デッキ家具 ③ベンチ

 家具の中でも椅子づくりが一番むずかしい。座る人間の加重がいつもかかっているため、なるべく丈夫にしたいが、それでいて動かすこともあるので軽くしたい、という相反する要望を満たす必要があるからだが、あまり動かさないベンチなら比較的つくり易いかもしれない。

 また背もたれに角度がないと座り心地がわるいものだが、大きな背もたれが付いたベンチの作り方をネット情報でみつけた。
 1×4材(19×89ミリ)を斜めに切り、背後に貼り付けて角度をもたせる方法はなかなかに興味ぶかく、しかも1×4材を縦横違えて貼り付けるというのは、いわば集成材の強さを利用できる賢い方法だろう。くわしくはリンクを参照されたい。

 参照リンクより大きくつくることになり、貼り合わせるとは言え1×4材では、いかにも強度が心許ない、と手持ちの角材35×60ミリを利用することにした。幅と厚さが違うので、材料取りのサイズ変更に手間取り、貼り合わせるため細かな材料が多くなった。

 ボンドを塗ったあとビスで止めるが、ボンドが滑って位置が狂いやすい。クランプを上手に使って固定するといい。またビス止め部分が内側になるよう、左右対称に組み上げるほうが見栄えがよい。

 塗装には、手持ちのマホガニー色の外部塗料を使った。たぶん購入したものの、色合いが気に入らなくて未使用だったのだろう。「ま、いいか」と塗ってはみたが、やはり赤みがかったマホガニー色はどうも好きになれない。もっとも高級材マホガニーなど使ったことがないので、本物がどんな色か知らないので、あまり悪口は言えない。

 脚部を組み上げたところで塗装し、前もって塗り上げてある背板や座板を組み付けた。これらの板材を固定するビスは、ザグリ穴にしたほうが見栄えがよく、ネジ頭が引っ掛かることもない。

 とりあえず3種類の家具が完成した。予定したとおり材料は一切購入せず、手持ちの塗料を利用したため、費用は約1000円の一部金具代だけだった。そうしたケチケチ制作のわりには、それぞれ面白味のある仕上がりになったと満足しているが、やはり家具は、硬い広葉樹のほうが仕上がりがよく、作り甲斐があるなと思った。

デッキ家具 ②小机

 デッキ用の小机は、丸太を重ねたログ壁(柱間に丸太を落とし込むピーセンピース壁)の前に設置する。花を飾ったりするのにちょうどいいはずだし、引き出しもつくるので小物を収納するのに便利だろう。東西に2台つくることにした。

 脚部は角材と板を組み合わせ、テーブルと同じくポケットホールジョイントで接合する。その上にのせるトップボード(甲板)は、約40センチ×85センチの大きさが必要だが、うち一枚は貼り合わせになった。接合面を平らに削り、ビスケットジョイントを使って接合した。

 引き出しづくりは、材料も多いし、手間がかかる。前板の欠き込みは、ルーターを使えば簡単だが、ビットなどのセットが面倒なのでテーブルソーで切り落とした。底板を差し込む溝をミゾキリで掘り、組み上げには、ボンドとビスを使った。
 軟材を考慮して強力に接合するためだが、出来上がりに反りが生じたのは、ビスを締め付け過ぎたためだったらしい。

 引き出しの奥行きが30センチしかないため、つい引っ張りすぎて落下しやすい。そこで落下防止のため、奧板にこんな金具をビス止めした。立てると上桟に引っかかり、横に倒せば引き出しが抜け出せる仕掛けだ。

 塗装にコーヒー染めを試してみた。石鹸作り用に買い置いたインスタントコーヒーを濃いめに溶かし、ただ塗りつければよい。作業中、コーヒーのいいかおりが漂ってなかなかに快適だった。もちろん乾いてしまえば触っても色移りはないが、濡れたときのために薄めのウレタン塗り・耐水ペーパー400番での研ぎ出し仕上げを施した。

