挿し芽いろいろ

 基本的にケチ、加えてせっかちだと自覚している。挿し芽(挿し木)好きの大もとは、そうした性格が影響しているにちがいない。
 とにかく芽を挿すのだから、自家採種とおなじく費用はかからず、発根に多少時間がかかるといっても播種、発芽と比べたら大幅に短いし、苗を世話するような苦労はない。なにしろ発根さえしてしまえば、もう一人前の植物なのだから手間いらずなのがよい。

 毎年やっているのがトマトの脇芽挿し。成長を阻害する脇芽をつんでしまうのが、トマト栽培のコツのひとつだが、その芽を発根させて利用するのだから一石二鳥。とくに実となる花芽のすぐ下の脇芽は、成長が活発で発根しやすい。

 10㎝ほどになった脇芽を取り除き、水を吸いやすいよう斜めに切り、水あるいはバーミキュライト、またはパーライトを入れた容器に挿しておく。ときおり水を足し、あるいは入れ替えてやれば2~3週間ほどで発根する。あとはふつうの苗と同じように土に植え替えればよい。
 そうして発根させたトマト苗は、当然のように一か月ほど遅れての収穫になるが、家庭菜園ではいちどきに収穫するより、ほどほどの量を長く収穫できるほうがありがたい。

 挿し芽・挿し木はほとんどの植物で可能らしい。たとえば今年の寒さで戸外に植えたローズマリーを枯らしてしまった。かろうじて残った小さな一本から枝を切り取り、挿し芽しておいたらひと月ほどで発根した。小さな元の一本も枝が増えたので、あと3本ほど挿し芽しておくつもりだ。

 エリゲロンもそうして増やしている。1~2㎝のちいさな花をいっぱいに咲かせ、しかも5月~10月までと花期が長いのがよい。また日当たりのよい乾燥気味の場所を好むのでヤギ小屋の屋上緑化に使ってみたのだが、冬季になっても繁茂した枯れた茎がのこるため、土の流出止めに効果がありそうだった。

 とりあえず摘んだ芽を30鉢ほど挿し芽しておき、つい先日、発根したので屋上に植え込んだが、とてもとても足りそうもない。何度も書いた話だが、セルフビルド当初、屋根全体を覆ったクリーピング・タイムは、全部で600鉢が必要だった。そのすべてを挿し芽で増やしたわけで、だいぶ繁茂してきたので蒸れ予防に刈りこむさいには、2~300鉢ほど挿し芽しておこうと考えている。

 いま一つ、放牧場を覆っているセンチピート芝の挿し芽をテストしてみた。この芝は、丈夫で病気にかかり難く、ヤギなどの牧草としても利用できる。しかし種はキロ当たり1万5千円とかなり高価で、しかも発芽がむずかしく、1~2か月も要するうえ、幼苗のころは雑草の陰になると枯れやすいという欠点がある。

 同芝は、地上を這うようにのびるランナー(匍匐茎)で増えてゆく。ならばランナーを挿し芽したら発根するのではないか。じじつランナーを観察すると、写真のように根をのばしたものがあるわけで、2~3節に切ったランナーを挿し芽してみた。
 たぶん梅雨明けごろには発根するのでは、と期待していたけど、平年より20日も早く梅雨が明けてしまった。まだ6月だというのに……。

追記 種苗法に登録された品種は、著作権のような権利によって保護されている。増やした苗を人に譲ったりすると「種苗法違反」となるようだから注意しなくちゃいけない。

お歯黒で木を染める

 江戸期の既婚女性の化粧法に「お歯黒」がある。欧米人にやたら不評だったようで、外面を気にする明治政府が躍起になって禁止したり、故意に女性を醜くみせて貞操をまもろうとしたにちがいない、とうがった推測をする英国公使がいたりしたが、虫歯や歯周病予防に効果があったとの報告もある……という話は書き出し早々の余談で、この「お歯黒」を利用して木を染める方法を試してみた。

 お歯黒は、簡単にいうと鉄分とタンニンの反応による「鉄媒染」だ。鉄漿付け(かねつけ)とも称され、酒・酢・ぬかを混ぜた水に古釘を入れて半年ほども寝かしてつくった溶液(つまり鉄漿水……酢酸第一鉄)を、タンニンと結合させて黒変させるものだ。

 そうした鉄漿水もどきの溶液は、キッチンにあったお酢にスチールウールを漬けこんで反応させる。三日ほどでよいとの情報なので、その間に木工品をつくり上げてしまおう。

 小さなマガジンラックをつくることになるが、材料には栗を選んだ。鉄漿水と反応させるには、なるべくタンニンが多いほどよいわけで、となれば栗材ということになる。もし他の材料を使うなら、組み上げたあとタンニン液を塗ってもよいらしい。歯を染めるには生薬の五倍子粉(ふしこ)を使ったようだが、栗の渋皮・のこ屑の煮出汁、あるいは濃い紅茶を塗る方法もあるらしい。

