リブフィンガーを料理する②

 昔ならこの程度のお肉、あっという間に食べたものだが、と思いながら料理している。あれほど好きだった肉料理をほんのすこしで満足するのは、やはり年取った証拠だろう、と思うのだが、それだけ効率的に生きている、と考えることにしている。

 そんなわけで、残りのリブフィンガーをあっさりした味で食したい、といろいろ探してみたのがこれ。材料は、肉と水、あとは塩だけと、あまりに簡単なレシピなので紹介するのが気が引けてしまう。

①スジを取り除いたリブフィンガーをひと口大に切りそろえる。

②圧力鍋に水カップ1と塩小さじ1を投入。10分ほど圧力をかけて煮る。

③煮あがったらアクを取り除き、刻んだパセリを散らして出来上がり。

 ひどく単純な調理だけに、素材の味がそのまま現れそうだが、お安い輸入肉でも結構いけた。ほのかな塩味がなかなかよかったが、パセリ以外のハーブを試すのもわるくない。たとえば、そろそろ田んぼで芽をだすセリなんかを散らせば、ずっと和風になったりするかもしれない。

 やはり牛肉となれば、ワイン煮込みが定番だろう。薪ストーブにのせてコトコト煮込んだりするものだが、量が少ないので圧力鍋で簡単に調理する。

①ひと口大に切った肉は、ビニール袋に入れ、赤ワイン1カップを投入。袋ごとモミ込んで一晩冷蔵庫で寝かせる。

②漬け込んだ肉の水分を拭き取り、フライパンで焼き目をつける。

③あらく刻んだ玉ネギ1個を、別の圧力鍋で少々のオリーブオイルとともに炒める。刻みニンニクをいれてもいいだろう。

④肉を焼いたフライパンで、残してあった赤ワインの漬け汁を煮る。そのさい肉の焦げ目をこそぎ取るのがコツ。フライパンに残った脂のうま味・香ばしさを、つまりメイラード反応を移し取るわけだ。

⑤圧力鍋に漬け汁と水カップ1、ローリエ1枚を入れ、15分ほど圧力をかける。

⑥煮あがったら塩・コショウで味を調え,マッシュポテトを添えた。 

 ところが今回は、市販の粉状のデミグラスソースを試してみた。圧力鍋だけでは煮込み不足に思えたからだが、見た目はそれらしく出来上がった。しかし、かすかながら人工調味料が感じられ、どことなくの嘘っぽい味になってしまった。やめればよかった。

リブフィンガーを料理する①

 プロ食材店で燻製用豚バラ肉を買ったついでに、牛のリブフィンガーを購入した。リブとはあばら骨のことで、その骨の間にはさまった指のような太さの肉だが、お値段もそこそこなので初めて試してみることにしたのだ。

 リブステーキはうま味のある部位として定評がある。リブフィンガーも同様だろうし、焼き肉店では「中落ちカルビ」と呼ばれているらしい。

 値段の安さは、肉にスジがついているからだろう。あばら骨の内側、つまり腹腔側につるっとしたスジ皮がついている。このまま料理してもかまわないだろうが、当然、硬くて噛み切れないだろう。まずはこれを取り除いておくほうがいいようだ。

 やや面倒だが作業そのものは簡単。スジ肉をひっぱるようにしてナイフを入れてゆく。なるべく肉部分を切らないようにしたいが、スジ肉も料理するのであまり気にしない。

 きれいにした肉はかなり量があり、一度にはとても食べきれず、結局、3回にわけて料理した。まずは開くように切れ目を入れ、タレに漬け込んで焼き肉にしたけど、味は、まあまあ、悪くなかった。

 取り除いたたスジ肉は、こってり味の佃煮にする。じつはこれが一番の楽しみにしていた料理で、晩酌のつまみによし、飯の友によし。私のソウルフードの一つだ。

 スジ肉はひと口に切りそろえ、まずは下茹でしておく。汚れや臭みが取れたあと、酒、醤油、みりん、砂糖、さらにはショウガの千切りを多めに入れ、圧力鍋を使って10分ほど炊きあげる。

 圧力がぬけたあと、さらに火を通して水気を飛ばし、そのままの状態で冷やす。徐々に温度が下がるときに味が染みるようで、佃煮づくりのコツかもしれない。

 のこしたリブフィンガーを2種類に料理した。次回に紹介する。

充電クリーナーのバッテリー

 かれこれ15年近くは使い、そろそろ処分か、と考える充電式クリーナーが2台ある。どちらも壊れたわけではなく、バッテリーが寿命をむかえて5分ほども使うと、めっきり回転が落ちてしまい使用不能。

 このタイプのクリーナーは、とにかく軽量なので階段掃除などに使いやすく、薪ストーブまわりの掃除にも便利だ。なにより工具メーカー製とあって丈夫なところが気に入っており、すこし調べて見たら、外観がほとんど変わらない製品がいまでも販売されている。いわゆるロングセラー製品なのであろう。

 どうやらパワーアップされているようで、それにともなって使用バッテリーもニッケル・カドミウム電池から、より強力なニッケル水素電池に変更されていた。メーカーに問い合わせたところ、わが家で使用している古い型番の交換バッテリーはすでに販売停止ということだった。

 新規格のニッカド・水素電池は、使用電圧は7.2Vと変わらないし、大きさ形状も同じだから、クリーナーに装着できるし使用も可能のはずだが、コネクターの形状が違う。第一、クリーナー付属のニッカド専用充電器では、十分充電ができないし、発熱その他の不具合を起こすらしい。充電器ごと変える方法もないではないが、クリーナー本体に組み込まれたコネクターを交換するのは、分解が必要になってちょっと面倒な作業になるだろう。 

 ニッカド・タイプの交換電池をネットで探したところ、あるにはあったが、コネクター無しの電池ブロックだった。古い電池からケーブル付きのコネクターを付け変えれば使えるわけだが、4000円超という高額なところが気に入らない。

 そこで見つけたのがラジコン用バッテリー。使用電圧7.2V、容量・ブロック形状もほとんど変わらず、どうやら使えそう。しかも価格は半分以下とあっては文句はない。さっそく購入する。

 それにしてもラジコン用バッテリーとならべてみると、正規バッテリーの素っ気なさには驚いてしまう。動けばそれで十分と考えているのだろうけど、よく言えば質実剛健。工具メーカーの美意識としておこうか。

 もちろんコネクターが違うので、ケーブルごと移設しなくてはならないが、その前にと試したところ装着できない。ラジコン用バッテリーのほうがわずかに大きいため、覆われたカバーとシュリンクを外して、その差1.5mmを解消した。

 あとはケーブル付きコネクターをハンダ付けするだけだが、小さなハンダ鏝だと時間がかかり、熱で電池本体を痛めることがある。やや大きめの鏝(80W用を使った)ですばやく溶着する。

 2時間ほどのテスト充電では、発熱その他の異常はなく、むろんモーター回転もすこぶる順調だった。

 ちなみにラジコン用バッテリーの絶縁カバーを使用したため、装着したあとケース蓋が閉まらず、出っ張り部をニッパーで切り落として修理は終了。

 しばらく使用テストしての結果だが、もう1台も交換することになりそうだ。