今年の種採り

 だいぶ秋めいてきて菜園の作物もすっかり様変わりしている。暑いさなかにがんばってくれた夏野菜たちも収穫をすませてしまうと、主役の座を秋ジャガイモやサトイモにゆずるしかない。黒マルチをはがし、畝の苗を引きぬき、枯れたツル棚の片づけると、毎年の例にならって種採り作業ということになる。

 ピクルス・キュウリは、こりこりと締まった果肉が好ましいので、わが家の固定種として毎年栽培している。もっともピクルスはすこし飽きぎみになり、今年はぬか漬けなどにして食している。こんな小さなうちに収穫するけど夫婦二人の食卓にはちょうど良く、真っ盛りには食べきれないほど採れてしまう。

 ツル棚を片付けると、雑草に覆われた黒マルチに大きくなったキュウリがごろりと寝ている。タネ用に一つだけ取り残すのだが、気がつくと雑草にまぎれていた収穫しそこないがあちこちに転がっているのだ。

 よく追熟した実を選び、中の種を取り出して包んだ果肉(ワタ)を水でよく洗う。このワタ部分には発芽抑制物質がふくまれているので、これを指でこそぎ落とすように洗い落とすのが肝心。
 よく洗った種を水に浸し、沈んだ種だけを選んで新聞紙などにひろげて乾燥させる。こんな方法で10年近く自家採種している。

 バターナッツもわが家の固定種だ。ひょうたん型の下のふくらみを割って、スプーンなどでワタごと種をえぐり取り、よく水洗いしてワタを取り除く。ついで水に浸してキュウリ同様、沈んだ種を採種してきたのだが、どうしたことかキュウリとは逆で、カボチャは浮くのが良い種とする情報がある。
 あわてて調べなおしてみると、いや、ちがう。キュウリと同じく、沈んだ種を残し、浮いた種を取り除く、とする情報もあったりするのでちょいと混乱。

 このあたりがネット情報の限界なのだろう。もうすこし調べて民族学でいう重出立証法的に決めてもいいが、いっそ両方とも保存し、来春の種まきを経た結果をみる、というのも面白いかと思った。

 苗を購入したミニトマトが美味しかったので、ついでに採種してみた。熟しすぎたり裂けたりしたトマトを割り、種をスプーンなどですくい取り、よく洗って乾燥させる。ゼラチン状のヌメリが洗いにくい場合は、数日放置して発酵させるとよいらしい。
 ただしこのトマトは、苗で購入しているので、はたして登録品種かどうか不明。もし登録されていたなら、あるいは法律違反となるのかもしれない。

 今年の冬季オリンピックのさい、カーリング選手が食べたイチゴ事件以来、種苗流出に神経をとがらせた農水省は、どうやら自家採種の原則禁止を検討しはじめたらしく、これについてもくわしく調べる必要があるだろう。

 もうひとつ生食ソラマメも自家採種してみたが、発芽に自信がないので市販種を購入してある。袋に登録品種の表示はないようだし、うまく発芽すれば、わが家の固定種として毎年の種採りに加えるつもりだ。
 またズッキーニやコリンキーも栽培したが、両方とも購入したF1種なので採種はしなかった。

坂道のアプローチ

 玄関前の坂道アプローチは、どうしても冬の時期に痛んでしまう。直接の原因は、霜で地盤がゆるんだところに、主屋裏への薪の積み込みや灯油配達のトラックの通路となるからだろう。車幅にあわせてコンクリート舗装してあるけど、往々にして道を外れて路肩を崩してしまうのだ。

 そこで路肩に石を積み、土を運びいれて補修し、ついで道標を立てたのは、舗装通路への誘導のつもりだが、効果のほどはわからない。
 そうした工事をすませたのは、まだまだ寒さがのこる春先のことだが、あとは斜面全体をセンチピートグラス(ムカデ芝)で緑化し、きっちり根張りさせて崩れ防止とする計画だった。