 主題が染めなので、工程は写真で判断していただこう。もちろんすべてを黒く染めたいので、細い材もふくめて総クリでつくり上げ、ビスケット接合を多く使用したが、木工ボンドのはみ出しは丁寧にふき取らねば、染め残しの原因になる。

 三日ほど漬け込んだ鉄漿水は、ややドブ臭さを感じる。時代小説に書かれる「お歯黒ドブ」とはこんな臭いだったのだろうが、すぐに慣れてしまいさほど気にならない。塗った直後は褐色だが、反応がすすむにつれて濃度を増し、重ねて塗りすすめれば真っ黒に変化してくる。塗りおえたら完全に乾かしておく。

 おもしろいことに乾くにつれて青みを帯びてきた。万年筆などに使ったブルーブラックのインキを思い起させる色合いだが、オイルフィニッシュをほどこすと深みのある黒に代わる。それがまたおもしろい。

 オイルを塗ったあと、少し時間おいてふき取ってしまうと、木目に入り込んだオイルが木目を浮き立たせる効果がある。また木地に脂分があったらしい部分がすこし黒さが足らなかったので、黒マジックで補修してみたが、ほとんど差異がなかった。

 仕上がったマガジンラックはこんな場所に置いている。栗材のタンニンは、消臭効果のある柿渋石鹸の何倍もふくまれているようなので、いわゆるデオドランド効果も期待できるだろう、とのおもいもある。

袋栽培・ひとつの実験

 猿襲来のジャガイモ畑のあまりの惨状に、おもわずパチンコなんぞをポチってしまったけど、これで追い払ったって一時しのぎに決まっている。猿が相手じゃ仕方がないと、栽培をあきらめるのは簡単だが、ここで引き下がるのも癪な話。いろいろ考えめぐらしたあげく、ちょっとばかり面白い方法にたどりついた。

 山羊小屋の屋上緑化を考えていたとき、サツマイモの袋栽培という方法を知った。いわゆるコンクリート製のビル屋上でも緑化ができるわけだが、方法がやたら単純ながら、緑化効果もありそうだった。しかし、いかにも直接的で面白みに欠け、スタイリッシュじゃないな、などとガラにもなくおもって却下。じっさいには苦労して土を運びあげ、乾燥に強いクリーピングタイムを植えた。

 そうした経緯は、いま書きすすめている『つくる暮らし 家づくり編』で紹介するつもりだが、一度は却下した袋栽培を猿害対策に使ってみようか、ともくろんだわけだ。
 方法はひどく簡単。土のう袋に土を入れて、サツマイモ苗を植えるだけ。ちょうど時期だったので10本ほど購入して試してみることにした。

 この袋栽培は、都会のマンションでも可能なことから、ちょっとした人気になっているようだ。ウェブサイトをのぞいてみると、ガーデン用と称したおしゃれな栽培袋が売られていたが、もちろん価格の安い土のう袋でかまわないし、土のう袋ならではの理由もある。黒いものがよさそうにおもえたが、やや値段が高いのでふつうの白い袋でも試してみた。

 さて植えたあとがこの方法の特徴だ。目標達成なるかならぬかは、この一点にかかっている、とやたら大仰な言いざまだが、なに、たいした方法ではない。苗が顔を出した状態で袋を閉じてしまえばいい。土のう袋には、そのための紐がとおしてある。苗が活着してからでもかまわないが、サツマイモならほとんど根付いてくれるだろう。

 それにしても、ならべられた袋の口から、ちょこんと苗が顔を出しているのは、やや異常な光景。猿どももさぞびっくりするのではないか。いままで猿を観察したところでは、見慣れないもの、あるいは新しいものには手を出さない傾向がある。ずらり並んだ袋を警戒する可能性もあるようにおもう。

「でも、せっかく育ったところでひっこ抜かれてしまわないかしら」
 とは奥さんの感想だが、そうしたこともたぶんあるだろう、と想定している。しかし、たとえ育った苗を引っこ抜いても袋の口は閉じられている。中で育ったイモを取り出せないのである。

 猿どもにしたら、せっかく襲ってもイモにありつけない「意地悪な栽培」になるだろう。何度かそれを繰り返せば、そんな袋の畑には手を出さない、という「教育的指導栽培」にもなるんじゃないか、ともくろんでいるのだ。
 はてさてどうなるか。結果については続報をお約束しておこう。

おまけのトピックス
 ニンニクを収穫した。あいにく台風余波の雨にたたられ、三日ほど遅れたためすこし育ちすぎだった。ちなみに収穫したニンニク畑の跡地にも20本ほどの苗を植えてみた。袋栽培がいよいよ大成功しそうな予感がしている。

煙突掃除

 この時期にすませておきたいのが煙突掃除だ。溜まった煤が湿気を帯びると固まりやすく、煙突内にこびりついてしまう。そうなると掃除ブラシを通しただけでは容易に落ちず、固着して炭化すれば、ときには煙道火災の原因となる。

