長音記号のバグ

 2018年の猛暑の夏は、ほとんど毎日、地下室冷気と冷風除湿機で涼しい一階の和室に逃げこんでやり過ごしたが、ここに置いてあるサブ・パソコンは、10年以上前のHP製ビジネス機。win7搭載済みを再生パソコンとして購入したのは、デュアルモニター用に2画面可能モデルだったからで、win10への無償アップグレードを経て、かれこれ7年ほども使用している。

 かように古い機種だけに、すべての動作がもっさりしている。加えて2GBというメモリではいかにも戦力不足なので、いまさらながらと思いつつ、オークション入手したPC2-6400 2GB×4 計8GBを増設した。

 取り付けてみると、システム表示では8GBを認識しているのに、3.23GBしか使用されていない。原因はOSが32ビットになっているためで、すっかり忘れていたけどwin10の無償アップグレードのさい、そのまま32ビット版に移行してしまったのだ。
 その右に表示された「x64 ベース プロセッサ」は、AMD社の64ビットCPU規格をあらわしている。つまり64ビットOSに対応しているわけだ。

 64ビットへの移行は、win10をクリーンインストールする必要がある。当然ソフトやアプリをすべてインストールし直さねばならないわけで、このあたりが面倒だが、この際だからと決行することにした。
 じつは今年の春、バージョン1803にアップグレードをすませたところ、その後にバグが判明した。そこで以前のバージョン1709にもどしたいのだが、すでに「以前のwindows」は自動削除されてしまって復元が不可能だった。

 バージョン1803には、長音記号が縦組み表記で横に寝てしまう症状がある。小説などの文章作成では欠かせない縦組みだが、日本どくとくの表示だけにOSと相性がわるいのか、どうかするとプログラミングのミスが起こってしまうようだ。とくに長音記号は、欧文にはないためか不都合を起こすことが多く、win7の時代にも同じようなバグがあったし、Linuxのubuntuでも長音記号が他の字に変換されたりした。そのたびに日本人研究者が提供するパッチをあてて凌いできた覚えがある。

 もっとも今回のバグは画面表示だけのもので、印刷やEPUB変換しても現れない。その意味では実害はないのだが、どうにも気分がわるい。そこでいっそクリーンインストールしてしまえば、古いバージョンになるのではないか、と考えた。

 クリーンインストール自体は、動作の早いUSBメディアでISOファイルをつくってあるので3~40分程度ですむ。インストールの方法はいくつも発表されているし、途中プロダクトキーを求められても、再インストールなので「プロダクトキーがありません」を選択すれば、ちゃんとデジタル認証されることになっている。

 インストール後は、メモリ使用量もきちんと増加し、目論見どおりバージョン1709になってバグはすんなり解消されたけど、ソフトやアプリのインストールに丸一日も費やしてしまった。


 ちなみにwin10は、半年ごとにローリングリリースされるので、間もなくバージョン1809が提供される。たぶんバグは解消されるだろうから、今回の作業は無駄骨になる可能性が高いけど、ソフトやアプリの多いメイン・パソコンのクリーンインストールだけは、万が一にも勘弁してほしい。それともソフトやアプリをバックアップするような方法があるのだろうか。

校正とEPUBリーダー

 広辞苑が10年ぶりに改訂されたが、追加項目のいくつかに誤りがあるらしく、ネットで大騒ぎしている。同書旧版でも「芦屋」の記述に誤りがあったが、初版以来50年も経ってから判明したもので、40年近く使用している手持ち広辞苑(なんと第一版だ)を赤ペンで訂正した記憶がある。

 現在のネット社会は、この手のミスを見逃さず、しかも許さない傾向がある。間違いはまたたくまに指摘され、糾弾され、ネット上で炎上騒ぎとなる。ときには存在そのものまで否定されてしまうことがあり、まるで遊びのないハンドルで社会が運転されているようで、やたら窮屈に感じる。
 校閲担当者の心労察するばかりだが、電子書籍を配信している身には「他人事じゃない」と校閲・校正のあれこれを思い起こしたりした。

