ルーターテーブル自作②

 テーブルトップ(天板)につづいて脚部を作る。タモ材と杉板を組み合わせて横パネルとし、横桟・縦桟を同じくタモ材で作り、引き出しや扉を取り付ける骨組みとした。

 天板と接する上部の横桟は幅広にし、縦・横の接合はホゾではなく、ビスを利用するポケットジョイントを使う。幅広は2か所、その他は1か所止め。もちろん見えない裏側でジョイントする。

 また横桟は2ミリほど薄く仕上げて、縦桟とは小さな段差をつけた。この仕上げを「ちり」呼び、カンナを多用して直線で構成する和風木工の特長であろうか。くらべて段差をつけずヤスリで仕上げれば、どちらかといえば曲線加工にむいていて、いわゆる欧風の木工技術ということになる。

 上の写真のように横桟の下にスペーサーを置いて組み付ければ、「ちり」を同じ寸法に仕上げやすい。

 パネルとした杉板は、どこかでもらった天井板。汚れていたのでオイルステインで黒く染色。裏側にはめ込み用のみぞを彫り、釘止めとした。

 引き出しや扉を取り付ける骨組みも、見えない部分でのビス止めだが、寸法が狂わぬよう注意が必要。面倒だが寸法に切った木片(バカ棒)を用意したり、下穴をあけるようにすれば、狂いや割れがかなり避けられる。

 完成した脚部に天板を乗せ、さらにルーターをセットして、動作などに支障がないことを確かめる。しかし天板を固定するのは、引き出しなどの加工・組み込みを終えた一番最後にする。

 このとき骨組み部の寸法をきっちり測っておく。例えば引き出しの寸法など、一つひとつ違ってしまうこともあり、部材づくりのさい調節することも忘れないようにする。

 引き出しや扉は部材が多く、出来栄えのほとんどは部材づくりが決定する。寸法の正確さとともにキズや汚れを避けた木取りを心掛けたいが、自分が使う道具だからさほど気にしないのが私流だ。
 たとえばナラ板4枚を組み合わせた扉はビスケット接合。はめ込むのはヤギ小屋の窓につかったプラスチック段ボールの残りだし、同じくナラ材を加工した引き出しの前板は、細めのフロア釘で止めるといった具合だ。

 技術追及に熱心な木工愛好家だったら、「折角だから」とUS amazonで一緒に購入したダブテールマシーンを使い、高級感あふれるダブテール接合にするだろう。いやいや、原理主義者はそんな機具は使わない。手鋸とノミだけで仕上げてしまうのかもしれない。

ルーターテーブル自作①

 歴史的円高のころ、気分転換にUS.amazonで買い物をしたことがある。例によって原稿が進まないのが原因だったが、その当時、日本中の物書きが同じような状況に陥っていたにちがいない。ともあれ超円高に悪乗りしてルーターを買ったのだ。

 手持ちの古いルーターは、母屋建築にも使用した8ミリ軸で、中途半端のうえビットの種類も少なく、いずれ買い替えだろうと考えていた。はじめは国産の12ミリ軸が候補だったが、ビットの種類からいえば、断然1/2インチ軸(12.72ミリ)となるわけで、試しにUS.amazonで調べたところ、ひどく安い。しかも1ドル80円弱の円高なのだ。エイヤッとばかりにクリックした。

 購入したのはPorter Cable 890。ルーター本体のほか、ビットセットやルーターテーブル用のインサートプレート、フェザーボード、さらにはダブテールマシーンなどを一括して送ってもらった。航空運賃・税金などに1万円弱がかかったが、国産のルーター本体とほぼ同価格だった記憶がある。

 ぶじ到着したものの、地下室にそのまま放置した。書く意欲がやや復活し、おまけに著作の電子書籍化を始めたという事情もあるのだが、それは別の話で、とにかく5年以上眠ったままのルーターをなんとかしなくてはならない。そこでルーターテーブル作りからはじめることにしたのだ。

 前置きがすっかり長くなった。製作にもかなり日数を要したので、数回に分けての投稿になりそう。相変わらずの図面なし、スケッチをノートに書いて製作をすすめるが、当然、その場での変更があるだろう。

 テーブルトップには、平滑性のよいMDF材が多く使われるようだが、20ミリ以上の厚みが必要。手持ちのタモ集成材を(25ミリ厚。以前テーブルに使っていたものを900×600ミリの大きさにカットして)使い、まずインサートプレートのはめ込み加工を行った。