 梅雨入り前のひと仕事だが、一昨年、煙突を交換したのを機に、専門家に依頼することにしている。20数年間やってきた作業で慣れてはいるけど、あたらしい煙突用の掃除ブラシがかなり高額だったので、いっそ頼もうということになった。なにしろ半年後には後期高齢者だから、屋根に上るのはそろそろ遠慮しようか、という考えもある。

 昨年の掃除では、煤の付着が思いのほか少なかった……と作業してくれた専門家もおどろいていたが、20年燃やしてきた当方にすれば、例年と変わらない煤の量に、まあ、こんなものだろう、というのが感想だった。

 煙とともに上昇する煤は、煙突の曲がり部分に溜まりやすく、また外気で冷やされたところで付着する。そこで断熱二重煙突が効果的ということになるが、それよりなにより燃やす薪の乾燥具合が大きく影響する。

 秋が深まってからの「薪割り」は、いわゆる冬支度の光景なのだろうが、割ったばかりの薪を燃やすようでは、煤の大量付着を覚悟せねばならない。少なくとも水気の少ない冬に伐り出した原木を春先に割り、梅雨前に軒下に積みあげておきたいが、わが家ではさらに一年間寝かせてから燃やすようにしている。煤の少なさは、一にも二にも薪の乾き具合、と考えてよいだろう。

 ストーブに接続する曲がり部分を外す。この部分は単管のため冷えやすく、煤の付着が多いところだ。また空気量を調節するダンパーもついているのでより多くなるだろう。
 新煙突になって燃え方が非常によくなり、火力調節にダンパーを最大に絞って燃やすことが多くなった。となれば煤量が増加するはずだが、袋に溜まった量はこの程度。毎日20時間近く燃やしてこの量ならよしとすべきであろう。

 屋根上のトップも点検する。じつは昨年は、あまりの煤の少なさに省略しているから、二年ぶりの点検だが、ほとんど付着はなかった。そんなこんなで約1時間の作業であっさり終了した。ただ見学していただけだけど、やはり上ってしまった屋根の上は、やたらと気持がいいものだった。

おまけのトピックス。
 ついでに撮影した集落のパノラマ全景。

薪の原木入手

 お隣さんが背後林を伐採した。ほとんどが杉だが、一本だけ広葉樹が混じっている。
「雑木あるけど、薪にするかい?」
「え? 薪? 使わないの?」
「んにゃ、栗だから……」
「あ、なるほど……。もちろんいただきます」
 と話は即座に決した。薪仲間というべきお隣さんだが、パチパチとよく爆ぜる栗の木は薪にしない。囲炉裏を使っているため火の粉が飛ぶのを嫌うからだ。

 栗の木は導管(根から水を吸いあげる管)が太く、乾燥させると水がぬけて空気がはいりこみ、燃やしたさい膨張して弾けて火花を飛ばす欠点がある。また空気を多くふくむため持った感じが軽く、ナラなどに比べると火持ちにやや劣るが、火力はそこそこあり、あんがい乾きやすいという利点もある。

 そうした栗の木の特徴だが、むろん薪ストーブで燃やすぶんにはまったく問題はない。ちなみにケヤキも囲炉裏の薪にはしないようだ。燃やしたさいの煙がよくないらしく、眼を痛めてしまうという話も聞いた。

 ケヤキの葉にはわずかながら塩分がふくまれ、囲炉裏やたき火のような低い温度で燃やすとダイオキシンを発生させるようで、並木の落ち葉が大量に持ち込まれる都会の焼却場でのダイオキシン発生が問題になったことがある。あるいはこれが眼によくない原因なのかもしれないが、塩化ビニールを燃やすのに比べると、非常に少ない量であるから、たき火やストーブで燃やしても心配はないらしい。

 ともあれ、これで今年の薪入手はすんだわけだが、わが家まで運んでくれたグラップルローダー(林業運搬車)では積みきれない太い原木があり、とりあえず空き地までは搬出しておくとのことだった。つまり細かく切断して運べというわけだ。

 たしかに太い。わが家のバックフォーのつかみ装置ではくわえきれず、ベルトで運びあげるにしても重すぎる。アームでは持ち上げきれず、排土板を作動させれてようやく持ち上げたものの、軽トラックに乗せるのは考えものだ。以前、薪を積みすぎてタイヤを破裂させた経験がある。

 となれば切断するしかない。わが家で一番大きなチェンソー(ハスクバーナ372)を持ち出したが、なにしろ直径1メートル以上もある。60センチのバーでも届かないので前後から刃を入れる。ただし伐採したばかりだから、水分が多くてやわらかなので作業はあんがい楽だった。

 二つに切り飛ばしたが、太すぎてベルトが回りきらない。さらに縦切りしてようやく軽トラに積み込んだけど、椅子の座板にちょうどいい大きさになった。いっそ製材して板にしてもいいけど、乾燥させて使うとなると3年先か、などと考えているところだ。