 広辞苑の事例は、文章記述の誤りだから校閲作業になるが、私が配信する小説やエッセイの場合、誤字脱字、変換ミスといった文字の誤り、つまり校正作業がほとんどだ。
 そして「てにをは」の付け違いも多い。たとえば「馬に……」と書いて、つづけて「乗る」と書くつもりが考え直し、「……行く」と書いて、「馬に行く」となってしまう。調子よく書きすすめているときに多く、移り気の気質がもろに現れてしまうのだ。

 いずれにしろ校正は辛気くさい作業だ。ついついおろそかになりやすいが、電子書籍のセルフパブリッシングでは、校正の不備が命取りになりかねないので、およそは次のようなステップで作業をすすめている。

●モニター上で読む
 書いた部分をその都度チェックし、書きおえてから全体を通して読み直す。wordや一太郞の校正機能は、万全ではないながら一応チェックすることにしている。
●プリントによる校正
 モニターで読むと、スクロールなどに気をとられるせいか集中できない。プリントアウトすればどこでも読めるという利点があり、プリントに赤字を入れるので修正場所が残るのもありがたい。あるいは雰囲気を変わるのがいいのかもしれず、プリントを電車や喫茶店で読んだりするのも効果的だった。とにかく必須。
●EPUB画面で読む
 配信直前のEPUBファイルを読むのは、最終チェックとしてかなり有効だ。たとえばAdobe Digtal Editions 3やReadiumといったEPUBリーダーを利用すれば、PC内のローカルファイルを直接読むことができる。

 さらにはKindle Previewer 3を使い、タブレット、スマートフォン、kindle端末の画面でプレビューすれば、より読者の雰囲気で校正できるだろう。
 こうした方法の欠点は、校正場所(あるいは字句)をいちいち別記する必要があることだろうか。そこでword画面に立ち戻り、校正字句を検索して修正することにしている。

 ちなみにWindows10では、2017年4月のCreators Updateを更新(バージョン1705以上に)すると、Microsooft EdgeでEPUBファイルが直接閲覧できるようになった。どうやらFireFoxのアドオン(拡張機能)だったEPUBreadeを採用したようで、縦組みにも対応し、本の見開きのような表示でかなり読みやすい。

 このEdgeは、Webページにメモを書き込むことができるのだが、この機能をEPUB閲覧に利用できないか試してみたが駄目だった。機能追加を心待ちにしている。

 ついでながら見本に使った「つくる暮らし」は、いま書きすすめているエッセイ作品で、春ごろには配信したいと考えている。
 
 おまけ写真。先日は4年ぶりの大雪だった。

電子書籍と写真

 これまで電子書籍はすべてリフロー型で配信してきた。文字の拡大縮小や端末サイズの大小にあわせて文字が流れこむように変化する。そこでre(再)flow(流れる)と呼ぶわけで、rewrite(リライト-再執筆)と同じような言葉なのだろう。

 アルファベットや数字の半角1文字は、データ量の単位であらわすと1バイト、日本文字(ひらがな、カタカナ、漢字)の全角文字は2バイトとなり、この単位で流せば、たとえ1行あたりの文字数が増減しても表わす言葉の意味は変わらない。つまり小説などの文字だけの書籍であれば、レイアウトが変化してもなんら問題はないことになる。

 ところが画像や写真はちがう。まずやたらと情報量が多い。たとえば最新刊『凄い男』の表紙としたjpgファイルは297キロバイトの情報量だが、本文のテキストファイルは240キロバイトしかない。この240キロバイトは、およそ12万文字にあたり、400字詰め原稿用紙なら300枚ほども書いたわけで、この数字をみると、やれやれ、といった気持になる、というのはまったく別の話……。

 しかも画像ファイルは、297キロバイトを一つの塊として扱わないと表紙にならないわけで、文字のようにバラバラに流すわけにはいかない。そこで画像や写真が主体の電子書籍は、固定レイアウト型で配信されることが多い。
 ページ全体を1枚の画像として処理するため、本文と写真のレイアウトは固定され、ページ送りや端末の違いによる崩れはまったくない。しかし拡大して読もうとすると、文字を追ってスクロールしなくてはならず、拡大にともなって文字が滲んで読みにくいという欠点がある。

 以前、写真数枚をコラージュ加工して、1枚の写真としてリフロー型に入れたことがある。この方法なら複数写真をレイアウト崩れなしに掲載できるのだが、写真のあとに「改ページ」を入れるため、写真だけのページになってしまった。