 濃いウォルナット色のログ壁前に置くには、ちょうど良い色合いになったようだ。また引き出しの把手に、長めの自然木をあしらったのもわるくなかった。

デッキ家具3種 ①テーブル

 屋根を架けたデッキ用に家具をつくりはじめている。屋根架け工事の完成パーティの予定でもあるので、その用意の一環でもあるが、工事のさいに伐採した杉板を何とか使ってしまいたいというのが第一の理由だ。


 ノートに3種類の家具を考えてスケッチした。これを設計図代わりとし、
①材料は伐採杉、あるいは屋根工事の残材を使用し、材料にあわせてサイズ変更する。
②追加の材料・金具は、なるべく買わず、塗装も手持材料を工夫する。
③家具にむかない針葉樹材なので、ビス止めを多用し、トゲが刺さらない程度の仕上げとする。

 というラフな制作ながら、家具づくりとなればいろいろ準備が必要だ。なにより物置と化した作業台を片づけねばならないし、去年ほとんど使わなかった自動盤を整備する。20数年前の中古の頂き物だが、まだまだ使える。可動部にグリスを塗り、刃の交換などに2日間も要した。

 まずは杉板の荒取りからはじめた。伐採した杉を梁に使い、残りを40ミリ厚に挽いたもので、長さは4メートル超もある。一番大きな材をつかうテーブルは、長さ1800ミリもあるが、引き出しがある小机や人が座るベンチにくらべると造作が単純なので、冬ごもりで鈍った体慣らしにちょうどよいだろう。

 屋根工事の束用の105㎜角で脚4本をつくり、幕板にする板は、たぶん屋根の鼻隠しにつかった残りだろう。ほかに自動盤で仕上げた野地板を用意した。

 本来ならホゾ仕上げだろうが、今回はポケットホールジョイントを使い、手早く組み上げてしまう。数年前の円高のころ、USamazonに注文したものの、まだ一度も使っていない。斜めに穴をあけ、ビス止めしたあとの埋め木も用意されている。
 最近では日本でも売られているようで、ボンドを併用すればかなり強力に接合できる。

 二枚を組み合わせたトップボード(甲板)は、ほぼ一年間、自然乾燥させているが、湿気を吸えば、当然、伸び縮みをくり返す。硬い広葉樹だったら吸い付き桟を使いたい脚部との接合には、長穴金具を駒止め代わりに利用した。
 この程度の長穴では間に合わないかもしれず、軟らかな杉とあってネジが抜けてしまう可能性がある。要修繕を覚悟しておく。

 問題は塗装だ。このまま白木にするかとも考えたが、余っているウォルナット色のステインを塗って汚れ防止とした。塗ってみると、想定外に黒くなってしまったのは、どうやら黒杉材だったのが影響したようだ。いまごろ気づいても手遅れだが、薄いウレタンを塗り、研ぎ出して仕上げた。

モニタースタンドを作る

 PC作業では、5年ほど前からデュアルモニターを使っている。その内の一台が赤っぽく映るようになった。とくに起動時がひどく、1分ほどすると通常にもどるが、その時間がすこしずつ長くなっている。調べてみるとどうやらバックライトの故障らしく、起動時の異常は初期症状のようだが、いずれは映らなくなってしまうのは必至だろう。

 一応修理を考えてみたが、もともとオークションで手に入れた中古機である。わざわざ修理代をかける価値もないように思われ、あるいは残った一台の寿命も近いように思えてくる。いっそ最新の4Kモニターにするか、と価格を調べてすぐさま撤退。やはり中古購入ということになった。

 手に入れたのはEIZO製の17インチ2台だが、ちょっと困った。高さ調節が足りずに低くならない。キーボードを収納できるよう自作の机上ラック(最近はデスクトップシェルフなどと呼ぶようだ)を使っているせいで、モニターが高い位置になってしまうのだ。

 キーボード歴30年以上になるのに、いまだブラインドタッチが修得出来ない身には、高い位置のモニターをいちいち見上げるのは非常にわずらわしい。モニターアームを使えばいいようだが、ぴったりした機種はみつからず、なにより費用をかけるのはよしとしない。ならば当然、作ってしまうのが一番の方法なのである。


