秋ジャガイモの栽培②

 秋ジャガイモの植え付けは、猿対策用の袋栽培と決めている。この袋栽培についてはサツマイモで先行テストを行い、いまのところ順調に推移している。
 まずはその報告から……。

 ヤギ小屋近くと主屋裏にそれぞれ10数個の土のうを置き、6月初旬に植え付けてみたが、見た目の成長はわるくない。サツマイモは葉ばかりが繁りすぎると「ツルぼけ」となってイモが大きく育たないらしいから、この程度でよいのではないか。

 どちらの土のうも猿が近づきやすい場所だが、まだ荒らされた様子はない。とくに主屋裏は落花生と隣りあわせに植えてあり、1,2度あらわれた「はなれ猿」にほじくり返されて、「ゆで落花生」を楽しみにしていた奥さんがひどく悲しんでいたけど、袋栽培のサツマイモには手を出した気配がない。

 隣家のサツマイモ畑では、猿が掘り起こしたらしい状況が見られる。たぶん同じはなれ猿の犯行だろうし、十分食用に値するイモと見てかじったのだろうが、奇妙な植え方をした袋栽培には手を出し難かったものと思われる。

 そうした状況に心強くして秋ジャガイモを植え付けたが、自立しない土のう袋に土を入れるのが、あんがい面倒だ。災害マニュアルでは土のうづくりは二人一組でと書いてあったり、土のう袋を自立させる「袋スタンド」なども販売されているが、古いペール缶でこんなものを作成してみたところけっこう使える。

 ガソリンスタンドで無料入手したペール缶は、バケツ代わりに重宝しているが、すぐにサビて底に穴が開いたりする。それを利用して底を抜いたものだが、もちろん底を切りやすい樹脂製のバケツでもかまわないだろう。ただしペール缶ほど取っ手がしっかりしていないので、壊れやすいかもしれない。

 秋ジャガは、芽出しをした種イモと、成長した芽を挿してテスト栽培する。10センチほど折り曲げた土のうに土を入れて植えこんだが、ズッキーニを育てた畝の土を利用。酸性土でよいので石灰はなし、元肥もほどこしていない。
 苗の周囲にまいたモミ殻燻炭は、ネキリムシ除けだが効果のほどはわからない。

 イモから分離した苗は、期待したほど成長しておらず、ぶじに育つか心配だが、このまま植え付けてしまう。そして苗高が10センチを超えたころ、土寄せと追肥をほどこす予定だ。そのさい袋の折り曲げをもどして土寄せの余地をつくるわけで、その作業後に、苗の根元部分で袋を閉じてしまう。

 これが袋栽培の主たる目的。たとえ猿どもが苗をひっこ抜いても土の中で育ったイモまでは抜けないし、手を突っこんで掘り出すこともできない。もちろん紐の結びを解く、という能力を猿どもが取得すれば別だけど、それはそれでおもしろい結果だろう。

 とにかく猿どもには、苗を抜いてもイモにはありつけない、と経験させることが第一の眼目。はてさて結果は……。続報をご期待ください。

秋ジャガイモの栽培①

 相変わらず残暑がつづいている。今年は「暑くなるぞ」と予想して、いつも遅れるジャガイモの植え付けを早めたり、窓用エアコンを導入したりと暑さ対策をいろいろ考えた。その予想はドンピシャリだったわけで、ほぼ毎日、エアコン部屋に逃げ込んで「異常な夏」をやり過ごした。
 いまや異常は通常になりつつあるようで、地球温暖化をいよいよ実感する。

 一方、早植えしたジャガイモも順調に成長したが、相次ぐ猿来襲にあえなく全滅。そのリベンジとばかり、かねてからの猿対策のつづきと温暖化を逆手にとっての「秋ジャガイモ」に挑戦することにした。

 日光のような寒冷地では「秋ジャガ栽培」は無理とされていた。平地よりひと月ほども初霜が早く、3ヶ月はかかるジャガイモ栽培はあきらめていたのだが、この温暖化でたぶん初霜も遅くなるなるだろう、と都合よく解釈。「秋ジャガ栽培」にむいた品種「デジマ」をネット入手した。

