デッキ家具 ③ベンチ

 家具の中でも椅子づくりが一番むずかしい。座る人間の加重がいつもかかっているため、なるべく丈夫にしたいが、それでいて動かすこともあるので軽くしたい、という相反する要望を満たす必要があるからだが、あまり動かさないベンチなら比較的つくり易いかもしれない。

 また背もたれに角度がないと座り心地がわるいものだが、大きな背もたれが付いたベンチの作り方をネット情報でみつけた。
 1×4材(19×89ミリ)を斜めに切り、背後に貼り付けて角度をもたせる方法はなかなかに興味ぶかく、しかも1×4材を縦横違えて貼り付けるというのは、いわば集成材の強さを利用できる賢い方法だろう。くわしくはリンクを参照されたい。

 参照リンクより大きくつくることになり、貼り合わせるとは言え1×4材では、いかにも強度が心許ない、と手持ちの角材35×60ミリを利用することにした。幅と厚さが違うので、材料取りのサイズ変更に手間取り、貼り合わせるため細かな材料が多くなった。

 ボンドを塗ったあとビスで止めるが、ボンドが滑って位置が狂いやすい。クランプを上手に使って固定するといい。またビス止め部分が内側になるよう、左右対称に組み上げるほうが見栄えがよい。

 塗装には、手持ちのマホガニー色の外部塗料を使った。たぶん購入したものの、色合いが気に入らなくて未使用だったのだろう。「ま、いいか」と塗ってはみたが、やはり赤みがかったマホガニー色はどうも好きになれない。もっとも高級材マホガニーなど使ったことがないので、本物がどんな色か知らないので、あまり悪口は言えない。

 脚部を組み上げたところで塗装し、前もって塗り上げてある背板や座板を組み付けた。これらの板材を固定するビスは、ザグリ穴にしたほうが見栄えがよく、ネジ頭が引っ掛かることもない。

 とりあえず3種類の家具が完成した。予定したとおり材料は一切購入せず、手持ちの塗料を利用したため、費用は約1000円の一部金具代だけだった。そうしたケチケチ制作のわりには、それぞれ面白味のある仕上がりになったと満足しているが、やはり家具は、硬い広葉樹のほうが仕上がりがよく、作り甲斐があるなと思った。

デッキ家具 ②小机

 デッキ用の小机は、丸太を重ねたログ壁(柱間に丸太を落とし込むピーセンピース壁)の前に設置する。花を飾ったりするのにちょうどいいはずだし、引き出しもつくるので小物を収納するのに便利だろう。東西に2台つくることにした。

 脚部は角材と板を組み合わせ、テーブルと同じくポケットホールジョイントで接合する。その上にのせるトップボード(甲板)は、約40センチ×85センチの大きさが必要だが、うち一枚は貼り合わせになった。接合面を平らに削り、ビスケットジョイントを使って接合した。

 引き出しづくりは、材料も多いし、手間がかかる。前板の欠き込みは、ルーターを使えば簡単だが、ビットなどのセットが面倒なのでテーブルソーで切り落とした。底板を差し込む溝をミゾキリで掘り、組み上げには、ボンドとビスを使った。
 軟材を考慮して強力に接合するためだが、出来上がりに反りが生じたのは、ビスを締め付け過ぎたためだったらしい。

 引き出しの奥行きが30センチしかないため、つい引っ張りすぎて落下しやすい。そこで落下防止のため、奧板にこんな金具をビス止めした。立てると上桟に引っかかり、横に倒せば引き出しが抜け出せる仕掛けだ。

 塗装にコーヒー染めを試してみた。石鹸作り用に買い置いたインスタントコーヒーを濃いめに溶かし、ただ塗りつければよい。作業中、コーヒーのいいかおりが漂ってなかなかに快適だった。もちろん乾いてしまえば触っても色移りはないが、濡れたときのために薄めのウレタン塗り・耐水ペーパー400番での研ぎ出し仕上げを施した。

 濃いウォルナット色のログ壁前に置くには、ちょうど良い色合いになったようだ。また引き出しの把手に、長めの自然木をあしらったのもわるくなかった。

デッキ家具3種 ①テーブル

 屋根を架けたデッキ用に家具をつくりはじめている。屋根架け工事の完成パーティの予定でもあるので、その用意の一環でもあるが、工事のさいに伐採した杉板を何とか使ってしまいたいというのが第一の理由だ。


 ノートに3種類の家具を考えてスケッチした。これを設計図代わりとし、
①材料は伐採杉、あるいは屋根工事の残材を使用し、材料にあわせてサイズ変更する。
②追加の材料・金具は、なるべく買わず、塗装も手持材料を工夫する。
③家具にむかない針葉樹材なので、ビス止めを多用し、トゲが刺さらない程度の仕上げとする。

 というラフな制作ながら、家具づくりとなればいろいろ準備が必要だ。なにより物置と化した作業台を片づけねばならないし、去年ほとんど使わなかった自動盤を整備する。20数年前の中古の頂き物だが、まだまだ使える。可動部にグリスを塗り、刃の交換などに2日間も要した。

