り付けた。