「秋ジャガ」の種イモは、暑さで種イモが腐りやすいので切らずに一個丸のまま、涼しくなり始めた8月下旬に植え付ける、とのネット情報を受け、それならばと考えたのが、雑誌「現代農業」に紹介されていた「ジャガ芽挿し」栽培法だ。

 本来なら摘み取ってしまうジャガイモの脇芽を利用する栽培法で、種イモ一個から何本もの芽を育てるというユニークな方法。その種イモを涼しい地下室で発芽させれば、早めに植え付けても腐らないだろうし、成長した苗なら暑さに耐えられるのではないか、との思惑から始まったのだ。

 入手した種イモ6個(500㌘)を大きめのポットに入れ、洗い砂と籾殻燻炭を半々に混ぜた用土で植え付けた。軽い土質が根張りに効果があるようで、種イモが腐らないよう用土に水はやらず、湿った程度でよいらしい。
 半地下の作業場は25℃前後に保たれている。ポットを置いたのは8月上旬、およそ2週間で5~6センチほどの長さの芽に成長した。

 種イモから芽の部分をもぎ取る。絡みあった根を切らぬよう、慎重にほぐしながらポットに移植し、たっぷりの水をほどこした。
 種イモには芽を一つ残し、ふたたびポットに植え込んでおき、いますこし芽を成長させてから、通常の種イモ栽培をおこなう。同時に「芽挿し」と「種イモ」栽培のテストができるわけだ。

 ちなみにジャガイモは、25℃以上の気温では成長がとまるようだ。そこで挿し芽用、種イモとも地下室に置き、LED電球による人工照明を試してみた。
 その効果があったかどうか。また2週間後の芽の成長が、早いのか遅いのかもわからないし、あるいは用土の良しあしがあるのかもしれない。ともあれテスト栽培なのでこのままつづける。前述の「ジャガ芽挿し」情報では、いますこし大きい芽のようだが、そこまで待たずに植え付けることにした。

 もちろん、かねてからの猿対策、つまり「袋栽培」を再度試すことになるが、そのくわしい様子は次回に掲載する。また先行している「サツマイモの袋栽培」についての中間報告もあわせてお伝えしよう。

ズッキーニ花料理

 猛暑つづきで夏野菜のズッキーニが大豊作だ。グリルにしたり、マリネにしたり、はてはぬか漬けにしたり、とあれこれ工夫して食べているけど、毎日5、6本も採れてしまうので完全に持てあまし気味。知り合いに送ったり、強制的プレゼントしたりするけど、いっそ花のうちに食べてしまえば「渉(はか)が行く」のではないか、とおもった。

 ズッキーニの花料理はいくつか聞いたことがある。天ぷらにしたり、詰め物をしてフリッターにするレシピがあるけど、なんだかコッテリ重そうだし、この暑さの最中に油で揚げるのもすこしばかりおっくう。

 うってつけの花料理がイタリア発のあるブログに掲載されていた。主宰者のお名前が母屋をセルフビルドしたときのOMソーラーと関わりあるようにおもえて(本当に関わりあるか不明だけど)前々から愛読していたブログで、文章と写真に醸し出されるユニークな視点と、日本人から見たイタリア生活が興味深い。

 たとえばソラマメを生で食べるのをはじめて知り、生食用ファーベの種を取り寄せて栽培するきっかけになったわけだが、つい先だっての記事で、大量のソラマメをむいた空の莢(さや)を鶏のエサにしようとしたら、「Noooo!!」と叫んだイタリア人夫君がひどくユニーク。莢を奪い返すと手早く料理して、素敵な一品に仕上げてしまうのだ。

 料理人にして木工家、加えて稀代の好奇心の持ち主で、石窯を手作りしたり、粉ひき水車小屋の復活には、水車タービンまで製作する多才ぶり。そうした田舎暮らしの達人の花レシピがいかにも美味しそうだし、いかつい指で仕上げる料理の繊細さには、いつもながらいたく感心する。