 そこで、こんな感じの縦長コラージュ写真(横組なら横長写真)をつくり、文字の間に入れ込んでみた。方法は簡単、指定した場所にドラッグ&ドロップすればよい。ただし画像スペースは、およそ数行分、ページ変わりのすぐ後ろでないと支障が出るかもしれない。

 参考までにKindle Previewer V3のスクリーンショットを掲載しておく。タブレット、スマホ、kindle端末とそれぞれ差があり、挿入写真のピクセル数によっても変わるようだが、そのあたりを再テストして、来年配信予定のビジュアルエッセイに使いたい。

小説家の6次産業化

「なんと、25年前か」
 としみじみと思ってしまう。もうそんなになるのか、という驚きのあとに、ちょっと古すぎるんじゃないか、という心配もなくはなかったわけで、古い掲載雑誌の切り抜きを手に、すこし考えこんでしまった。

 いつもそうなのだが小説は、ふと思いついて書きはじめる。テーマやモチーフなどを小難しく考えたことはあまりなく、ストーリーやキャラクターなどを区別なく思いつくのがきっかけだ。ときにはある場面が映像的に思い浮かぶことがあるが、それがラストシーンだったりするのは、なかなかに好都合でもある。
 そのラストシーンに必要な要素を数えあげ、その要素が実現してゆく過程をどんどんさかのぼってゆくと、ごく自然にストーリーが構成される……と書いてしまうほど簡単ではないけど、いわゆる幕切れが決まった長編小説のいくつかは、そんなふうにして書きはじめることが多い。

 反対に何も決めずに書き出すのがキャラクター小説だろうか。ひょんな拍子で思いついた主人公をある設定に放り込むことでストーリーが動き出すのだが、ラストが決まっていないだけに思わぬ展開になりやすい。書いている本人が驚く、というのも変な話だが、じっさいそんな気分で書きつづけてしまう。
 たとえば『峠越え』から始まった与一郎シリーズは、第6作『ご返上』まで書きつなぎ、400字詰め原稿用紙3500枚以上を費やしているが、まだ幕切れを迎えたわけではない。さいわいKDPの「読み放題」では好評のようだから、いずれ第7作を書いてみるか、という気持もないではない。

 冒頭に話題にした作品もそうしたキャラクター小説で、切り抜きにあるメモ書きを見ると1992年の3月号とあり、長編小説賞をいただいて本格デビューした翌年ぐらいの短編依頼だから、まだログハウス建築に手を出していない、けっこう真面目に小説を書いていたころの話だ。

 沖とり魚の血を抜くように、あっさり人を殺める”野締めの市蔵”という『凄い男』がいる。島帰りの殺し屋として裏の世界で恐れられたが、いまは引退して堅気の料理人だったはずだ。しかし、そうもいかない理由があるのだ。そんなキャラクターと捨て子した赤ん坊が大店の一人娘として立派に成長、といった設定の組み合わせがいたく気に入ったせいか、ときおり思い出しては短編に仕上げて単行本に掲載したりした。そうした4作品に書き下ろしを加えて連作集としてみようかと考えたのだ。

 しかし25年も前の作品である。時代小説だから内容的には問題がないとしても、原稿となるとそうはいかない。残っているのは雑誌切り抜きとプリントや、いまや骨董的というべきワープロ・データーだから、原稿そのものを書き起こすことになり、同時に加筆手直しを行なうとなると、構想25年などと陳腐に気取っている場合ではないのだ。

 かくて新電子本『凄い男』をスタートさせたが、既存の4作品の加筆&書き起こしに2ヶ月、加える書き下ろしに1ヶ月ほどを要し、さらに表紙づくりと作業がつづいた。

 表紙づくりは以前に紹介してあるが、そのとき撮ったお面の写真を、例によってフリーの写真編集ソフト「JTrim」で加工する。この作業はなかなか楽しいもので、あれやこれやとテストをくり返し、ついつい時間を費やしたりもする。

 さらに行なう校正や電子データー作成は、一転して辛気くさい作業だ。このあたりがセルフパブリッシングをすべて一人でこなす場合の面倒なところで、ただ小説を書けばよかったころとは大いにちがう。
 ちなみに農家が生産した野菜や果物を加工し、販売まで手がけるのを「農家の6次産業化」と呼んだりするが、電子書籍のセルフパブリッシングもこれに似たようなものだろうか。