 設計というほどのこともない。モニターの背後には、VESA規格のネジ穴が空けられている。EIZOでは10㎝間隔だが、サブ機のSONYモニターは7.5㎝だった。このネジ穴を利用し、端材+合板にL型金具を組み合わせたスタンドを取り付ければよい。

 取り付け用のネジ穴は、4M(ピッチ0.7)で深さ10㎜ほどに空けられているが、写真の場合、合板の厚さ5㎜を考えて、新たに4M×12ミリを用意した。トラス型かナベ型がよいが、なによりネジ山が一致していることが大切で、無理にねじ込んでモニター側を痛めないよう注意したい。

足場撤去と雨水処理

p1260001 %e8%b6%b3%e5%a0%b4%e6%92%a4%e5%8e%bb足場をようやく撤去した。もともとはデッキ屋根架け工事のためだったが、「足場があるのなら……」といくつも工事を追加することになり、とうとう半年ちかくも架かっていたことになる。しかしストーブ煙突の交換も足場のお蔭でずいぶん楽になったし、太陽光パネルの設置では、足場費用(約10%)がまるまる節約できた。

 先週に報告した結露による漏水も、足場機材がなかったら「しばらく様子を見ようか」ということになったろうし、予定になかった雨樋設置も、足場があればこその急ぎ工事だったわけだ。しかし見方をかえれば、ケチケチ精神が余計な工事を引きずり出したとも言えなくもない。

 足場があるために手が付けられなかった仕事もいくつかあり、その一つが雨樋の雨水処理なのだが、半年も放置してしまうと草刈りだけでもかなり大変。斜面を覆っていたセンチピート芝(ムカデシバ)は、伸び放題のほふく茎が固くなっているし、試しに植えたエリゲロン(源平小菊)もすっかり根付いて、このまま放置すれば斜面全体を覆ってしまうかもしれない。

collage_fotor
 雨樋の延長パイプを斜面に埋設するだけだから、工事そのものは単純。芝草をはがし、バックフォーで斜面を掘ってゆく。くわえ装置付きなので。大きな埋め石もすぐに撤去でき、パイプを設置して埋めもどし、はがした芝草を貼りつければ終了。約3時間ほどの作業だった。

結露20年か

 そろそろ足場の撤去か、と考えていたときの漏水だった。二階北面の書斎横のトイレの天井から、ぽたぽたと水が落ちてくる。量はワン・フィンガー(古い!)と大したことはないが、雨も降っていないよく晴れた日に二日もつづけて……。こりゃ何事だ……??

 とりあえず足場撤去は延期して、鈑金屋さんに電話をかけまくる。さいわいストーブの煙突塔を作ってもらった鈑金屋さん(川ちゃん)が手が空いていて飛んできてくれた。
「雨漏りが凍り、晴れて解けだしたのかもしれませんね」

 まずは足場作りからはじめたが、初日はこれで終了。本格作業は明日からということになるが、なにせ北面屋根だけに、霜が降りた朝のうちは危険すぎて登れない。
 お昼近くになって作業開始。もし雨漏りだとすれば、カネ勾配と4寸勾配をつないだ妻壁あたりと目星をつけていたが、横葺きのステンレスを剥がし、敷いてあるアスファルトシングルを取り除いてみても雨漏りの痕跡はまったくない。

「ここじゃないとすると……」
 と漏水付近のステンレスを剥がしてみる。野地板がしっとり濡れている。
「結露です。よくあることでさして問題はありません」
 すると漏水の原因は何だ? 野地板を剥がしてみることにした。

collage_fotor
 ちなみにわが家の屋根には、野地板と天井板の間に現場発泡ウレタンを吹き付けてある。60㎜ほどの断熱層だが、結露水はこのウレタンに阻まれて天井板まで届かないはずだ。現に野地板を一列だけ(合板じゃないのが幸いした)剥がしてみても、ウレタン表面に濡れた感じはない。

 はて? どうしたものか、と首をひねりつつ少し奥まで手を差し入れてみると、ピチャッと水の感触。指で探ってみると、ウレタン層の凹み部分に2㎝ほどの深さに水が溜まっている。写真は撮れなかったが原因はこれだろう。