 プレートの大きさに合わせて合板でテンプレートを作り、ストレートビットで必要な厚さ分を彫りこむ。購入した新ルーターにはテンプレートガイドがないようなので、古い8ミリルーターを使用した。
 ルーターの切削加工には、刃の回転に応じた方向がある。使い方を成熟して慎重に行おう、などと偉そうに書いてみたが、プレートの支え分を計算して、裏から切り落としたところで大失敗……。
 プレートを固定するねじ止め分を残さずに切断している。仕方なく三角片をビス留めする羽目になった。

 フェザーボードを取り付けるTスロットトラックは別途購入。彫り込む幅3/4インチ用のビットは、US.amazonで買ったビットセットに入っていた。そこで新ルーターを初めて使用した。
 英文マニュアルを苦労して読みつつ、切削深さを三度にわけて加工した。

 新ルーターの使い心地はわるくない。パワフルながら始動のなめらかさに感心。とくにルーター上部に突きだすスイッチは、刃先を上にして置けば、自然とOFFになる仕組みがいい。重いルーターを保持しながら片手でスイッチ操作をしなくてすむのは、じつにありがたかった。

サイクロン集じん機

 斜面に建っている母屋の半分は、高い基礎を利用した半地下室になっている。本来は工作室としてのスペースだが、使った道具を置きっ放しにするため、いつの間にか物置と化してしまう。きちんと整理さえすればよいのだが、なかなかそうはいかない。
「やはり作るか。そんな掃除道具があれば、すこしは片づける気になるだろう」

 などと思ってしまう癖が私にはある。机にむかっていて何も書けないからと、原稿用紙を変えたり、万年筆を買ってみたりした若いころからのわるい癖だが、もう治らないだろうし、治す気持ちもないので、やはり作ることにした。

 作るのは前々から興味があったサイクロン集じん機だ。自作パーツが通販サイトで案外低価格で売られていたのが購入動機。つづいて連動スイッチ付の集じん機をオークションで探し、送料込み1万円弱で落札した。

 さほどの自作部分はない。サイクロンのゴミ受け容器(母屋建築に使ったチンキング材の容器)の蓋として、厚みのある木質ボードをトリマーで丸く切り抜き、パッキン代わりに自己融着テープをぐるりと巻き付ける。つづいて合板に車輪を取り付けてサイクロン部と集じん機をセットする。なるべく大きな車輪のほうが、床のコードなどの障害物を乗りこえやすいだろう。

 古い掃除機のホースを利用するため、接続アダプター探す必要があるが、適当なものがなく、あっても価格が高すぎる。いろいろ考えたすえ、手持ちの塩ビパイプをテープで固定し、いま一つは灯油用の注入パイプ(ホームセンターで約200円で購入)を利用した。

 作動テストの結果はわるくない。使用する機具のワット数を考え、連動スイッチを弱にしたせいか、吸い込みが多少弱いようだが、使用にはほとんど問題ない。吸い込んだ切りくずは、すべてサイクロン部に収納され、集じん機本体にはまったく入っていなかった。

 この結果を受けて地下室の整理を行ない、この集じん機セットを接続したルーターテーブルの自作に取りかかる予定にしている。

ぶどう棚

 冬に植えたぶどうの苗木が順調に芽吹いている。一年目にどれほど育つかわからないけれど、つるを保持する支えを作らねばならない。いわゆる“ぶどう棚”だが、とくに東側は、加工写真のように日除けが主目的なので、そこのあたりを考慮する必要がある。

 材料は、ビニールハウス用の鉄パイプに決め、農業資材店で22ミリ径を購入した。接続用に加工してあるのが便利だが、長さが5.4メートルもあるので軽トラで運べるよう切断してもらった。
 パイプはT型の接続パーツなどを利用して組み立てる。ハウス用なのでさまざまな組立パーツが用意されているのも重宝する。そのほか資材店では切断機を使っていたが、設置場所で切断できるよう小型のパイプカッターを別途購入。

 まず設置場所の短く切った足元パイプを叩き込む。斜面に設置するときの高さは、この足元パイプの長さで調節すればよいが、叩き込むとき変形しないよう当て木を使うのを忘れないこと。
 あとは鳥居状に組み立てたパイプを差し込めばよいのだが、この作業だけは一人ではチョイとむずかしいため奥さんに手伝ってもらう。余談ながらわが家では、こうした手伝い作業のとき「猫の手、お願い」と声をかければよいことになっている。

 パイプの固定は、叩き潰した先端に穴を開け、ログ壁にネジ止めする。はしごに乗っての作業や、軽トラを利用して足場を作ったりと、このあたりが苦労のしどころだった。

 それにしても100円ショップ”ダイソー”で購入したパイプカッター。わずか400円ながらけっこう使えるのにちょっとビックリ。万力に固定したパイプにセットし、回転させるたびにネジをまわして刃先を締め、さらに回転させると、およそ20回転ほどでポロリと切れてくれる。イボ付軍手の手万力でもさほどの苦労なく切断できた。