 なるほど「小説家の6次産業化」とはちょっと面白い。いずれどこかでくわしく書き触れることになりそうだ。

表紙づくり

久しぶりに電子書籍『無頼の辻』を配信することになり、その校正読みにようやく目処がたったころの話だ。東京からの帰りに東北道の羽生PAに立ち寄り、ふと思いついてデジカメ撮影をはじめた。この羽生PAは、池波正太郎さんの“鬼平の世界”を模したテーマパーク風が売り物で、あるいは時代小説むきの表紙づくりに役立つかもしれないと目論んだわけだ。

 ご覧のようにスナップショットばかりで、これを電子書籍の表紙に、というのはちょっと無理かなと思いつつも、とりあえず用水桶のショットを選んでみた。なんだか芝居の書割りみたいで、いささか迫力不足は否めない。そこですこし手を加えることにした。

画像加工ソフトと言えば、もちろんPhotoshopだろうけど、価格が数万円とあってはご遠慮申し上げ、いくつかの無料ソフトを愛用している。今回はすべてをJTrimを使って仕上げているが、その過程を箇条書きにしてみた。

①JTrimを起動→画像ファイルをドラッグ&ドロップ。画像が大きすぎるときは、Ctrl+F12で画面にあった大きさに変換してくれる。
②イメージ項目→切り抜き。横2:縦3の比率にトリミングし、1400×2100ピクセルにリサイズ。ちなみに表紙サイズに決まりはないが、iBooksでは1400ピクセル以上でないとエラーになるので、このサイズに統一している。
③加工→フェードアウトで周辺を暗くする。レベルが調整でき、足らなければ2度、3度と繰り返せばよく、編集→元に戻すで何度でもやり直せる。
また周辺を黒くするには、あらかじめ表示→背景色で黒を指定しておく必要がある。他の色を選択すれば、その色合いでフェードアウトする。
④カラー→ガンマ補正で濃度を補正したが、いろいろな加工ができるので試してみればよい。むろん編集→元に戻すで何度でもやり直せる。

⑤編集→文字入れ。題名を表示させ、フォントから書体(縦文字は@付きを選択)、サイズで大きさを指定する。表示された文字はドラッグで自由に移動できる。ほかに縦書、透過、文字色などの項目があるので適宜選択する。
今回使用した“鉄瓶ゴシック”は無料で使えるフリーフォント。ダウンロードすると自動でフォントに入ってくれる。
⑥OKをクリックして決定。あとは著者名、上下巻などの文字入れを繰り返せばよい。

そんなこんなで完成させてみた。最初のショットとは印象がかなり違っており、『無頼の辻』らしさの荒んだ感じになっていれば、まずは狙いどおりなのだが……。

どれほど面白くても読んでしまった本は買わない。面白そうだから買ってみるもので、それだけに表紙は大切だろう。内容をダイレクトに表現するより、意味不明ながら雰囲気を伝えるほうが効果的だったりする。とくに電子書籍の場合、販売サイトで表示されるのは、せいぜいが切手サイズ、ということを常に考えている。

『無頼の辻』は、大手出版のG研社と契約が終了し、加筆訂正を加えて「著者完全版」としての再登場です。博奕から抜け出せない男二人が中山道を行く、という全編すべて“博奕がらみ”という異色作。近日中に配信いたしますので、どうぞお楽しみください。

コラージュを作る

ウェブサイトの記事には写真が多用されている。当ブログも例外ではないが、複数の写真をコラージュして掲載することが多い。カメラマンだったころ、ルポルタージュの仕事が多かった名残りなのかもしれない。

決定的瞬間を写し撮るのは写真の醍醐味のひとつだが、何枚かの写真を組み合わせる“組み写真”が好みで、そうした仕事を選んでいたようだ。いま改めて考えてみると、組み写真と小説はどこか似ているような気がする。

厳密にいうと組み写真とコラージュは違う。コラージュはフランス語で糊付けの意味であるように、複数の写真を固定して一枚の写真として扱われる。たとえばブログなどで容量制限のある場合に有効だし、電子書籍のリフロー型に使えばレイアウトの崩れを生じない、などの利点があるわけだ。