%e7%84%a1%e9%a1%8c%ef%bc%8d%ef%bc%90%ef%bc%92
 結露した水は、ウレタン層を軒にむかって流れ、その途中でほとんどが蒸発する。ところがウレタン層の凹みにすこしずつ溜まり、限界を超えると、表面張力で盛り上がった水(ワン・フィンガー分)が流れて漏水する……という結論に達した。
 溜まり水(あるいは20数年分か)を取り除き、水が溜まりそうな凹みに発泡ウレタンを吹き付けておいた。いまのところ漏水はない。

a15-00 好評与一郎シリーズ第六弾は、いよいよ電子本のみの配信です。8月からはじまったAmazonのKU(キンドル・アンリミテッド)でもお楽しみいただけます。

急ぎの雨樋

p1250935 11月の大雪にはびっくり仰天。今年は英国のEU離脱や米国の大統領選などにずいぶん驚かされたけど、頭の片隅には「あり得るぞ」という思いもなくはなかった。しかし11月24日の積雪15㎝には、思わず「あり得ない」と叫んでしまった。

 デッキの屋根かけ動機のひとつは、積雪対策でもあった。多少の吹き込みはあったものの雪かきの必要がまったくなかったのは大いに助かり、目論見どおりの雪見デッキにほぼ満足した。翌日から晴天となって雪はたちまち融けてしまったわけだが、そのぶん雨だれが大量で、すこしの風に吹かれてもデッキを濡らしてしまう。これにはちょっと閉口した。

 これを解決するには雨樋しかないのだが、もし設置となれば足場があるうちに工事してしまうのが一番だろう。しばらく様子を見てからという選択肢には、足場費用を加えねばならないわけで、ええい、とばかりに雨樋設置に踏み切った。

 急いで出してもらった概算見積りは12~3万円ほど。むろん足場ぬきの金額だが、すぐには工事に入れない、というのは足場撤去のスケジュール(足場が邪魔している作業もある)が狂ってくる。となればセルフビルドするのが手っ取り早いし、安い、というのがいつもの決定パターンだ。

collage_fotor
 出来ればφ120の半丸にしたかったが、あいにく入手可能なホームセンターでは売っていない。φ105の半丸雨樋3.6mを4本購入。そのほかステン受け金具、竪樋、集水器などで合計¥35000ほど。

 取り付け工事はさほど難しいことはない。ネット情報を参考に2日ほどで終了したが、集水器の取り付け位置の穴開けにはちょっと苦労した。金ノコで切れ目を入れたが、簡単には曲がってくれない。寒さのせいか、力を入れすぎるとペキッと折れそうになるが、ガスライターで暖めるとすんなり曲がってくれた。

 完成して足場撤去となるはずだったが、そうもいかない事態が発生!

煙道システム交換

 わが家の薪ストーブでは煙道採熱方式を利用していた。煙突から外に逃がしていた煙りの熱を、二重煙突とファンを使って回収するシステムで、もともとはOMソーラーシステムに組み入れられる方式だった。ここにわかりやすく説明されています。

 石油ストーブ用に開発された方式を薪ストーブに接続する、というひどく冒険的な利用だったわけで、そもそも煙道の排熱を利用することは、煙道を冷やすことでもある。つまり煙道内に煤がたまりやすく、タール状に固まれば煙道火災の原因にもなる。
 そこで煤分の少ない広葉樹しか使わず、しかも2年ちかく乾燥させて燃やすようにしていた。それでも1シーズンに2~3回の煙突掃除が必要だったし、一度だけ、煙突接合部の煤が取り切れずに発火、ごく軽い煙道火災を起こしたことがあった。

 20数年間に一度の事故だったが、経年変化による劣化も考えられ、なにより安全が第一だろう、と薪ストーブ専用の煙突に交換することにした。新しい煙突では、排熱利用は不可能になったが、断熱によって煤がたまりにくく設計され、太さも150㎜(旧システムは105㎜)もあるので、煙突掃除は年一度程度でよくなるらしい。

a
 旧システムの煙突塔を外すと、断熱のロックウールにつつまれた煙道に異常はなかったが、その下の接合部分にはかなりのタールがたまっていた。さらに多くなれば発火ということも十分考えられただろう。やはり交換して正解だったわけだ。