 さっそく達人レシピを真似てみる。あいにく雄花が少なかったので、隣に植えてあるバターナッツの花を2本加え、リコッタチーズの代わりに小さく切ったカマンベールチーズを花に詰める。かるく小麦粉を振り、卵をくぐらせてパン粉をまぶし、少量のオリーブオイルを振りかけて、200℃のオーブンで10分焼いた。

 色よく焼けたパン粉が食欲をそそり、サクサクとした食感ともっちりしたカマンベールチーズの味が絶妙だった。詰めたチーズが小さすぎたのがすこし残念。達人レシピにあるようにリコッタチーズとパルメザンチーズ詰めをぜひとも試したいものだ。

 ちなみに小さな実がついた雌花も食べられるが、めしべが苦いようなので取り除くほうがよい。ちょうど隣村で持ち寄りパーティーがあったので、卵をくぐらせパン粉をつけた状態で持ち込み、現地のオーブンで焼きあげた。
 軽い食感がなかなかに好評だった。

挿し芽いろいろ

 基本的にケチ、加えてせっかちだと自覚している。挿し芽(挿し木)好きの大もとは、そうした性格が影響しているにちがいない。
 とにかく芽を挿すのだから、自家採種とおなじく費用はかからず、発根に多少時間がかかるといっても播種、発芽と比べたら大幅に短いし、苗を世話するような苦労はない。なにしろ発根さえしてしまえば、もう一人前の植物なのだから手間いらずなのがよい。

 毎年やっているのがトマトの脇芽挿し。成長を阻害する脇芽をつんでしまうのが、トマト栽培のコツのひとつだが、その芽を発根させて利用するのだから一石二鳥。とくに実となる花芽のすぐ下の脇芽は、成長が活発で発根しやすい。

 10㎝ほどになった脇芽を取り除き、水を吸いやすいよう斜めに切り、水あるいはバーミキュライト、またはパーライトを入れた容器に挿しておく。ときおり水を足し、あるいは入れ替えてやれば2~3週間ほどで発根する。あとはふつうの苗と同じように土に植え替えればよい。
 そうして発根させたトマト苗は、当然のように一か月ほど遅れての収穫になるが、家庭菜園ではいちどきに収穫するより、ほどほどの量を長く収穫できるほうがありがたい。

 挿し芽・挿し木はほとんどの植物で可能らしい。たとえば今年の寒さで戸外に植えたローズマリーを枯らしてしまった。かろうじて残った小さな一本から枝を切り取り、挿し芽しておいたらひと月ほどで発根した。小さな元の一本も枝が増えたので、あと3本ほど挿し芽しておくつもりだ。

 エリゲロンもそうして増やしている。1~2㎝のちいさな花をいっぱいに咲かせ、しかも5月~10月までと花期が長いのがよい。また日当たりのよい乾燥気味の場所を好むのでヤギ小屋の屋上緑化に使ってみたのだが、冬季になっても繁茂した枯れた茎がのこるため、土の流出止めに効果がありそうだった。

 とりあえず摘んだ芽を30鉢ほど挿し芽しておき、つい先日、発根したので屋上に植え込んだが、とてもとても足りそうもない。何度も書いた話だが、セルフビルド当初、屋根全体を覆ったクリーピング・タイムは、全部で600鉢が必要だった。そのすべてを挿し芽で増やしたわけで、だいぶ繁茂してきたので蒸れ予防に刈りこむさいには、2~300鉢ほど挿し芽しておこうと考えている。

 いま一つ、放牧場を覆っているセンチピート芝の挿し芽をテストしてみた。この芝は、丈夫で病気にかかり難く、ヤギなどの牧草としても利用できる。しかし種はキロ当たり1万5千円とかなり高価で、しかも発芽がむずかしく、1~2か月も要するうえ、幼苗のころは雑草の陰になると枯れやすいという欠点がある。