 草丈が25~30センチと低いところから放牧場への導入を決めたセンチピート芝は、評判どおりに雑草抑制と草刈り回数減に効果的だったが、予期しないモグラ忌避効果にはちょっとびっくり。ゴワゴワした硬い根っこなのか、あるいは臭いでもあるのか、とにかく繁茂した部分にモグラの穴や土の盛り上がりを見かけたことがない。

 一方、欠点がないではない。まず初期成育がおそろしく遅いのだ。発芽に時間がかかるうえ、せっかく苗を植えても雑草の陰になってしまうと枯れたりする。そのため生育期には日当たりを確保するため。ひんぱんに雑草刈りをする必要があり、そうした手間暇を3年間ほどもかけて放牧場が完成している。

 そして種が高価なのが最大の欠点だろう。第一、補修したアプローチに種から育てたのでは時間がかかり過ぎるし、ピット苗を利用すれば手早いけれど、さらに高価で手がだせない。そこで挿し芽による苗づくりを試みたが、なにしろ猛暑だったので作業がすすまず、計画どおりの緑化というわけにはいかなかったのだ。

 ところで今年は、放牧場の一部を(17歳の山羊が天寿をまっとうしたため)畑に転用するのだが、はがしたセンチピート芝を移植してしまえばいいかと思いついた。いわゆる張り芝作業と同じだったが、ふつうの芝のように上手にはがせず、すぐにばらついてしまって扱いにくかった。
 挿し芽のさいに述べたようにセンチピート芝はランナー(匍匐茎)で増殖するので、地下茎でつながっていないためだろう。さらには密に生えた根が土を大量にくわえこんでいるためひどく重く、スコップではまるで歯が立たない。バックフォーを使って慎重にはがし取り、土を叩き落としてから運ぶ、というちょっとした重労働になってしまった。

 しかし張り終えてみればわるくはない。このままうまく根付いてくれれば、来年の芽吹きどきにはきちんと緑化されているにちがいない。

おまけのトピックス
 袋栽培している秋ジャガイモがだいぶ成長したので、土寄せと追肥、猿対策の袋閉じの作業を行った。しかし種イモ栽培のほうだけで、挿し芽のほうは成長が捗々しくなく、この調子では収穫までたどりつけないかもしれない。

長音記号のバグ

 2018年の猛暑の夏は、ほとんど毎日、地下室冷気と冷風除湿機で涼しい一階の和室に逃げこんでやり過ごしたが、ここに置いてあるサブ・パソコンは、10年以上前のHP製ビジネス機。win7搭載済みを再生パソコンとして購入したのは、デュアルモニター用に2画面可能モデルだったからで、win10への無償アップグレードを経て、かれこれ7年ほども使用している。

 かように古い機種だけに、すべての動作がもっさりしている。加えて2GBというメモリではいかにも戦力不足なので、いまさらながらと思いつつ、オークション入手したPC2-6400 2GB×4 計8GBを増設した。

 取り付けてみると、システム表示では8GBを認識しているのに、3.23GBしか使用されていない。原因はOSが32ビットになっているためで、すっかり忘れていたけどwin10の無償アップグレードのさい、そのまま32ビット版に移行してしまったのだ。
 その右に表示された「x64 ベース プロセッサ」は、AMD社の64ビットCPU規格をあらわしている。つまり64ビットOSに対応しているわけだ。

 64ビットへの移行は、win10をクリーンインストールする必要がある。当然ソフトやアプリをすべてインストールし直さねばならないわけで、このあたりが面倒だが、この際だからと決行することにした。
 じつは今年の春、バージョン1803にアップグレードをすませたところ、その後にバグが判明した。そこで以前のバージョン1709にもどしたいのだが、すでに「以前のwindows」は自動削除されてしまって復元が不可能だった。