 ところが煙突塔の位置があわない。細い旧煙突ならともかく、このままでは太い新煙突は設置できないことが判明。結局、煙突塔から作り直すことになり、屋根鈑金をはがすという工事になってしまった。
 新煙突はかなり重く、保持金具も頑丈なものを使用している。室内に入れた煙突とストーブの接続は、部品が足らずに翌週に工事することになった。

 それにしても20数年前のセルフビルドでは、煙突塔の位置違いを、煙突を曲げて接続することでごまかしていたわけで、よくぞ事故にならなかったものだ、と大いに反省している。
 

そろそろ終了

 かかりっきりだったデッキ屋根架けもそろそろ工事終了となるが、冬の間に計画され、春の訪れとともに開始する、というのはいつも通りのパターンだった。

 マイナス10℃の寒さに閉じ込められ、何もかもが停滞する季節に、ただ一つ〝妄想〟だけが活発に動きまわる。多くの小説はそうして書きはじめられるが、ときとして身の丈をこえたプロジェクトに発展し、主屋建築のように数年がかりという場合もあったりする。三か月ほどで終了するなら、ごくごく順調だったのだ。

 順調といいながら、低い足場で油断したのだろうか。うっかり足をすべらせ、パイプで胸を強打してしまった。どうやら肋骨にヒビを入れたらしく、以来寝返りも打てないほど痛むのをのぞいて、おおむね作業をエンジョイし、仕上がりも計画(つまり妄想した)通りで、周囲の評判もわるくないようだ。

FotoJet Collage
 あとは屋根屋さんのガルバリウム鋼板工事のほか、南側にズラリとならべたプランターの植栽、さらには西側に薪を積み上げる作業をすすめることになるが、ちょっとめんどうなのが解体残材の始末だろうか。さらには広くなったスペースに、小洒落たテーブルや椅子でも作ってみるのも楽しい……。

 そうした気配を感じたらしい奥さんが、カウンターチェアをネットで早々と購入する。当然のようにやや不満であるが、
「すぐ作ります」
 と宣言したはずの食器棚や靴箱の完成が,主屋建築の15年後になった前科があるので、まったく反論できないでいる。

デッキ屋根架け⑥

 南面の柵を作る前に古い土台部分の掃除と塗料塗りをおこなった。なにしろ20数年前につくった土台だから、青く苔むしている。丸太に防腐材を特別に注入したもので、まだ腐っていなかったのが、今回の屋根架け工事を強行するきっかけになっているわけで、苔を丁寧にそぎ落として塗料をたっぷり塗り、雨に濡れないよう庇でカバーすることにした。

 もちろんセルフビルドする。当初のデザインでは、フランス製の波板(オンデュリン)を使うつもりだったが、宇都宮のホームセンターで実物を見たところ、さほどピタッと感じない。ならば、とB案を採用することになった。

P1250359 田舎暮らしの方ならご存じだろう。使用材は、田んぼの畦の水漏れ防止用の「あぜ楽ガード」だ。リサイクルプラスチック製のエコ商品で、格段に安価なのに加えて10~15年の保証付というのもたのもしい。じつは数年前から薪棚の雨除けに使用していたもので、本格屋根はともかく庇程度なら十分仕える、と前々から考えていたのだ。

南面の庇
 40センチの「あぜ楽ガード」を二段に張りつける。木造下地にはステンビスで留め、オンデュリンのネイルカバーを使えば、ちょっとスタイリッシュになったように思うが、
「まさか屋根に……」
 と製造メーカーもびっくりしているかもしれない。

 工事の合間をかいくぐって『二河白道』をやっとこさっとこ配信にこぎつけた。なにしろ400字詰め2400枚超のやたらの長編なので、読み返すのも一苦労。そこで「読み人知らず」ならぬ、「読み人おらず」の声しきりの作品です。