 同芝は、地上を這うようにのびるランナー(匍匐茎)で増えてゆく。ならばランナーを挿し芽したら発根するのではないか。じじつランナーを観察すると、写真のように根をのばしたものがあるわけで、2~3節に切ったランナーを挿し芽してみた。
 たぶん梅雨明けごろには発根するのでは、と期待していたけど、平年より20日も早く梅雨が明けてしまった。まだ6月だというのに……。

追記 種苗法に登録された品種は、著作権のような権利によって保護されている。増やした苗を人に譲ったりすると「種苗法違反」となるようだから注意しなくちゃいけない。

袋栽培・ひとつの実験

 猿襲来のジャガイモ畑のあまりの惨状に、おもわずパチンコなんぞをポチってしまったけど、これで追い払ったって一時しのぎに決まっている。猿が相手じゃ仕方がないと、栽培をあきらめるのは簡単だが、ここで引き下がるのも癪な話。いろいろ考えめぐらしたあげく、ちょっとばかり面白い方法にたどりついた。

 山羊小屋の屋上緑化を考えていたとき、サツマイモの袋栽培という方法を知った。いわゆるコンクリート製のビル屋上でも緑化ができるわけだが、方法がやたら単純ながら、緑化効果もありそうだった。しかし、いかにも直接的で面白みに欠け、スタイリッシュじゃないな、などとガラにもなくおもって却下。じっさいには苦労して土を運びあげ、乾燥に強いクリーピングタイムを植えた。

 そうした経緯は、いま書きすすめている『つくる暮らし 家づくり編』で紹介するつもりだが、一度は却下した袋栽培を猿害対策に使ってみようか、ともくろんだわけだ。
 方法はひどく簡単。土のう袋に土を入れて、サツマイモ苗を植えるだけ。ちょうど時期だったので10本ほど購入して試してみることにした。

 この袋栽培は、都会のマンションでも可能なことから、ちょっとした人気になっているようだ。ウェブサイトをのぞいてみると、ガーデン用と称したおしゃれな栽培袋が売られていたが、もちろん価格の安い土のう袋でかまわないし、土のう袋ならではの理由もある。黒いものがよさそうにおもえたが、やや値段が高いのでふつうの白い袋でも試してみた。

 さて植えたあとがこの方法の特徴だ。目標達成なるかならぬかは、この一点にかかっている、とやたら大仰な言いざまだが、なに、たいした方法ではない。苗が顔を出した状態で袋を閉じてしまえばいい。土のう袋には、そのための紐がとおしてある。苗が活着してからでもかまわないが、サツマイモならほとんど根付いてくれるだろう。

 それにしても、ならべられた袋の口から、ちょこんと苗が顔を出しているのは、やや異常な光景。猿どももさぞびっくりするのではないか。いままで猿を観察したところでは、見慣れないもの、あるいは新しいものには手を出さない傾向がある。ずらり並んだ袋を警戒する可能性もあるようにおもう。

「でも、せっかく育ったところでひっこ抜かれてしまわないかしら」
 とは奥さんの感想だが、そうしたこともたぶんあるだろう、と想定している。しかし、たとえ育った苗を引っこ抜いても袋の口は閉じられている。中で育ったイモを取り出せないのである。

 猿どもにしたら、せっかく襲ってもイモにありつけない「意地悪な栽培」になるだろう。何度かそれを繰り返せば、そんな袋の畑には手を出さない、という「教育的指導栽培」にもなるんじゃないか、ともくろんでいるのだ。
 はてさてどうなるか。結果については続報をお約束しておこう。

おまけのトピックス
 ニンニクを収穫した。あいにく台風余波の雨にたたられ、三日ほど遅れたためすこし育ちすぎだった。ちなみに収穫したニンニク畑の跡地にも20本ほどの苗を植えてみた。袋栽培がいよいよ大成功しそうな予感がしている。

煙突掃除

 この時期にすませておきたいのが煙突掃除だ。溜まった煤が湿気を帯びると固まりやすく、煙突内にこびりついてしまう。そうなると掃除ブラシを通しただけでは容易に落ちず、固着して炭化すれば、ときには煙道火災の原因となる。