フェブ上に無料で使えるコラージュソフトがいくつもある。Fotojet、Fotor、 PhotoPadの三つをよく使い、とくにオンラインで使えるFotojetは、インストールの必要がないので気楽に使える。

Fotojetを起動させる。
→メールとパスワードを登録する。
→クラッシックコラージュを指定する。、

 

 

①の設定をクリック→言語→日本語を指定する。

レイアウトを指定する→パソコンから写真を追加する→好みの場所にドラッグ&ドロップ

写真枠の太さ・丸みが変えられる。

保存をクリック→名前・品質・サイズを指定→保存。

そのほかテキスト入れなども出来るようだが使ったことはなく、Fotorや、 PhotoPadにもいろいろな機能があるので試すとよい。

ちなみに配信済みの『山羊と提督』では、コラージュ写真をこんなふうに使ってみた。レイアウト崩れなしに5枚の写真がきれいにおさまっている。

結露20年か

 そろそろ足場の撤去か、と考えていたときの漏水だった。二階北面の書斎横のトイレの天井から、ぽたぽたと水が落ちてくる。量はワン・フィンガー(古い!)と大したことはないが、雨も降っていないよく晴れた日に二日もつづけて……。こりゃ何事だ……??

 とりあえず足場撤去は延期して、鈑金屋さんに電話をかけまくる。さいわいストーブの煙突塔を作ってもらった鈑金屋さん(川ちゃん)が手が空いていて飛んできてくれた。
「雨漏りが凍り、晴れて解けだしたのかもしれませんね」

 まずは足場作りからはじめたが、初日はこれで終了。本格作業は明日からということになるが、なにせ北面屋根だけに、霜が降りた朝のうちは危険すぎて登れない。
 お昼近くになって作業開始。もし雨漏りだとすれば、カネ勾配と4寸勾配をつないだ妻壁あたりと目星をつけていたが、横葺きのステンレスを剥がし、敷いてあるアスファルトシングルを取り除いてみても雨漏りの痕跡はまったくない。

「ここじゃないとすると……」
 と漏水付近のステンレスを剥がしてみる。野地板がしっとり濡れている。
「結露です。よくあることでさして問題はありません」
 すると漏水の原因は何だ? 野地板を剥がしてみることにした。

collage_fotor
 ちなみにわが家の屋根には、野地板と天井板の間に現場発泡ウレタンを吹き付けてある。60㎜ほどの断熱層だが、結露水はこのウレタンに阻まれて天井板まで届かないはずだ。現に野地板を一列だけ(合板じゃないのが幸いした)剥がしてみても、ウレタン表面に濡れた感じはない。

 はて? どうしたものか、と首をひねりつつ少し奥まで手を差し入れてみると、ピチャッと水の感触。指で探ってみると、ウレタン層の凹み部分に2㎝ほどの深さに水が溜まっている。写真は撮れなかったが原因はこれだろう。

%e7%84%a1%e9%a1%8c%ef%bc%8d%ef%bc%90%ef%bc%92
 結露した水は、ウレタン層を軒にむかって流れ、その途中でほとんどが蒸発する。ところがウレタン層の凹みにすこしずつ溜まり、限界を超えると、表面張力で盛り上がった水(ワン・フィンガー分)が流れて漏水する……という結論に達した。
 溜まり水(あるいは20数年分か)を取り除き、水が溜まりそうな凹みに発泡ウレタンを吹き付けておいた。いまのところ漏水はない。

a15-00 好評与一郎シリーズ第六弾は、いよいよ電子本のみの配信です。8月からはじまったAmazonのKU(キンドル・アンリミテッド)でもお楽しみいただけます。

お稲荷さんの真鯛

 鎮守稲荷の収穫祭があったらしく、隣家の氏子役からお供えの真鯛をいただいた。やもめ暮しで調理の時間がないのか、はたまた持て余したか、ともあれ参列も寄付もしなかったのだけど、ありがたく頂戴した。