 バージョン1803には、長音記号が縦組み表記で横に寝てしまう症状がある。小説などの文章作成では欠かせない縦組みだが、日本どくとくの表示だけにOSと相性がわるいのか、どうかするとプログラミングのミスが起こってしまうようだ。とくに長音記号は、欧文にはないためか不都合を起こすことが多く、win7の時代にも同じようなバグがあったし、Linuxのubuntuでも長音記号が他の字に変換されたりした。そのたびに日本人研究者が提供するパッチをあてて凌いできた覚えがある。

 もっとも今回のバグは画面表示だけのもので、印刷やEPUB変換しても現れない。その意味では実害はないのだが、どうにも気分がわるい。そこでいっそクリーンインストールしてしまえば、古いバージョンになるのではないか、と考えた。

 クリーンインストール自体は、動作の早いUSBメディアでISOファイルをつくってあるので3~40分程度ですむ。インストールの方法はいくつも発表されているし、途中プロダクトキーを求められても、再インストールなので「プロダクトキーがありません」を選択すれば、ちゃんとデジタル認証されることになっている。

 インストール後は、メモリ使用量もきちんと増加し、目論見どおりバージョン1709になってバグはすんなり解消されたけど、ソフトやアプリのインストールに丸一日も費やしてしまった。


 ちなみにwin10は、半年ごとにローリングリリースされるので、間もなくバージョン1809が提供される。たぶんバグは解消されるだろうから、今回の作業は無駄骨になる可能性が高いけど、(メイン・パソコンを10月5日にバージョン1809にアップしたが、長音記号バグは修正されていなかった)ソフトやアプリの多いメイン・パソコンのクリーンインストールだけは、万が一にも勘弁してほしい。それともソフトやアプリをバックアップするような方法があるのだろうか。

秋ジャガイモの栽培②

 秋ジャガイモの植え付けは、猿対策用の袋栽培と決めている。この袋栽培についてはサツマイモで先行テストを行い、いまのところ順調に推移している。
 まずはその報告から……。

 ヤギ小屋近くと主屋裏にそれぞれ10数個の土のうを置き、6月初旬に植え付けてみたが、見た目の成長はわるくない。サツマイモは葉ばかりが繁りすぎると「ツルぼけ」となってイモが大きく育たないらしいから、この程度でよいのではないか。

 どちらの土のうも猿が近づきやすい場所だが、まだ荒らされた様子はない。とくに主屋裏は落花生と隣りあわせに植えてあり、1,2度あらわれた「はなれ猿」にほじくり返されて、「ゆで落花生」を楽しみにしていた奥さんがひどく悲しんでいたけど、袋栽培のサツマイモには手を出した気配がない。

 隣家のサツマイモ畑では、猿が掘り起こしたらしい状況が見られる。たぶん同じはなれ猿の犯行だろうし、十分食用に値するイモと見てかじったのだろうが、奇妙な植え方をした袋栽培には手を出し難かったものと思われる。

 そうした状況に心強くして秋ジャガイモを植え付けたが、自立しない土のう袋に土を入れるのが、あんがい面倒だ。災害マニュアルでは土のうづくりは二人一組でと書いてあったり、土のう袋を自立させる「袋スタンド」なども販売されているが、古いペール缶でこんなものを作成してみたところけっこう使える。

 ガソリンスタンドで無料入手したペール缶は、バケツ代わりに重宝しているが、すぐにサビて底に穴が開いたりする。それを利用して底を抜いたものだが、もちろん底を切りやすい樹脂製のバケツでもかまわないだろう。ただしペール缶ほど取っ手がしっかりしていないので、壊れやすいかもしれない。

 秋ジャガは、芽出しをした種イモと、成長した芽を挿してテスト栽培する。10センチほど折り曲げた土のうに土を入れて植えこんだが、ズッキーニを育てた畝の土を利用。酸性土でよいので石灰はなし、元肥もほどこしていない。
 苗の周囲にまいたモミ殻燻炭は、ネキリムシ除けだが効果のほどはわからない。