 梅雨入り前のひと仕事だが、一昨年、煙突を交換したのを機に、専門家に依頼することにしている。20数年間やってきた作業で慣れてはいるけど、あたらしい煙突用の掃除ブラシがかなり高額だったので、いっそ頼もうということになった。なにしろ半年後には後期高齢者だから、屋根に上るのはそろそろ遠慮しようか、という考えもある。

 昨年の掃除では、煤の付着が思いのほか少なかった……と作業してくれた専門家もおどろいていたが、20年燃やしてきた当方にすれば、例年と変わらない煤の量に、まあ、こんなものだろう、というのが感想だった。

 煙とともに上昇する煤は、煙突の曲がり部分に溜まりやすく、また外気で冷やされたところで付着する。そこで断熱二重煙突が効果的ということになるが、それよりなにより燃やす薪の乾燥具合が大きく影響する。

 秋が深まってからの「薪割り」は、いわゆる冬支度の光景なのだろうが、割ったばかりの薪を燃やすようでは、煤の大量付着を覚悟せねばならない。少なくとも水気の少ない冬に伐り出した原木を春先に割り、梅雨前に軒下に積みあげておきたいが、わが家ではさらに一年間寝かせてから燃やすようにしている。煤の少なさは、一にも二にも薪の乾き具合、と考えてよいだろう。

 ストーブに接続する曲がり部分を外す。この部分は単管のため冷えやすく、煤の付着が多いところだ。また空気量を調節するダンパーもついているのでより多くなるだろう。
 新煙突になって燃え方が非常によくなり、火力調節にダンパーを最大に絞って燃やすことが多くなった。となれば煤量が増加するはずだが、袋に溜まった量はこの程度。毎日20時間近く燃やしてこの量ならよしとすべきであろう。

 屋根上のトップも点検する。じつは昨年は、あまりの煤の少なさに省略しているから、二年ぶりの点検だが、ほとんど付着はなかった。そんなこんなで約1時間の作業であっさり終了した。ただ見学していただけだけど、やはり上ってしまった屋根の上は、やたらと気持がいいものだった。

おまけのトピックス。
 ついでに撮影した集落のパノラマ全景。

薪の原木入手

 お隣さんが背後林を伐採した。ほとんどが杉だが、一本だけ広葉樹が混じっている。
「雑木あるけど、薪にするかい?」
「え? 薪? 使わないの?」
「んにゃ、栗だから……」
「あ、なるほど……。もちろんいただきます」
 と話は即座に決した。薪仲間というべきお隣さんだが、パチパチとよく爆ぜる栗の木は薪にしない。囲炉裏を使っているため火の粉が飛ぶのを嫌うからだ。

 栗の木は導管(根から水を吸いあげる管)が太く、乾燥させると水がぬけて空気がはいりこみ、燃やしたさい膨張して弾けて火花を飛ばす欠点がある。また空気を多くふくむため持った感じが軽く、ナラなどに比べると火持ちにやや劣るが、火力はそこそこあり、あんがい乾きやすいという利点もある。

 そうした栗の木の特徴だが、むろん薪ストーブで燃やすぶんにはまったく問題はない。ちなみにケヤキも囲炉裏の薪にはしないようだ。燃やしたさいの煙がよくないらしく、眼を痛めてしまうという話も聞いた。

 ケヤキの葉にはわずかながら塩分がふくまれ、囲炉裏やたき火のような低い温度で燃やすとダイオキシンを発生させるようで、並木の落ち葉が大量に持ち込まれる都会の焼却場でのダイオキシン発生が問題になったことがある。あるいはこれが眼によくない原因なのかもしれないが、塩化ビニールを燃やすのに比べると、非常に少ない量であるから、たき火やストーブで燃やしても心配はないらしい。