 まずは杉板の荒取りからはじめた。伐採した杉を梁に使い、残りを40ミリ厚に挽いたもので、長さは4メートル超もある。一番大きな材をつかうテーブルは、長さ1800ミリもあるが、引き出しがある小机や人が座るベンチにくらべると造作が単純なので、冬ごもりで鈍った体慣らしにちょうどよいだろう。

 屋根工事の束用の105㎜角で脚4本をつくり、幕板にする板は、たぶん屋根の鼻隠しにつかった残りだろう。ほかに自動盤で仕上げた野地板を用意した。

 本来ならホゾ仕上げだろうが、今回はポケットホールジョイントを使い、手早く組み上げてしまう。数年前の円高のころ、USamazonに注文したものの、まだ一度も使っていない。斜めに穴をあけ、ビス止めしたあとの埋め木も用意されている。
 最近では日本でも売られているようで、ボンドを併用すればかなり強力に接合できる。

 二枚を組み合わせたトップボード(甲板)は、ほぼ一年間、自然乾燥させているが、湿気を吸えば、当然、伸び縮みをくり返す。硬い広葉樹だったら吸い付き桟を使いたい脚部との接合には、長穴金具を駒止め代わりに利用した。
 この程度の長穴では間に合わないかもしれず、軟らかな杉とあってネジが抜けてしまう可能性がある。要修繕を覚悟しておく。

 問題は塗装だ。このまま白木にするかとも考えたが、余っているウォルナット色のステインを塗って汚れ防止とした。塗ってみると、想定外に黒くなってしまったのは、どうやら黒杉材だったのが影響したようだ。いまごろ気づいても手遅れだが、薄いウレタンを塗り、研ぎ出して仕上げた。

表紙づくり

久しぶりに電子書籍『無頼の辻』を配信することになり、その校正読みにようやく目処がたったころの話だ。東京からの帰りに東北道の羽生PAに立ち寄り、ふと思いついてデジカメ撮影をはじめた。この羽生PAは、池波正太郎さんの“鬼平の世界”を模したテーマパーク風が売り物で、あるいは時代小説むきの表紙づくりに役立つかもしれないと目論んだわけだ。

 ご覧のようにスナップショットばかりで、これを電子書籍の表紙に、というのはちょっと無理かなと思いつつも、とりあえず用水桶のショットを選んでみた。なんだか芝居の書割りみたいで、いささか迫力不足は否めない。そこですこし手を加えることにした。

画像加工ソフトと言えば、もちろんPhotoshopだろうけど、価格が数万円とあってはご遠慮申し上げ、いくつかの無料ソフトを愛用している。今回はすべてをJTrimを使って仕上げているが、その過程を箇条書きにしてみた。

①JTrimを起動→画像ファイルをドラッグ&ドロップ。画像が大きすぎるときは、Ctrl+F12で画面にあった大きさに変換してくれる。
②イメージ項目→切り抜き。横2:縦3の比率にトリミングし、1400×2100ピクセルにリサイズ。ちなみに表紙サイズに決まりはないが、iBooksでは1400ピクセル以上でないとエラーになるので、このサイズに統一している。
③加工→フェードアウトで周辺を暗くする。レベルが調整でき、足らなければ2度、3度と繰り返せばよく、編集→元に戻すで何度でもやり直せる。
また周辺を黒くするには、あらかじめ表示→背景色で黒を指定しておく必要がある。他の色を選択すれば、その色合いでフェードアウトする。
④カラー→ガンマ補正で濃度を補正したが、いろいろな加工ができるので試してみればよい。むろん編集→元に戻すで何度でもやり直せる。

⑤編集→文字入れ。題名を表示させ、フォントから書体(縦文字は@付きを選択)、サイズで大きさを指定する。表示された文字はドラッグで自由に移動できる。ほかに縦書、透過、文字色などの項目があるので適宜選択する。
今回使用した“鉄瓶ゴシック”は無料で使えるフリーフォント。ダウンロードすると自動でフォントに入ってくれる。
⑥OKをクリックして決定。あとは著者名、上下巻などの文字入れを繰り返せばよい。

そんなこんなで完成させてみた。最初のショットとは印象がかなり違っており、『無頼の辻』らしさの荒んだ感じになっていれば、まずは狙いどおりなのだが……。

どれほど面白くても読んでしまった本は買わない。面白そうだから買ってみるもので、それだけに表紙は大切だろう。内容をダイレクトに表現するより、意味不明ながら雰囲気を伝えるほうが効果的だったりする。とくに電子書籍の場合、販売サイトで表示されるのは、せいぜいが切手サイズ、ということを常に考えている。

『無頼の辻』は、大手出版のG研社と契約が終了し、加筆訂正を加えて「著者完全版」としての再登場です。博奕から抜け出せない男二人が中山道を行く、という全編すべて“博奕がらみ”という異色作。近日中に配信いたしますので、どうぞお楽しみください。