 イモから分離した苗は、期待したほど成長しておらず、ぶじに育つか心配だが、このまま植え付けてしまう。そして苗高が10センチを超えたころ、土寄せと追肥をほどこす予定だ。そのさい袋の折り曲げをもどして土寄せの余地をつくるわけで、その作業後に、苗の根元部分で袋を閉じてしまう。

 これが袋栽培の主たる目的。たとえ猿どもが苗をひっこ抜いても土の中で育ったイモまでは抜けないし、手を突っこんで掘り出すこともできない。もちろん紐の結びを解く、という能力を猿どもが取得すれば別だけど、それはそれでおもしろい結果だろう。

 とにかく猿どもには、苗を抜いてもイモにはありつけない、と経験させることが第一の眼目。はてさて結果は……。続報をご期待ください。

秋ジャガイモの栽培①

 相変わらず残暑がつづいている。今年は「暑くなるぞ」と予想して、いつも遅れるジャガイモの植え付けを早めたり、窓用エアコンを導入したりと暑さ対策をいろいろ考えた。その予想はドンピシャリだったわけで、ほぼ毎日、エアコン部屋に逃げ込んで「異常な夏」をやり過ごした。
 いまや異常は通常になりつつあるようで、地球温暖化をいよいよ実感する。

 一方、早植えしたジャガイモも順調に成長したが、相次ぐ猿来襲にあえなく全滅。そのリベンジとばかり、かねてからの猿対策のつづきと温暖化を逆手にとっての「秋ジャガイモ」に挑戦することにした。

 日光のような寒冷地では「秋ジャガ栽培」は無理とされていた。平地よりひと月ほども初霜が早く、3ヶ月はかかるジャガイモ栽培はあきらめていたのだが、この温暖化でたぶん初霜も遅くなるなるだろう、と都合よく解釈。「秋ジャガ栽培」にむいた品種「デジマ」をネット入手した。

「秋ジャガ」の種イモは、暑さで種イモが腐りやすいので切らずに一個丸のまま、涼しくなり始めた8月下旬に植え付ける、とのネット情報を受け、それならばと考えたのが、雑誌「現代農業」に紹介されていた「ジャガ芽挿し」栽培法だ。

 本来なら摘み取ってしまうジャガイモの脇芽を利用する栽培法で、種イモ一個から何本もの芽を育てるというユニークな方法。その種イモを涼しい地下室で発芽させれば、早めに植え付けても腐らないだろうし、成長した苗なら暑さに耐えられるのではないか、との思惑から始まったのだ。

 入手した種イモ6個(500㌘)を大きめのポットに入れ、洗い砂と籾殻燻炭を半々に混ぜた用土で植え付けた。軽い土質が根張りに効果があるようで、種イモが腐らないよう用土に水はやらず、湿った程度でよいらしい。
 半地下の作業場は25℃前後に保たれている。ポットを置いたのは8月上旬、およそ2週間で5~6センチほどの長さの芽に成長した。

 種イモから芽の部分をもぎ取る。絡みあった根を切らぬよう、慎重にほぐしながらポットに移植し、たっぷりの水をほどこした。
 種イモには芽を一つ残し、ふたたびポットに植え込んでおき、いますこし芽を成長させてから、通常の種イモ栽培をおこなう。同時に「芽挿し」と「種イモ」栽培のテストができるわけだ。

 ちなみにジャガイモは、25℃以上の気温では成長がとまるようだ。そこで挿し芽用、種イモとも地下室に置き、LED電球による人工照明を試してみた。
 その効果があったかどうか。また2週間後の芽の成長が、早いのか遅いのかもわからないし、あるいは用土の良しあしがあるのかもしれない。ともあれテスト栽培なのでこのままつづける。前述の「ジャガ芽挿し」情報では、いますこし大きい芽のようだが、そこまで待たずに植え付けることにした。

 もちろん、かねてからの猿対策、つまり「袋栽培」を再度試すことになるが、そのくわしい様子は次回に掲載する。また先行している「サツマイモの袋栽培」についての中間報告もあわせてお伝えしよう。