 ともあれ、これで今年の薪入手はすんだわけだが、わが家まで運んでくれたグラップルローダー(林業運搬車)では積みきれない太い原木があり、とりあえず空き地までは搬出しておくとのことだった。つまり細かく切断して運べというわけだ。

 たしかに太い。わが家のバックフォーのつかみ装置ではくわえきれず、ベルトで運びあげるにしても重すぎる。アームでは持ち上げきれず、排土板を作動させれてようやく持ち上げたものの、軽トラックに乗せるのは考えものだ。以前、薪を積みすぎてタイヤを破裂させた経験がある。

 となれば切断するしかない。わが家で一番大きなチェンソー(ハスクバーナ372)を持ち出したが、なにしろ直径1メートル以上もある。60センチのバーでも届かないので前後から刃を入れる。ただし伐採したばかりだから、水分が多くてやわらかなので作業はあんがい楽だった。

 二つに切り飛ばしたが、太すぎてベルトが回りきらない。さらに縦切りしてようやく軽トラに積み込んだけど、椅子の座板にちょうどいい大きさになった。いっそ製材して板にしてもいいけど、乾燥させて使うとなると3年先か、などと考えているところだ。

金継ぎ

 前々から一度はやってみたいと思っていたけど、何とはなしに機会を失っていた。大体、陶磁器などは忙しいときにかぎって割ってしまうものだろう。気が急いて手もとがおろそかになったりするのが原因だが、そんな状態では七面倒な細工ごとは考えたくもないわけで、やったことのない「金継ぎ」などには手が出ないということになる。

 第一、わざわざ直してみたくなるような高価な器は所蔵していない。加えてあまりに手ひどく割れたりすると、あきらめが先に立ってしまい、そのまま廃棄ということになっていたのだろう。
 つい先日、普段使いの皿が割れてしまった。益子焼の安手物だが、二枚セットだったので、夫婦の食卓に便利に使われていた。しかし、バッカリ割れた具合がほどよく、破片の紛失もない。いかにも「金継ぎ」向きのように思われた。

 ネット情報を調べると、思いのほか盛り沢山で、ちょっとした人気らしいことがわかる。くわしい方法はそれを調べてもらうほうが早いのだが、そうした情報のほとんどは、破片の接着に「うるし」を使うようだった。が、それでは弱いようにも思われ、いっそ2液性のエポキシ樹脂のほうがより強固に接着するのではと考えた。

 断面にエポキシ樹脂をぬり、ずれないように接着する。乾くまでテープなどで固定したほうがより安全だろう。一晩放置して、しっかり固まったら、はみ出した樹脂をカッターなどで削りおとす。さらに耐水ペーパーを使い、指でさわって段差が感じられなくなるまで丁寧に磨く。

 割れ目に沿って細筆で「うるし」をぬり、それが乾かないうちに「金粉」をふりかけて定着させる。いわゆる「蒔絵」の技法ということになる。

 ちなみに義父の遺品に「新うるしの金粉セット」が残っていた。釣り好きだったから浮子などを手作りしたらしく、かれこれ15年以上前のものだが、むろん変質の心配はない。ただし、残されたセットでは「透明うるし」に金粉を混ぜこむように書かれている。

 ところが調べたネット情報の多くが「黒うるし」を使用している。その理由は定かではないが、あるいは背景が黒いほうが、金粉がより輝くのかもしれない。そこで情報どおりに黒うるしを塗り、太い筆に金粉をまぶして蒔き、よく乾かしてから余分な金粉をぬぐい落した。
 仕上がりは、まあ、「素人なり」だが、普段使いには問題はないだろう。

 ……と思われたが、何度か使い、洗剤で洗っているうちに金粉がはげ落ちてしまった。使用した「新うるし」は乾きやすいから十分接着しなかったか。あるいは「透明うるし」に金粉を混ぜこむ方式のほうがよかったのかもしれない。