猿来襲

「来たわよ。やられたわ」
「え?」
「猿、ジャガイモ全滅よ」
 起き抜けに奥さんから告げられ、あわててデッキに出てみる。その惨状に声もない。
朝早くにあらわれた一群の猿が、よってたかってジャガイモを朝食としたらしい。
「かわいい小猿もいたわよ」
 とたまたま来客していた女性カメラマンが撮影したらしいが、口惜しさのあまり写真を見るどころではない。
 そうした失意を乗りこえての臨時投稿ゆえ、来襲状況をくわしく述べる気にもならないので奥さんのブログでどうぞ。

「やれやれ」と気をとりなおして荒らされた畑を片づける。茎を引っこ抜いたあと、イモを掘り出した形跡があるが、穴はさほど深くはない。
「このぶんなら少しは残っているか」
 とかすかな期待をこめて掘り起こしてみると、結果、予想外の収穫だった。

 今年はマルチを張り、芽欠き・土寄せをちゃんと施したので、ことのほか生育がよかった。梅雨が明けて地面が乾いたころ収穫か、と思っていたところ猿に先を越されたわけだが、どうやら早く実ったイモは深いところで成熟したおかげで被害をまぬがれたらしい。
「猿害がなければこの倍はあったろう」
 といくぶん口惜しさがこみ上げてくるけど、あんがいの収穫量に気分はわるくなく、隣に植えた収穫前のズッキーニに被害が及ばなかったのは幸いだった。
 ただし、こんな湿気った時期の収穫だけに長く保存はできない。この先ポテト料理を増やすことになるだろう。

パンク修理

 車に乗るようになって50年以上にもなる。初めて運転した車はヒルマン・ミンクス、いすゞ自動車がノックダウン生産していたイギリスの車で、こんもりとした車体に品があり、変わったギァ操作するおもしろい車だった。
 まだ十代のころ、カメラマン助手として入社した会社の重役が所有し、終業後に車ごと運転貸しコースに付き合ってくれた。そんないい時代もあったのだ。

 一ヶ月ほど練習して東京・府中にある運転試験場で直接受験したが、1回目はあえなく失敗。たぶん法規(運転の実地、法規、構造の3項目の試験があった)をやり直したはずで、二度目でなんとか合格。そのころは教習所も少なかったので、こんな方法で免許を取得する人が多かったのである。

 必死に倹約して中古車を買い、そのころ評判のホンダN360をローン購入したあと、箱型スカイラインなどのスポーツタイプの車を何台か遍歴したが、田舎に移住するころにはもっぱら四駆車を愛用。長距離使用が少なくなった現在は、スズキ・ハスラーに乗っている。ホンダN360以来、約50年ぶりの軽自動車だが、その性能アップにはおどろかされる。
 イタリア・ミラノの有名自動車デザイナーが、日ごろジャパン・コンパクトカー(つまり軽自動車)を愛用、とネット情報にあるが、この性能ならあり得るなと思わせる話だ。

 むかしはタイヤのパンクが多かったものだが、舗装がすすむにつれて激減し、路上でのタイヤ交換など30年以上も経験していない。もっとも自宅をセルフビルドしたころは、敷地内に落ちていたクギやビスを拾って何度かパンクさせてしまったが、つい先日、ころがっていたビス付の木片を踏んでパンクさせてしまった。草刈りのさい柵の腐食部分を外れたのを放置していたのだ。

 ところが最近の車にはスペアタイヤが搭載されていないのである。おそらく燃費向上のための軽量化の一環で、代わりに修理キットと空気入れが用意されており、説明書の細かい文字を苦労して読みつつ修理を実行した。

 基本的にはむずかしい操作はない。刺さったビスを抜いたあと、バルブを外してよく振った修理液を注入し、バルブをもどして空気入れをバッテリー駆動させればいい。小型の空気入れだけに規定の空気圧まで10分ほどもかかり、空気に押された修理液が穴を塞ぐ仕組みになっている。
 つまり損傷部分に修理液がきっちり届くよう真下にする必要がある、と気づいてやり直した。空気が入りだすとジブジブと白い修理液が滲みだし、やがて穴が塞がれるにつれて空気圧が上がってくる。

 修理後はすみやかにタイヤ修理に持込むよう説明書にも記載されている。あくまで応急処置なのであろう。しかも今回の損傷は、側面に近いゴムが薄い部分のため修理不能とのこと。いまのところ空気漏れはないが、高速走行時に漏れでもしたら危険なので、新品タイヤと交換することにした。