 普通なら塩焼きか鯛飯にしたいところだが、お供えだから一日ぐらいは常温に置かれたはずで、下ごしらえのあと入念に水で流した。腹の中に塩コショウしてしばらく置き、自家製ニンニクたっぷりのオリーブオイルで両面強く焼き付けたあと、白ワイン、トマトを入れ、これまた自家製のサフランでよく煮付け、仕上げにデッキのパセリをみじんにして散らした。言ってみればアクアバッツアのサフラン味といったところ。
 これにアサリかムール貝を入れると、より濃厚な出汁がくわわって絶品の味になる。そうそう、前回話題にした海辺キャンプのころだったら、浜辺の岩にはりついたフジツボかカメノテを入れたくなるところだ。

collage_fotor

p1250931 食卓に出したら、ひょいと横からカメラが顔を出した。どうやら奥さんのブログネタにもなったらしい。二回つづけて料理じゃつまらん、とこちらは遠慮するつもりだったが、ネタ切れで強行掲載とあいなった。

 立てつづけに配信している与一郎シリーズも5作目。8月からはじまったKU(Kindle Unlimited)では好評のようで、尻上がりに既読ページが増加しています。
a14-00

初挑戦「そら豆」

前々から考えてはいたが、何となく手を出し損なっていたのが「そら豆」栽培。秋に種を蒔くというのが素人農業者にはピンと来なかったし、一度も経験がなかった。なにより冬支度で何かとせわしい時期なのでついつい敬遠した。

いろいろ調べてみると、そら豆はきわめて風味が落ちやすく、収穫してすぐ食べるのが一番らしい。そうした採りたて野菜の美味しさは、都会から移住してきた者にとっては、カルチャーショックもので、家庭菜園をはじめる最大のモチベーションになっている。デッキ改造で背丈の高い「そら豆」も栽培可能ではないか、と思ったりしたのも挑戦原因のひとつ。

購入したのは「一寸そら豆」。乾燥してこの大きさだから一寸というのも誇大じゃない。「10月から11月にポットに種を蒔き、本葉4から5枚で本植えして冬越しする」とあり、寒冷地ほど遅蒔きにすること、とも書いてある。つまり苗の育ち過ぎは禁物らしい。

collage_fotor-01 とりあえず10月中旬に種を蒔いた。一週間ほどで発芽し、育ちも順調……と観察しつつも、すこしの育ち過ぎではないか、と思いはじめる。11月に入るころには本葉5枚を超えてしまい、この大きさで-10℃の冬をを越すのは無理かもしれない。

そこで11月7日ごろに残った種と、新たに「生食用のそら豆」も購入して蒔き、芽が出ないので発芽促進に透明キャップをかぶせてみた。簡易育苗箱のつもりだがどうなることか。
育ち過ぎの苗は寒冷紗をかけて12月初めに本植えする。一部はポットのまま透明キャップをかぶせて冬越しさせてみようか。

a13-00 こちらは芽吹いたばかりの電子本。はたして花が咲くの実がなるのか。それでもすこし好評な与一郎シリーズも4作目になり、セカンドシーズンの旗本編に突入した。

サフラン(洎夫藍)

 サフランが咲き始めた。8月に植え込んだ球根から2~3本ずつ発芽、順番に咲きだしてデッキを彩っている。秋咲クロッカスの一種で、赤い雌しべを乾燥させれば香辛料のサフランになり、重量単位で比べると、世界でもっとも高価なスパイスとも言われている。

 もともとは完成させた香辛料をサフランと称したが、いつの間にか花そのものをサフランとよぶようになったようで、江戸時代には生薬として伝わり、とくに女性の生理体系の薬として利用され、「番紅花」あるいは「洎夫藍」と表記された。

collage_fotor
 血液の代謝、循環に効果を発揮し、頭痛やめまいによく効き、肝臓にもいい。また最近の研究では、サフランの黄色の色素成分「クロシン」が、脳内の海馬を活発化させて、認知症やアルコールによる記憶障害を予防する働きがあるとわかってきたらしく、飲酒欲求とサフランの研究もすすんでいる。

a12-00 といった資料を読んだのは、ずいぶん前のことですが、さっそく取り入れた与一郎シリーズ第3作「家老脱藩」が配信されました。アルコール依存症に冒された主人公が様々な醜態を演じる、という破天荒なはじまりで、治療にあたった蘭方医が「洎夫藍(サフラン)」を処方したり、食事療法にサフラン入りしじみ汁(リゾット)が登場したりします。