春の事始め

 事始めという行事がある。正月行事を始めたり、農作業始めに田の神様をお祀りしたりと目的に合わせ、それぞれ12月8日や2月8日に行うところが多い。そこから「事八日」(ことようか)などと呼ばれているのだろうが、なぜその日なのかはわからない。
 わが家の「事始め」は3月に入ってからか。寒さに縮こまった冬眠状態にも飽き飽きして、手はじめにパソコンの「やよい会計」を起動させて確定申告を済ませたりする。

 農作業もはじめたいが、まだまだ畑は凍りついたままだから、やれることは少ない。いつも遅れ気味になるジャガイモ植え付けは、何度か雨降りがなければ耕すこともできない。ヤギ糞堆肥づくりをはじめてもよいのだが、ちょっと体慣らしの必要がありそうなので、ならばとニンニク畑での追肥作業からはじめた。

 昨秋に植え込んだニンニクは、タマネギ用マルチを使って1条空けにしてある。空いた穴が追肥用で、粒状の化学肥料を一つまみずつ投入したが、とくに土を混ぜたり乗せたりもせず、雨によって染みこませればよいことにした。

 そんな簡単作業の合間に思いついたのだが、保存してあった生ニンニクのほとんどに芽が出てしまっている。そのままでは使えないが、いっそ「葉ニンニク」にしてしまえば利用できるのではないか。葉ニンニクなど食べたことはないし、どんな料理にすればよいかもわからないが、大きく育ってから調べればいいだろう。

 かなり芽が出てしまっている。そのまま植えても育つかもしれないが、やはり一片ずつにほぐすことにした。鱗片はフカフカとやわらかになって扱いにくいし、せっかくの芽を折ってしまえば育たない、とあんがい苦労してほぐし、元肥もほどこさずに適当にならべて植え込んだ。はたして育つかはわからない、ダメ元の作業だった。

 話はころりと変わるが、どうしたことか奥さんが「現代農業」を購読しはじめている。ヤギ飼いで忙しく、土いじりなど一切しないはずだが、どうやら出版社の営業マンが読者宅を一軒一軒訪問しているのを意気に感じて決めたらしい。それにしても読んでるふうには全然見えない。はてさて、その目的は……とやたらいぶかしく思っているところだ。

芽キャベツの残念

 今冬の楽しみがひとつ消滅する。今年のニューカマーとして「芽キャベツ」を植え、1月中頃の収穫予定、と昨秋に紹介したが、やたら生長が遅れていて、この分では収穫までたどり着けそうもない。

 苗を購入したのは、たしか10月に入ってからだ。初めての栽培だけにネット情報を頼りにすすめていたが、11月の記事掲載時でも成長が遅れ気味のような感じだった。そこで追肥などを処置したが、とうとう遅れを取りもどせずじまいになってしまったのだ。

 どうやら日当たりが悪いと結球不足になり易いようだし、水分不足や肥料切れもいけないらしい。あるいはデッキでの鉢植えでは無理なのか、とも考えたが、件のネット情報によればプランターでの栽培も十分可能とある。
 もっとも畑に地植えしていたら、この大雪に埋まっていたろうから、収穫不能ということでは同じ結果になっていたにちがいない。

 結局のところ日光のような寒冷地では、温かいうちに十分生長させておく必要があるのだろう。再度挑戦するかはまだ決めていないが、早々8月ごろには種をまき、11月には茎の太さ3センチになるようにするつもりだ。

 試しにスーパーマーケットで購入した「芽キャベツ」と比べてみる。その小ささに笑ってしまうが、予告したように自家製サトイモと一緒にホワイトシチューにしてみたけど、こんなに小さいと探すのは無理だろう。

 サトイモは小さめを選んだので出来上がりはわるくなかったが、芽キャベツの味は「可もなし不可もなし」といったところだろう。いわゆる「彩り野菜」の範疇に入るのかもしれないが、そのわりには仕上がり色がよくない。

 そう言えば、軽く塩ゆでした「芽キャベツ」をシチューに紛れこませてしまえば、もっと鮮やかな緑色で撮影できたな、とカメラマンのころ盛んに使った技法をちょっと思い出した。流行りの言葉で言えば「フェイク・テクニック」ということになるだろうか。